• Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140883952

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あちこちで話題になっていて、読み終えるのを残念に感じた一冊。
    ん、冒頭の一言にただ、シビれました。

     “敵が百万あろうとも、自らよって立つプリンシプルを曲げたりひよったりしない”

    これを文字通りに実践しているのは、次の6名の“知の巨人”。

     “真の問題は人口増加ではなく消費の増加なのです”
       - ジャレド・ダイアモンド氏(進化生物学、人類生態学など)

     “自分から知りたいと思うように励ますのが教育だ”
       - ノーム・チョムスキー氏(言語学者)

     “音楽は、昔それを聴いていたときの感情や情景の記憶を呼び覚ます”
       - オリバー・サックス氏(脳神経科医)

     “新しいアイディアがあった場合、既存のデータベースでは対応できません”
       - マービン・ミンスキー氏(人工知能学)

     “実際にその場所に行って直接体験することのメリットは、ずっと残ると思います。”
       - トム・レイトン氏(数学者)

     “情報がありすぎるから誰かが編集する必要がある”
       - ジェームズ・ワトソン氏(分子生物学者)

    彼らに相対するは、吉成真由美氏(サイエンスライター、ハーバード修士)、
    “この人たちに会うまでは”との想いに突き動かされて、真摯に対談されています。

     “共通するのは、「限りなく真実をもとめて」というような姿勢”

    この言葉の示すように、真実を求めて実践を繰り返し、
    社会も決して切り離すことなく「知の活動」を重ねていきます。

    そして、そこから紡ぎだされる「言葉」は一つ一つが輝いているようで、、
    個人的には、そのなかでもチョムスキー氏の言葉は印象深く残りました。

     “自分から知りたいと思うように励ますのが教育だ”

    結果をただ与えるのではない、自身で結果に行きつくように支援する、
    それが「教育」、教え育むことなのだとあらためて、、教師は伴走者でいいのです。

    これは「情報サービス」での根幹とも相通じる理念と思いますし、
    やはり「生涯学習」は自分にとっての重要なファクターかな、ともあらためて。

    これは、折々で読み返したくなる本だなぁ、、と感じました。

  • 非常に内容の深いインタビューが書いてある本。
    範囲は幅広く、文明崩壊の著書、ダイヤモンド氏や、人工知能の父と呼ばれているマービンミンスキー氏など、著名な方々のインタビューをまとめてある。
    また推薦図書も書いてある(人もいる)が、マービンミンスキー氏のコメントも秀逸。
    非常に面白い本なので、興味がある方は是非。
    自分は最近のイベント出席で気になったポイントと、本書の内容がリンクして、非常によかった。

  • この本は何といっても、インタビュアーの事前調査が素晴らしいと思う。宗教・教育に突っ込んでいくあたりが特に。世界一級の学者と言われる人達へのインタビューだけに、世の中の行き詰まりに対する洞察と限界、将来の中に教育や宗教への糸口を引き出そうとしていたのかな?と個人的には思った。


    ジャレド・ダイアモンド、ノーム・チョムスキーともに、歴史やデータを基にした社会的な洞察があって、刺激を受ける。

    ダイヤモンドは、イースター島の森林伐採で滅んだ説を出しつつ、日本の海外における森林伐採や漁業に関する保護へのリーダーシップの欠如の指摘などなど。

    チョムスキーは、アメリカの軍事費と中国の軍事費の圧倒的な差や歴史家たちが危惧しているのが、黄海での衝突であったり、中国国内での労働争議が南北にわたって起きていることと、一人っ子政策による労働人口のリスク、そして、アメリカの核抑止論が核支配だという指摘。日本で騒いでる法案の元になってるのって、ここら辺の背景があってのことなんだと。

    人工知能の父と呼ばれる認知科学者のマービン・ミンスキーは、問いかけが感慨深い。
    「なぜ、ドアを開けるというような、もっと現実的な問題解決型のロボットを作ろうとしないのか」
    「もっと一般的な知能を備えたマシーン、あるいは人間の子供たちができるようなことができて、そこからさらに育っていくことのできるマシーンを作るというような研究をしている人がとても少ない」

    トム・レイトンは、アカマイの創業者。実は10年ほど前にアカマイの研修に出たことがあって、サービスの技術的なところは知っていたのだが、創業者が数学者で、資金提供を受けて創業する当たりの話はやっぱり面白い。この本では直接的には触れられていないけど、当時はラスト1マイルを獲ることを重視していたと思うし、今はもっとすごいんだろうなと思う。そして、知る人ぞ知る影の会社なんだよね。会社自体に惹かれるものがある。なぜ彼を選んだのか?は特に気になるところ。

    ジェームズ・ワトソンは、「二重らせん」の著者であり、DNAの父ともいわれる人なのだが、ちょっと調べると、微妙な記述もあったりするのだが、本の中ではインタビューで聞いちゃっているあたりが凄い。「二重らせん」を読んでないので、時間を作って読んでみたい。

  • 本書の内容そのものも面白いが
    6人の偉大な才能に触れた後の広がりが期待できる
    良書だと思います
    インタビューされた吉成さんも良いですね
    後日、著書を読んでみましたがなるほどと思いました

  • 知の世界に疎く、ほとんど知らない人ばかりという私でも興味津々おもしろく読めた。

  • ダイアモンド
    ・幸せな結婚にとって一番大事なことは、幸せな結婚にとって一番大事なことを探さないこと。セックス、子ども、相手の家族、38以上の要因が関係する。1つの要因に絞り込まないことが大事。

    オリバー・サックス
    ・経験が遺伝子の発現を促す。遺伝子と経験どちらも重要。

    ワトソン
    ・科学者たち全員が協調しているより、競争している方がいい。何人も一緒に働いていると、どの方法がベストかみんなの同意を得なければならない。総意というのは往々にして誤っているもの。あくまで個人が際立つ必要がある。科学を促進させるのは、とりもなおさず個人を尊重すること。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      今週末Eテレで「世界の叡智6人が語る 未来への提言」の後編が放送されます。
      http://www4.nhk.or.jp/P2686/x/20...
      今週末Eテレで「世界の叡智6人が語る 未来への提言」の後編が放送されます。
      http://www4.nhk.or.jp/P2686/x/2013-07-19/31/24350/
      2013/07/16
  • オリヴァー・サックスのインタビューが読みたくて買ってしまったが、全編にわたって楽しめた。おすすめ。




    『銃・病原菌・鉄』の著者ジャレド・ダイアモンド、生成文法理論を提唱したノーム・チョムスキー、神経学者オリバー・サックス、人工知能の父マービン・ミンスキー、アカマイ創業者・数学者のトム・レイトン、二重らせんのジェームズ・ワトソン。

    彼ら全員に

    業績、著書について
    教育について
    宗教について
    今の最大の関心事
    老いについて
    推薦図書

    についてインタビューしており、クロス表の形でまとめてみると面白いかもしれない。

  • チョムスキー、オリバーサックスなど、現代科学に影響を与えた6人へNHKの元ディレクター吉成真由美がインタビュー、それを編纂したもの。オリバー・サックスが教育について発言しているものが一番印象的だった。コンピュータ、数学、医学の接点で仕事している立ちの発言は、みんな目新しくて、刺激的。

  • 今読むべき良著。
    こんな濃厚な本にはなかなかお目にかかれない

  • 超絶面白い。老害からは程遠い六人の知識人へのインタビューによる過去から現在そして未来への展望。内容は科学、教育、情報化社会などなど。切れば血が吹き出るような新鮮な情報から、「何十万年という歴史から見ると〜」という圧倒的な歴史観までコンパクトにまとめられている。中でも特に数学者であるトム•レイトンへのインタビューが面白かった。インターネットの未来を陽気でユーモラスに語る様子がなんとも魅力的だ。

  • ジャレド・ダイアモンド、ノーム・チョムスキー、オリバー・サックス、マービン・ミンスキー、トム・レイトン、ジェームズ・ワトソン、現代最重要の知の巨人達のインタビュー集。今をそして未来を生きる僕たちが気になること、人間、社会、政治、芸術、科学、環境、宗教、インターネット、未来について・・・、ほぼ同じテーマについて語っていてこのコンパクトさ!
    必携。何度も読み返したい本。

  • 『逆転』というより、『掘り下げ』といったほうがいいような。

    頭のいい人の話を聞くことで、自分の頭もよくしよう……という本だと思う(アホな感想)。0から1にする本ではなく、3か4くらい知っていることについて、8か9くらいまで認識を深めるためのツールとして使うのが正しいのだろう。実際、こういう書籍を手にする人は、自分を取り巻く世界に対して、なんらかの問題意識を抱いている人がほとんどだろうから。

  • 『銃・病原菌・鉄』のジャレド・ダイアモンド、DNA二重らせんのジェームズ・ワトソン、米国批判で知られる言語学者ノーム・チョムスキーなど、現代の知の巨匠とも言える6人へのインタビュー集。インタビューの前半はそれぞれが活躍する分野の話を聞き出し、後半は宗教や教育、インターネットなど共通の質問を投げかけ、それぞれの反応の違いが分かる構成になっている。彼ら巨匠の誰か1人のインタビューだけなら、ああなるほどで終わってしまうのかもしれないが、6人並ぶとその違いが分かり、「ん?」と疑問を感じる部分も出てきたりして面白い。いちばん印象的だったのがアカマイ・テクノロジーズのトム・レイトン。こういう人が世界を動かしていくんだろうなと強く思った。(と同時に、ワタシが敬愛する高田純次センセイの名言「世の中ってオレより頭のいい人のほうが多いんだ」が、ふっと頭に浮かんだ自分のレベルの低さにハッとした)
    また、これら巨匠相手にきちんと受け答えし、コンパクトな一冊にまとめあげた著者(元NHKディレクターでサイエンスライター)の力量は特筆ものだ。

  • 6名の知の巨人たちが何を考えているのか、非常にエキサイトしながら一気に読了した。

    アカマイのレイトン氏が異彩をはなっており、
    テクノロジーへの積極性が他5名と全くといっていいほど異なっていた点が特に印象的。(ある意味、当たり前か)

    他にも一人一人意見が別れている点が少なからずあり、物事を多面的視座から見つめるという意味でも興味深い。

  • 世界トップクラスの偉業を成し遂げた科学者たちへのインタビュー集。吉成さんの質問が上手いので、それだけでも必見。バックボーンを知ってからインタビューに臨むと違う角度から質問ができる。
    たけしの面白科学者図鑑 vol. 2 でもあった、「一流の先生につけ」という言葉はここにも出てきたし、この人たchの藩士自体が、一流の話だと感じる。学生の内に読むべき本。
    印象に残ったのは、最後のジェームズ・ワトソン。徹頭徹尾シビアで冷静な他者への反応が強く印象に残る。
    今の社会は「できないから諦める」という道を遅らせ、「頑張ればできるかもしれない」と希望を持たせる。はっきりと言わない、言う人が少ない。社会が丁寧になり過ぎている。と氏は述べる。
    どちらの方が良いのか分からない。今は「丁寧」な社会で、人々の能力が伸びるのか、生産性が高まるのかの実験途中だと感じる。
    再読が必要な本。

  • 吉成真由美さんが6人の現代を代表する知の巨人たちにインタビューした記録。インタビューなので口語体で読み易い。久々に良い本に出会いました。

    インタビュー対象は以下の6人。インタビュアーが編集者と協働でつけたであろう“見出し”から、自分にとって興味深かった文言を記録しておこう。

    ジャレット・ダイヤモンド:「老人も働き続けよう」「宗教について、人生の意味について」

    ノーム・チョムスキー:「科学は宗教に代わりうるか」「言語が先か音楽が先か」

    オリバー・サックス:「音楽の力」「遺伝子か?教育か?」「インターネットが脳に与える影響」

    マービン・ミンスキー:「なぜ福島にロボットを送れなかったか」「ユングとフロイトについて」

    トム・レイトン:「アカマイ設立秘話」「教育はオンライン化を避けられない」

    ジェームス・ワトソン:「『脳』と『老化』と『メタボリズム』、これが将来の研究分野」「尊厳死について」

    自分には、「逆転」の意味はあまり定かではありませんでしたが、内容は濃い物でした。おススメできます。

  • 皆さん一人ひとりが誰かの言葉に頼ることなく自分の言葉で意見を紡いでいるなと感じた。
    情報が多く、誰かが言っているからそうなんだとなりがちな今において重要な思考だと思う。
    とりあえず疑おう。

  • 知の巨人6人へのインタビュー集。

    ジャレド・ダイアモンド「文明の崩壊」、
    ノーム・チョムスキー「帝国主義の終わり」、
    オリバー・サックス「柔らかな脳」、
    マービン・ミンスキー「なぜ福島にロボットを送れなかったか」、
    トム・レイトン「サイバー戦線異常あり」、
    ジェームズ・ワトソン「人間はロジックより感情に支配される」、

    彼等の著書を直接読むのではなく、インタビュアーの吉成真由美さんを通してそのエッセンスをいただく感じなのでとても解りやすかった。それにしてもインテリはみんなユダヤ人なんだなあ。

  • 世界の知の巨人へのインタビューを集めた新書。
    同様の企画がNHK新書やPHPからいくつか出ている。人類の未来、知の巨人、未来を読む。どれも本当に面白い。特に興味を持った人についてはその著書を何冊も買ってしまい、どんどん積ん読が増えていく。
    この知の逆転でもジャレドダイヤモンド、チョムスキー、ジェームスワトソンなどそうそうたるメンバーがワクワクするような話を繰り広げている。アカマイ社のファウンダーでもあるMIT数学の教授、トムレイトンの話は個人的には1番面白かった。

  • 各界で成果をあげている人たちへのインタビュー集。
    国家について、これからの世界について、これからの教育について、宗教について、どう思うか、これからの方向性は、などが書いてある。

    知らなかった世界を知ることができた。

    札幌市の図書館で借りた本。

  • 荳也阜繧剃サ」陦ィ縺吶k?医▲縺ヲ縺?≧縺九?√が繝ェ繝舌?繝サ繧オ繝?け繧ケ縺輔s莉・螟悶?邀ウ蝗ス莠コ縺?縺代←?牙升譎コ6莠コ縺ォ蜷画?逵溽罰鄒弱&繧薙′繧、繝ウ繧ソ繝薙Η繝シ縺励◆繝吶せ繝医そ繝ゥ繝シ譛ャ縲
    縺?s縲∫「コ縺九↓隧募愛縺?縺代≠縺」縺溷?螳ケ縺?縺」縺溘?縲
    迚ケ縺ォ繧「繧ォ繝槭う繝サ繝?け繝弱Ο繧ク繝シ繧コ縺ョ繝医Β繝サ繝ャ繧、繝医Φ縺輔s縺ョ繧、繝ウ繧ソ繝薙Η繝シ縺ッ縲√→縺」縺ヲ繧よ眠魄ョ縲
    縺昴l縺ォ逧?&繧?920蟷エ莉」縲?0蟷エ莉」逕溘∪繧後?莠コ縺ァ縲∽ス輔※縺?≧縺九?∝ケエ閠√>縺ヲ繧ゅ?檎衍縲阪′縺ゅl縺ー縲√h繧翫h縺?ココ逕溘r驕弱#縺励※縺?¢繧九h縺?↑豌励↓繧ゅ↑縺」縺溘?縲

  • 人によって話すテーマは結構変わります。専門家の中でも熱狂的な人多し。インタビュアー頭良いというのを感じる

    ダイアモンド
    やや面白。国とは、都市とはと言ったテーマの方が面白そう。西欧批判の文脈で聞きたい人物

    チョムスキー
    反米。じゃあ何が良いのか、の先が現実味薄め

    サックス
    脳大好きおじさん。ひたすら脳の現象についての話なので、脳を何かに例えて、脳を解析する方法は、とかは無い、余計だから。情熱的

    ミンスキー
    AI vs 教科書が読めない子供達、と整合的。現代AIが統計学に傾倒し過ぎた事による問題点に言及している点は斬新。解決策はやや牧歌的というか体育会的な、、

    レイトン
    AIが統計学寄りプロセスを選択したのは数学の証明的な考えよりも統計の考え方の方がビジネス向きだからというのを如実に表す例。めっちゃ頭良い。911はこんなところまで影響が、という別の感想も

    ワトソン
    おじいちゃん。言い難いと心のどこかでは感じていた事を気付かされるが、気付かされる前に当事者になってしまうからそうも言えないのかな、という感想。達観

  • 世界的に有名な思想家とのインタビュー集。読み応えがあった。著名な方々の著書を熟読し、問いを作りインタビューをした著者もすごい。

  • 現代の知の巨人たちのインタビュー集。人類学、脳科学、言語学、分子生物学の権威が語る、これからの社会、教育、生き方について。こういう考え方があるんだなと、大いに刺激を受けました。想像力、創造的発想の重要性を語るなど、何事も、物事を極めた人の考え方は、どこかしら似ているというのも面白い。

  • 最も尊重せねばならぬのは、生くることにあらず、よく生くることなり。
    いかに生きるかを学ぶには全生涯を要す
    西欧の発展は、そこに住む民族の能力が他より優れていたから起こったのではなく、単にたまたま地の利がよかったこと、農業を可能にする動物・植物がその地域にまとまって生息していただけのこと。文明は、わずかの決断の誤りによって脆くも崩壊する。
    この世からロマンが失われつつある。大きな誤解が大きな感動を生んでいた。しかし、情報が増えたせいで、想像と誤解が減ってしまった。唯一ロマンが残っているのは、人と人、人と物、人と雰囲気との波長が合うかどうか。
    生きていくこと自体がその人独自のアート。
    アフリカが最も貧しい大陸であるのは、ほぼ熱帯気候であるから。土地が不毛で、公衆衛生の問題が大きいなど、地理的な要素こそがアフリカが貧困である大きな理由となっている。
    独裁政治の問題点:生活が特権化して社会から隔離されているために、決断の利益・不利益が見えなくなってしまう。極端に良いか悪いか、のいずれかになってしまう。
    個人の優れた判断力は民主主義に必須の条件ではない。
    幸せな結婚にとって一番大事なことは、結婚における一番大事な事を探さないということ。一番大事な一つのことに絞り込まない(込めない)のがポイント。
    世界各国で消費量の格差がある限り世界は不安定なまま。安定的にするには生活水準を均一に向かわせる必要がある。そのためには、日本は豊かさを捨てる必要がある。真の問題は人口増加ではなく、消費の増加。
    日本の木材は輸入が多い:森林保護に最も積極的に投資しているという事
    一方で海洋資源については、日本は世界最大の消費国にも関わらず、保護をリードしていない。これは政治的な意思だけでできるはずの事。
    人類が霊長類の中で成功した理由:①2足歩行(両手が自由に使えるようになった)②脳が大きくなった③言語を使う
    先進国社会は、原住民社会と比較してはるかに暴力性を下げる事に成功している
    セックスはなぜ楽しいか?:人間ほど時間をかける動物はない。生殖以外でセックスする動物もない。セックスには大きなコスト(エネルギー、リスク)がかかる。
    →子育てに長い時間とエネルギーがかかるので、子育てが終わるまで男性を引きつけておくための糊のような役割ではないか。
    不倫の動機:男性は遺伝子を残すチャンスを増やすため、女性はうまくいっていないパートナーが背景にあって新たな関係を求めるため
    閉経や老化:古い車を維持していくのか新しい車に買い換えるのか、という選択をするのと同じように、生命体が自分の体を維持するための修理費が高くなりすぎるようになると、新しい生命体(子ども)の方にエネルギーを使って遺伝子を伝承させて行ったほうが効率的になるから起こるもの。
    筆記が発明されてから、高齢者は知識の宝庫としての役割を次第に失った
    宗教:ほぼすべての人間社会に存在する。それは必要だったから。宗教で説明できる事は何もない。
    アメリカの産業リーダーたちが環境に関心を示すようになった大きな理由の1つは、自分の子どもたちからの突き上げがあったから。
    子どもたちの自然な好奇心をはぐくみ、内面から出てくる興味に根ざした教育をすべき
    人生は経験だ。経験は多いほどいい。
    人生は自分探しじゃない。自分作りだ。
    20年後には、やったことよりやらなかったことを悔いるものだ。だから、綱を放ち港を出、帆を揚げ風をとらえて探検せよ、夢見よ、発見せよ。
    10の主だった会社と契約すれば、後はみんなついてくる。
    理性は情熱の奴隷であるべき。
    16歳になるまでに、あなたは一流のバスケットボール選手にはなれないと言ってしまうことで、何人の選手を失うことになるか。おそらく誰も失わない。選択を早めることで、時間の無駄が省けて効率がいい。我々は思春期を延長しすぎている。
    多くの人はただ忙しくいていたいだけ。
    できるだけ一流の人たちのいる場所に行くのがいい。
    資本主義体制のもとでは、政府による介入と規制はどうしても必要。なぜなら自由市場では、環境汚染など第三者に与える損害が計算に入っていないから。
    教育における最も大事なことは先生と生徒のポジティブな関係。教えている内容への先生の情熱。
    限りなく真実を求める姿勢が大事。

