いのちを守る気象情報 (NHK出版新書)

著者 :
  • NHK出版
3.58
  • (8)
  • (6)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140884041

作品紹介・あらすじ

暴風警報、大雨警報、津波警報…我々は日々、様々な気象情報に触れている。それでも、同じような気象条件・場所で人の死は繰り返される。「いのちを守る」ためにある気象情報を、なぜ活かせないのか-8つの大きな自然災害について、その基本メカニズムや予報・警報の見方、さらにそれをどう実際の行動に結びつけるかに焦点を当て解説。NHK「お天気お兄さん」による真に役立つ気象情報入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <内容紹介より>
    暴風警報、大雨警報、津波警報……我々は日々、様々な気象情報に触れている。それでも、同じような気象条件・場所で人の死は繰り返される。「いのちを守る」ためにある気象情報を、なぜ活かせないのかーー台風、大雨、地震、火山など8つの大きな自然災害について、その基本メカニズムや予報・警報の見方、さらにそれをどう実際の行動に結びつけるかに焦点を当て解説。NHK「お天気お兄さん」による真に役立つ気象情報入門書。

    ーーーー
    ニュースウォッチ9のお天気お兄さん、斉田さんによる天気の解説本です。
    台風、大雨、雷、竜巻、大雪、熱中症、地震、火山という「身近な」災害について、様々に出される気象情報の中から、「見逃してはならない情報」があること、そしてその見方や活かし方が解説されています。
    できるだけわかりやすく伝えよう、とされている、テレビでの姿勢と同様、とても読みやすかったです。
    それぞれの災害に、どのように備え、起きた時にはどう行動するか、という指針も丁寧に分析されており、とても参考になります。
    巻末の参考HP一覧もありがたいです。

    一家に一冊、防災意識を高めるためにも良いと思います。

  • いまやニュース9の気象キャスターとして活躍する、斉田さんの本。

    台風、大雨、雷、竜巻、大雪、熱中症、地震、火山の害から命を守るにはどうしたらいいかが、簡潔に書かれていて、読みやすい。

    個人的には落雷の章から、いろいろ学べた。
    落雷に当たった人は、即死するとは限らないということは知ることができてよかった。
    ショック状態で自発呼吸や心臓が止まっていることがあるそうだ。
    ただ、電線の保護範囲の図がわかりにくかった。
    これは本文でも詳しくは触れられていなかったので、詳しく知りたいところだ。

    大雪は、現在の自分の住む地域ではあまり関わらないので知らないことも多いのだが、犠牲者は四十代、五十代と割と若い層が多いのだそうだ。
    除雪作業に関わるからだそうだが、エンジンを切らずに雪のつまりを取ろうとして腕などを巻き込まれる事故もあるそうだ。

    「猛烈な台風」、「大気の不安定な状態」など、天気予報のジャーゴンの解説もある。
    竜巻の藤田スケールの話も出てくる。
    例えば、波浪表。
    「有義波高」(一定期間に観測された波高のうち、大きいほうから三分の一に含まれる波を平均したもの)が0.1までを「おだやか」などと表現する。
    どうしてそういう刻みになるんだろう。
    そもそも、有義波高自体もどうやって測るんだろう?
    そういうことにも興味がわいてしまった。

  • 気象についての真面目な本。もっとくだけた内容でもよいと思ったが。半分まで読み、返却。

  • 自然災害とその対策を説明する本。台風、雷、地震、噴火、大雨、竜巻、洪水、熱中症について、現象をレベル分けで詳しく解説する。加えて、ケースに応じた対策を教えてくれる。どのような場合でも、新鮮な情報を仕入れることが重要。また、地域のハザードマップを理解しておくことも準備として非常に重要であることがわかった。

  • 【由来】
    ・図書館のNHKアラート

    【ノート】
    台風経路図  http://www.jma.go.jp/jp/typh/
    気象データ  http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php
    川の防災情報  http://www.river.go.jp/
    解析雨量・降水短時間予報  http://www.jma.go.jp/jp/radame/
    レーダー・降水ナウキャスト  http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/
    XバンドMPレーダー雨量情報  http://www.river.go.jp/xbandradar/
    ハザードマップポータルサイト  http://disapotal.gsi.go.jp/
    雷ナウキャスト  http://www.jma.go.jp/jp/radnowc/
    竜巻発生確度 同上
    冬の道路情報 http://www.mlit.go.jp/road/fuyumichi/fuyumichi.html
    高温注意情報 http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php
    環境省熱中症予防情報サイト http://www.nies.go.jp/health/HeatStroke/
    噴火警戒レベル http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/keikailevel.html

  • NHK気象キャスターでおなじみの著者。真摯な語り口に印象アップ。
    大事な情報が詰まっていて、いざというときにすぐ引けるように鞄の中に携帯したい一冊。

  • 斉田さんご本人が熱中症になったことがあったのか。甘くみているけど、死亡者も出てるんだもんなぁ… 自分だけは大丈夫って過信しないようにしないと。台風は確かに「自然災害の総合商社」だわ。章末のチェック項目活用のためにすぐに手に取れるところに置いておいた方がいい本だと思う。

  • 資料ID:98130479
    請求記号:081||N||404
    配置場所:工枚普通図書

    ビブリオバトル2015秋 チャンプ本

  • 大雨とか土砂崩れ、火山の噴火などがあると、10分程度の枠でそのニュースが流され、人が亡ったことを伝えられる。年を取ったせいか、そういうニュースを聞くとその人も家族がいただろうにと悲しい気持ちになってしまう。ただこの本を読むとそういった大きいニュース以外にも結構人がなくなっていることがわかった。そういえばニュースで数十秒で流される死亡XX人といった事故などサラッと伝えられて終わってしまう。死亡事故は死亡事故であり色んな自然現象から自分の身を守ることを日頃から気をつけておかないといつ犠牲者になるかわからない。

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB12401677?caller=xc-search

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

気象予報士

「2017年 『天気のふしぎえほん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いのちを守る気象情報 (NHK出版新書)のその他の作品

斉田季実治の作品

いのちを守る気象情報 (NHK出版新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする