<眠り>をめぐるミステリー 睡眠の不思議から脳を読み解く (NHK出版新書)

著者 :
  • NHK出版
3.40
  • (3)
  • (17)
  • (13)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 140
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140883723

作品紹介・あらすじ

現代人がおろそかにしがちな"睡眠"。日本では5人に1人がなんらかの問題を抱えているとされている。そもそも、人はなぜ眠らなければならないのか。そのとき脳では何が起きているのか。本書は、まったく眠ることができなくなる不眠病や、眠りながら複雑怪奇な行動をする夢遊病など、眠りにまつわる不思議な生理現象や症例を通して、最新の脳科学の知見から、我々が生きる上で不可欠な"睡眠"の謎を解き明かす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 動物が進化の過程で捨て去らなかった〈眠る〉というシステム。捨て去らなかったのは、必要があったからである。
    「睡眠」はどのようなシステムで成り立っているのか?現在分かってきたことを知るだけでも、相当に面白い。「睡眠」を知ることは、「脳」を知ることにも繋がる。

  • “睡眠の不思議から脳を読み解く”という副題が付いているように、睡眠に関する脳科学の本。
    ミステリーとあったので、睡眠・夢についての実例が沢山あるのでは?と期待したけれど、期待するほどではなかった。

    それでも「睡眠中に活動する人々-ノンレムパラソムニア」の章は面白く読んだ。
    いわゆる「夢遊病」で、脳が深く眠っていて、意識がない状態で行動を起こしてしまう。食事を摂ったり、料理までしたり、絵を描いたり、果ては殺人まで起こしたりもする。殺人については、全くの無意識での行動なので、別人格が起こしたものと判断され、無罪になったりもしている。

    ここでふと思い出したのは、「名探偵コナン」の毛利小五郎。コナン君が打った麻酔銃で眠っている間に、毛利小五郎が名推理を語るという形をとっているけれど、どう考えても「アリエナイ」ことで、それを他の登場人物や毛利小五郎自身も不思議に思わないのは、皆が「毛利小五郎は多分ノンレムパラソムニアなのだろう」と思っているからなのだ!と想像してしまった。普段はトンチンカンな推理しかしない毛利小五郎も、眠っている間に別人格になって、無意識にすごい推理をしちゃってることになっているのね。

    コナン君、そこまで考えて麻酔銃を打っているんだろうか???

  • よく眠ることによって学習効果や良い思い出は記憶として定着し、悪い記憶は消え去っていく。睡眠を大事にすべし

  • オレキシンがモノアミン動作性ニューロンを活性化し覚醒。

  • 2012年刊行。著者は金沢大学医薬保険研究域医学系教授。

     日々知見が積み重なっていく睡眠と睡眠に関する脳内機序の知見。
     本書は、人間への侵襲による分析が不可能な睡眠の脳内機序を、睡眠に関する疾病を軸にして平易に解説する。
     睡眠と記憶の関係(情報が入力されない睡眠時にシナプスの最適化を図る)や、脳内化学物質の睡眠・覚醒との関わり(中でも「オレキシン」は新奇)、夢と記憶の関係(大脳辺縁系が作用し、情動と結びつく夢が、記憶すべき事項の重みづけに関わる。結果、フロイトの夢分析の荒唐無稽さが露呈)を叙述。

  • 眠りをテーマに、脳の仕組みを解説している本。専門用語も出てきて、割と科学的な理系な本だが、文学、音楽、映画の話題も時々出てきて、文系な魅力もハイブリットで楽しめる本。

    眠りの段階(レム睡眠、ノンレム睡眠1~4)の脳の状態をわかりやすく説明している。

    また、睡眠に関する病気からの脳の働きを説明している部分が面白い。

    文学関連では、色川武大の睡眠障害の話から、まだ読んだことがない、色川武大の小説を読んでみたくなった。(麻雀放浪記の映画しか見たことない)
    また、改めて漱石の夢十夜の深淵さを感じた。

    泳ぎつづけながら、片方の脳づつ眠れるイルカはものすごい器用に、生き続けているんだなと感じた。

  • 眠りにまつわる不思議な生理現象や症例を通して睡眠の謎を解き明かした本。
    やっぱり睡眠って大切な事なのね。

  • 眠りについていままで知らなかったことが学べた。少し怖い話もあったが、それも含めて睡眠に関心を持つことの大切さはわかった。夢にももう少し興味を持ってみよう。

  • 「睡眠の科学」と重なるところが多いけど、こちらの方が読みやすい。先にこっち読めばよかったな。
    眠りに関連する映画や音楽などの解説が、巻末に収録されててちょっと面白かった。
    【ちょっとメモ】
    ●レム睡眠
    ・前頭前野の機能は低下するが脳は活性化。
    ・感情を司る大脳辺縁系が活動。
    →記憶の断片の重要性、重みづけによる分類と整理
    その過程におけるノイズが夢(本来は意識にのぼらないはずのもの)
    ・骨格筋の弛緩(麻痺)が起こる(夢のままに行動しないように)。→金縛り
    前頭前野(運転手)がいない状態で大脳(エンジン)を活動させるため、暴走を防ぐ必要がある。エンジンを空ぶかしするためにギアをニュートラルに入れた状態。
    ●ノンレム睡眠
    脳は活動休止。
    シナプスの最適化→記憶の固定化、最適化
    (たこ足配線の整理)
    ●完全な断眠は体重減少につながる。睡眠不足は体重増加につながる。(睡眠不足になるとレプチン(食欲抑制ホルモン)が減り、グレリン(食欲亢進ホルモン)が増える)
    ●植物状態や麻酔状態は大脳皮質の直接の機能低下
    ●睡眠や脳死は脳巻の機能低下
    によって、意識がなくなっている。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年東京生まれ。筑波大学大学院医学研究科修了。医師、医学博士。日本学術振興会特別研究員、筑波大学基礎医学系講師、テキサス大学ハワード・ヒューズ医学研究所研究員、筑波大学大学院准教授、金沢大学医薬保健研究域教授を経て、筑波大学医学医療系および国際統合睡眠医科学研究機構教授。1998年、覚醒を制御する神経ペプチド「オレキシン」を発見。平成十二年度つくば奨励賞、第14回安藤百福賞大賞、第65回中日文化賞、平成二十五年度文部科学大臣表彰科学技術賞、第2回塩野賞受賞。

「2018年 『「こころ」はいかにして生まれるのか 最新脳科学で解き明かす「情動」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

櫻井武の作品

<眠り>をめぐるミステリー 睡眠の不思議から脳を読み解く (NHK出版新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×