  • 知的な刺激が得られそうなタイトルと早々たる顔ぶれ。
    日本人の知識人はあまり政治的なことには踏み込まないが、西洋人は教養の幅を感じざるをえない。

    鉄・病原菌・銃によって文明人が未開人を蹂躙したと論じたダイアモンドは核抑止力は必要だろうと語る。後半、質問が抽象的すぎたのか、ややおおざっぱに応じているのが気になる。

    「レナードの朝」のオリバー・サックスは言語よりも音楽のちからを信じ、教育の良し悪しは生徒と教師の関係性だと語る。

    「2001年宇宙の旅」監修のミンスキーは、日本のロボット開発の基本方針の間違いをざっくり指摘。

    チョムスキーは、オバマ政権の裏を暴いたが、メキシコ移民問題がそもそも米国主導の経済政策にあることも指摘。

    薄給の数学研究者が知らず知らずに情報処理の権威となりインターネットインフラに欠かせぬ巨大企業を生み出したレイトン。

    極めつけは、遺伝子工学の権威ワトソン。
    DNA解析における女性研究者の業績搾取疑惑についてつっこんだ質問をした筆者に、明解に答えている。真実の解明はひとりではできない。手を貸してほしい時に助けを得られなかったのは敗者だ、と。異論はあるだろうが、当時は女性のが学者の立場も弱かったに違いない。

  • 売り出した当時、難しそうと思ったのかなぜか敬遠してしまったけど、たまたま古本屋で見かけて購入。
    伊藤計劃を読んだこともあってか、チョムスキーを読まないと!と思った。
    知の巨人たちへのインタビュー。未来予想図というか、とても深い洞察。この本が出てから数年、SNSはますますはびこって本書で言うような「魔女狩り」のようなことも増えてきた。集合愚と言われても仕方ないかもしれない。
    情報の洪水に対してどうあるべきか、自分の頭でどう考えるか、良い本に出合えた。インタビューは読みやすくていいなといつも思うけど、インタビュアーがとても良い質問をして良い答えを引き出している。インタビュアーの学識も素晴らしい。
    それぞれの本をいつか読みたいという気になる。

  • 著名な学者へのインタビュー本。
    なるほど、と思うコメントが必ず見つかる。

  • 現代最高の知性6人が語る、 これが未来の真実だ!

    「二重らせん」構造を解明したワトソン、「普遍 文法」を提唱し言語学に革命をもたらしたチョム スキー……限りなく真実を追い求め、学問の常識 を逆転した叡智6人。彼らはいま、人類の未来を どう予見しているのか。「科学に何ができる? 人 工知能の可能性は? 情報社会のゆくえは?」――世 界有数の知性が最も知りたいテーマについて語る 興奮の書!

  • 良かったです!

    いや、正直に言うとインタビューを受けている6人の専門分野についてはまったくの無知です。それでも、インタビュアーの吉成真由美さんの巧妙な話しの進め方に引き込まれました。
    6人に共通するバイタリティーと知性にビシビシ感銘を受けました。6人とも無宗教者なのは単なる偶然?それとも…。

    知的好奇心を揺さぶられる名著でした!

著者プロフィール

ジャレド・ダイアモンド
1937年生まれ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校。専門は進化生物学、生理学、生物地理学。1961年にケンブリッジ大学でPh.D.取得。著書に『銃・病原菌・鉄:一万三〇〇〇年にわたる人類史の謎』でピュリッツァー賞。『文明崩壊:滅亡と存続の命運をわけるもの』(以上、草思社)など著書多数。

「2018年 『歴史は実験できるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャレド・ダイアモンドの作品

ツイートする