ダメ情報の見分けかた メディアと幸福につきあうために (生活人新書)

  • NHK出版
3.28
  • (7)
  • (21)
  • (41)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 330
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140883341

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メディア・リテラシーとはなにか?

    という問いに即答できる方にはぜひ読んでいただきたい1冊です。

    面白い点は「メディア・リテラシー」について、3人の著者がそれぞれの主張を持ち、文章のスタイルも統一されていない点です。

    現代文を学生時代にもっと真面目に取り組んでればなぁ…

  •  流言,内容のない言説,事実と価値判断の不可分性について。情報の海でどのように良く生きていくか,メディア・リテラシー入門。
     誰しもありのままの事実を知るなんてできなくて,みんな不完全な情報,加工された情報をもとにして,思考し行動しなくてはいけない。完璧ではなくても,より確からしい情報を手に入れて正しい判断をするために,どのような心構えが要るのか,確認しておくのは大事。
     流言の根底には,情報に対する需要と供給のミスマッチがある。真偽を問わなければ,情報を生み出すコストってべらぼうに低いので,供給不足のところにガセ情報が投入されてあっというまに広まってしまう。それも,単純でステレオタイプに沿ったストーリーだと効果的。
     世の中は複雑だから,単純な話やいかにもな話は,まず疑ってかかるのがいいんだろう。それと,世の中のしくみ(社会・科学)にはある程度基礎知識があった方がいい。それをもとに,胡散臭い情報って結構遮断できると思う。
     そういうことができない人たちが陰謀論にはまってしまうんだろな。学校で基礎知識を与えるのも確かに重要だけど,そういう危険な情報が世の中にはうようよしてるんだよってことをもっとあからさまに教えられるといいんだけど。もうやってるかな?メディアリテラシー教育。

  • ネット上に氾濫する情報について、三者三様の切口で、読み応えのある意見がまとめられている。

    個人的には、荻上チキ氏の書いている内容がわかりやすく、まさに私が読みたかった内容のものだった。

  • コンパクトな新書には珍しく章末、巻末の参考図書・文献が充実。著者3名それぞれのお薦めが書かれています。さすが情報リテラシーの本。

  • インターネットでは大きな権力に騙されないといった気構えや能力だけではなく、隣の誰かに騙されないための気構えや能力も必要となる。ミクシィ破産説、志村けん死亡説。くだらない。
    騙されないことよりも、被害を最小限にとどめること。

  • 荻上チキ:メディアそのものがすでに「透明な道具ではな」く、又webの登場によって「誰かの得/誰かの損」の関係が必ずしも権力のある者とない者で対応しなくなってきたという前提。「流言」「デマ」「噂」の違い。「それらしさ」「分かりやすさ」「伝わりやすさ」によって流言は拡散。「内在的チェック」と「外在的チェック」によって「確からしい情報」を探し、常に情報に対して応答しながらより「確からしい情報」を広めていくことが必要。
    飯田泰之:リテラシーを身につけるコストに対し、利益が少なかった。すなわちリテラシーを身につける私的インセンティブがなかった。というのもリテラシーにネットワーク型の外部経済の特徴があり、言説のナッシュ均衡が生じているから。この打破のために、リテラシーを身につけるコストを下げる方法として、最初に避けるべき3つの議論「無内容な言説」「定義が明確でない言説」「データで簡単に否定される言説」を挙げる。
    鈴木謙介:情報は偏っているという前提。「中立さ」と「公正さ」の違い。「批判的態度」のジレンマ。メディアの利用者スキルの強調によって社会の問題が素通りに。多様性の承認から、偏った情報の背景を理解することで、「ダメ情報を使いこなす」。情念を前提として、マイノリティにも存在を許す。(鈴木の話が一番難しくてよく理解できない。)

  • 大量の情報に囲まれる現代にあって、適切な情報をいかにして入手していくのかが求められている。その方法は、以前からの新聞、テレビ、書物といったメディアに加え、ネット、さらにはソーシャルメディアといったものまで登場している。物事の概略だけを手早く入手することやその本質を深く理解することなど、その用途によって使うメディアも取捨選択される。たとえそうであったとしても、どのメディアを使うにしろ、その情報を見分けることができなくては結局は情報の波におしつぶされてしまう。今やクリックひとつであらゆる人に情報発信できる時代である。流れてくる情報を敏感にキャッチすると同時に、その情報が正しいものなのかと見分けるメディア・リテラシーの力が、これから先の情報化時代を生きていく上では必要不可欠なものになってきているのである。

  • メディアリテラシーを高めること・・・。
    これはこれからの情報社会を生きていく上で必須だと思う。
    ネット社会で情報が氾濫し、マスメディアからの情報が必ずしも正しくないことが分かると、果たしてどの情報を信じればいいのか?という問題にぶち当たる。
    となると、結局は自分の知識や能力を向上させ、多面的にものごとを見る習慣をつけ、判断力を高めていくことが必要になる。

    個人発信が簡単になった時代。
    我々がデマを発信してしまう可能性も高い。
    また、内容のない不要な情報に無駄な時間を費やしてしまうことも多々あるだろう。

    こういった問題をどう考えていくのか、3名の識者がそれぞれの論点で語っている。
    後半に進むごとに話は難しくなっていくが、気づきの多い内容である。

  • 立ち読み:2010/12/16
    [図書館]
    読了:2011/6/24

    p.66 「流言の語り手は、その情報をまだ持っていない人に比べて「自分はリテラシーが高い」と認識し、「まだ真実を知らされていない大衆を啓蒙しなくてはならない」という選民意識さえ抱いているケースが多くある。」

    p.68 「流言のチェックをする際に注意しなくてはならないのは、

    ・有名性
    ・親密性
    ・複数性
    ・権威性

    の4つ。」

    p.91 「リテラシーの普及が進まないのは「リテラシーの重要性が分からない愚か者が多い」からではなく、みんなが賢いから、合理的理由(損得勘定)に基づいてその習得の努力を払わない。そのインセンティブがない、損だからだ。」

    p.103 「「いつでもどこでも正しい」言説は無内容。

    例:国民目線での問題解決を目指してほしいですね」

    p.112 「定義が不明確な用語から出発した議論は容易に検証不可能な命題になる。

    例:構造改革してもうまくいかなかったら、「改革が足りない」と言えばよい。」

    p.118 「凶悪犯罪は総数でも人口比でも減っている。というデータを示すと「昔の凶悪犯罪は生活苦ゆえの仕方のない事件だが今は違う」という反論がよく返ってくるが、これすらデータを見れば間違いであることが分かる。昔の凶悪犯罪も、身勝手な理由から起きている。」

    p.182 「2位ではだめか」関連の報道には本当にイライラしたので、

    「「科学軽視の政権」対「反発する科学者」の対立の構図に落とし込んでしまうと、本来必要だった「予算の使われ方を市民に公開する」という事業仕分けの意義まで失われ、「専門家が必要だと言えば必要なのだ」という話にもなりかねない。」

    とバッサリ斬ってくれたのは爽快。

  • なんか頭にはいってこない。
    この本自体が(私にとって)ダメ情報である可能性はどの程度あるかな。

全26件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

特定非営利活動法人「ストップいじめ!ナビ」代表理事

「2018年 『ソーシャル・マジョリティ研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荻上チキの作品

ツイートする