• Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140883952

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あちこちで話題になっていて、読み終えるのを残念に感じた一冊。
    ん、冒頭の一言にただ、シビれました。

     “敵が百万あろうとも、自らよって立つプリンシプルを曲げたりひよったりしない”

    これを文字通りに実践しているのは、次の6名の“知の巨人”。

     “真の問題は人口増加ではなく消費の増加なのです”
       - ジャレド・ダイアモンド氏(進化生物学、人類生態学など)

     “自分から知りたいと思うように励ますのが教育だ”
       - ノーム・チョムスキー氏(言語学者)

     “音楽は、昔それを聴いていたときの感情や情景の記憶を呼び覚ます”
       - オリバー・サックス氏(脳神経科医)

     “新しいアイディアがあった場合、既存のデータベースでは対応できません”
       - マービン・ミンスキー氏(人工知能学)

     “実際にその場所に行って直接体験することのメリットは、ずっと残ると思います。”
       - トム・レイトン氏(数学者)

     “情報がありすぎるから誰かが編集する必要がある”
       - ジェームズ・ワトソン氏(分子生物学者)

    彼らに相対するは、吉成真由美氏(サイエンスライター、ハーバード修士)、
    “この人たちに会うまでは”との想いに突き動かされて、真摯に対談されています。

     “共通するのは、「限りなく真実をもとめて」というような姿勢”

    この言葉の示すように、真実を求めて実践を繰り返し、
    社会も決して切り離すことなく「知の活動」を重ねていきます。

    そして、そこから紡ぎだされる「言葉」は一つ一つが輝いているようで、、
    個人的には、そのなかでもチョムスキー氏の言葉は印象深く残りました。

     “自分から知りたいと思うように励ますのが教育だ”

    結果をただ与えるのではない、自身で結果に行きつくように支援する、
    それが「教育」、教え育むことなのだとあらためて、、教師は伴走者でいいのです。

    これは「情報サービス」での根幹とも相通じる理念と思いますし、
    やはり「生涯学習」は自分にとっての重要なファクターかな、ともあらためて。

    これは、折々で読み返したくなる本だなぁ、、と感じました。

  • 非常に内容の深いインタビューが書いてある本。
    範囲は幅広く、文明崩壊の著書、ダイヤモンド氏や、人工知能の父と呼ばれているマービンミンスキー氏など、著名な方々のインタビューをまとめてある。
    また推薦図書も書いてある(人もいる)が、マービンミンスキー氏のコメントも秀逸。
    非常に面白い本なので、興味がある方は是非。
    自分は最近のイベント出席で気になったポイントと、本書の内容がリンクして、非常によかった。

  • この本は何といっても、インタビュアーの事前調査が素晴らしいと思う。宗教・教育に突っ込んでいくあたりが特に。世界一級の学者と言われる人達へのインタビューだけに、世の中の行き詰まりに対する洞察と限界、将来の中に教育や宗教への糸口を引き出そうとしていたのかな?と個人的には思った。


    ジャレド・ダイアモンド、ノーム・チョムスキーともに、歴史やデータを基にした社会的な洞察があって、刺激を受ける。

    ダイヤモンドは、イースター島の森林伐採で滅んだ説を出しつつ、日本の海外における森林伐採や漁業に関する保護へのリーダーシップの欠如の指摘などなど。

    チョムスキーは、アメリカの軍事費と中国の軍事費の圧倒的な差や歴史家たちが危惧しているのが、黄海での衝突であったり、中国国内での労働争議が南北にわたって起きていることと、一人っ子政策による労働人口のリスク、そして、アメリカの核抑止論が核支配だという指摘。日本で騒いでる法案の元になってるのって、ここら辺の背景があってのことなんだと。

    人工知能の父と呼ばれる認知科学者のマービン・ミンスキーは、問いかけが感慨深い。
    「なぜ、ドアを開けるというような、もっと現実的な問題解決型のロボットを作ろうとしないのか」
    「もっと一般的な知能を備えたマシーン、あるいは人間の子供たちができるようなことができて、そこからさらに育っていくことのできるマシーンを作るというような研究をしている人がとても少ない」

    トム・レイトンは、アカマイの創業者。実は10年ほど前にアカマイの研修に出たことがあって、サービスの技術的なところは知っていたのだが、創業者が数学者で、資金提供を受けて創業する当たりの話はやっぱり面白い。この本では直接的には触れられていないけど、当時はラスト1マイルを獲ることを重視していたと思うし、今はもっとすごいんだろうなと思う。そして、知る人ぞ知る影の会社なんだよね。会社自体に惹かれるものがある。なぜ彼を選んだのか?は特に気になるところ。

    ジェームズ・ワトソンは、「二重らせん」の著者であり、DNAの父ともいわれる人なのだが、ちょっと調べると、微妙な記述もあったりするのだが、本の中ではインタビューで聞いちゃっているあたりが凄い。「二重らせん」を読んでないので、時間を作って読んでみたい。

  • 本書の内容そのものも面白いが
    6人の偉大な才能に触れた後の広がりが期待できる
    良書だと思います
    インタビューされた吉成さんも良いですね
    後日、著書を読んでみましたがなるほどと思いました

  • 知の世界に疎く、ほとんど知らない人ばかりという私でも興味津々おもしろく読めた。

  • ダイアモンド
    ・幸せな結婚にとって一番大事なことは、幸せな結婚にとって一番大事なことを探さないこと。セックス、子ども、相手の家族、38以上の要因が関係する。1つの要因に絞り込まないことが大事。

    オリバー・サックス
    ・経験が遺伝子の発現を促す。遺伝子と経験どちらも重要。

    ワトソン
    ・科学者たち全員が協調しているより、競争している方がいい。何人も一緒に働いていると、どの方法がベストかみんなの同意を得なければならない。総意というのは往々にして誤っているもの。あくまで個人が際立つ必要がある。科学を促進させるのは、とりもなおさず個人を尊重すること。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      今週末Eテレで「世界の叡智6人が語る 未来への提言」の後編が放送されます。
      http://www4.nhk.or.jp/P2686/x/20...
      今週末Eテレで「世界の叡智6人が語る 未来への提言」の後編が放送されます。
      http://www4.nhk.or.jp/P2686/x/2013-07-19/31/24350/
      2013/07/16
  • オリヴァー・サックスのインタビューが読みたくて買ってしまったが、全編にわたって楽しめた。おすすめ。




    『銃・病原菌・鉄』の著者ジャレド・ダイアモンド、生成文法理論を提唱したノーム・チョムスキー、神経学者オリバー・サックス、人工知能の父マービン・ミンスキー、アカマイ創業者・数学者のトム・レイトン、二重らせんのジェームズ・ワトソン。

    彼ら全員に

    業績、著書について
    教育について
    宗教について
    今の最大の関心事
    老いについて
    推薦図書

    についてインタビューしており、クロス表の形でまとめてみると面白いかもしれない。

  • チョムスキー、オリバーサックスなど、現代科学に影響を与えた6人へNHKの元ディレクター吉成真由美がインタビュー、それを編纂したもの。オリバー・サックスが教育について発言しているものが一番印象的だった。コンピュータ、数学、医学の接点で仕事している立ちの発言は、みんな目新しくて、刺激的。

  • 今読むべき良著。
    こんな濃厚な本にはなかなかお目にかかれない

  • 超絶面白い。老害からは程遠い六人の知識人へのインタビューによる過去から現在そして未来への展望。内容は科学、教育、情報化社会などなど。切れば血が吹き出るような新鮮な情報から、「何十万年という歴史から見ると〜」という圧倒的な歴史観までコンパクトにまとめられている。中でも特に数学者であるトム•レイトンへのインタビューが面白かった。インターネットの未来を陽気でユーモラスに語る様子がなんとも魅力的だ。

著者プロフィール

ジャレド・ダイアモンド
1937年生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校。専門は進化生物学、生理学、生物地理学。1961年にケンブリッジ大学でPh.D.取得。著書に『銃・病原菌・鉄:一万三〇〇〇年にわたる人類史の謎』でピュリッツァー賞。『文明崩壊:滅亡と存続の命運をわけるもの』(以上、草思社)など著書多数。

「2018年 『歴史は実験できるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャレド・ダイアモンドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊賀 泰代
佐藤 優
シーナ・アイエン...
エリック・ブリニ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする