• Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140883952

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知の巨人6人へのインタビュー集。

    ジャレド・ダイアモンド「文明の崩壊」、
    ノーム・チョムスキー「帝国主義の終わり」、
    オリバー・サックス「柔らかな脳」、
    マービン・ミンスキー「なぜ福島にロボットを送れなかったか」、
    トム・レイトン「サイバー戦線異常あり」、
    ジェームズ・ワトソン「人間はロジックより感情に支配される」、

    彼等の著書を直接読むのではなく、インタビュアーの吉成真由美さんを通してそのエッセンスをいただく感じなのでとても解りやすかった。それにしてもインテリはみんなユダヤ人なんだなあ。

  • 科学者達がやっていることは大変興味深いが、彼らのいうことがだいたい検討するに値しない哲学に行き着くのはどうしてか

  • レイトン以外はどれも非常に興味深かった。
    特に印象深いのはダイアモンドとチョムスキーの議論。
    正論なんだが、彼らが語るあるべき姿への転化の過程とその中で支払われる代償・痛みに全く触れることはない。多分天才たる本人たちはそんなことはお構いなしなんだろう。
    これはある意味この間読んだユニクロの柳井さんの本と全く同質で、社会的強者の一方的議論に過ぎないと言えなくもない。
    結局当方含めたほとんどの凡人がこういった両極の間で迷いつつ、最善を尽くして生きていくしかないんでしょう。

  • (欲しい!)

  • 当時の各分野の最先端の話が詰まっています。全体的に難しい内容ですが、すべてインタビュー記事なので読みやすく分かりやすいです。

  • 読んでよかった。
    「はじまりへの旅」でチョムスキーに興味を持ったのがきっかけだったけど、ダイアモンド先生の言ってることが一番興味深かった。ヨーロッパは、気候的に恵まれていただけ。人種の優劣など存在しない。国家間の格差をなるべく小さくすることが肝要。
    ダンスをするのは人間だけっていうのも、なんかステキ。

  • 浅田先輩のお奨めの1冊です。即購入しました。
    ありがとうございます。

  • ようやく今年1冊目

  • 世界の知の巨人へのインタビューを集めた新書。
    同様の企画がNHK新書やPHPからいくつか出ている。人類の未来、知の巨人、未来を読む。どれも本当に面白い。特に興味を持った人についてはその著書を何冊も買ってしまい、どんどん積ん読が増えていく。
    この知の逆転でもジャレドダイヤモンド、チョムスキー、ジェームスワトソンなどそうそうたるメンバーがワクワクするような話を繰り広げている。アカマイ社のファウンダーでもあるMIT数学の教授、トムレイトンの話は個人的には1番面白かった。

  • 世界的なベストセラー作家へのインタビュー集。

    どれも面白かった。

全470件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

ジャレド・ダイアモンド
1937年生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校。専門は進化生物学、生理学、生物地理学。1961年にケンブリッジ大学でPh.D.取得。著書に『銃・病原菌・鉄:一万三〇〇〇年にわたる人類史の謎』でピュリッツァー賞。『文明崩壊:滅亡と存続の命運をわけるもの』(以上、草思社)など著書多数。

「2018年 『歴史は実験できるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャレド・ダイアモンドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
シーナ・アイエン...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする