人生の節目で読んでほしい短歌 (NHK出版新書)

著者 :
  • NHK出版
3.59
  • (6)
  • (5)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140884560

作品紹介・あらすじ

珠玉の名歌が教えてくれる生き方のヒント!卒業や結婚、出産、退職、介護、伴侶との別れなど、人生という長い旅路の途中には、必ず節目となる瞬間が存在する。その時、たった三一文字の言葉に勇気づけられたり、心が救われたりすることがある。明治から現代までの名歌を多数取り上げながら、当代随一の歌人が自らの体験をふんだんに織り交ぜて綴った、心熱くなるエッセイ&短歌鑑賞入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先行著作の『近代秀歌』『現代秀歌』も『恋』『旅』『病・死』等の章に分けて書かれていたので、「この本も同じようなものかな」と思って読み始めただが、内容は大きく違っていた。
    前著より現代短歌が多く取り上げられている。そして、『介護』『ペットロス』『定年』『求職』など、取り上げられる短歌も身近になっている。本当に忙しい中、著者はどれほど短歌を読んでいるのか、驚いてしまう。

    単に秀歌を取り上げて鑑賞するだけでなく、解説を通して現代社会の問題も語られている。

    著者本人は「本書はあくまでアンソロジーの域を出るものではない」と述べているが、とんでもない。
    これは単なるアンソロジーをこえて、社会への警鐘も含む肉厚の歌論だと感じた。

    しかし、文章はとっても分りやすく、短歌を読んでみたいという人にもうってつけの好著だと思う

  • 短歌とは心の日記だ。考えたこと、感じたことを、再び思い出せるようにするタイムカプセルだと思う。恋、青春、卒業、結婚、仕事、子育て、親の死、老いなど、人生の節目で詠まれた歌を紹介し、短歌の魅力を語る。ああ、私も短歌を詠もう。

  • 恋多き青春時代、退職、身近な死など、テーマ別に編まれた近・現代の短歌の解説集で、著者の自作も多数交え、個人的な体験を通して著した随筆でもある。
    歌の解説を読むと、ああなるほどと感心することも多いが、一読した時に感じる歌の持つ勢いのようなものは削がれる気がする。音楽の良さを言葉で解説するのに似ているかもしれない。
    栗木京子、馬場あき子、宮柊二などが印象に残るが、 一首あげるとすれば最後に上げられた斎藤茂吉の歌、「いつしかも日がしづみゆきうつせみのわれもおのづからきはまるらしも」。

  • 珠玉の名歌が教えてくれる生き方のヒント。

    「私も同じような経験をしたけれど、その時の状況はまったく違っていたとか、私はまったく違った感想をもったとか、ほかの作者の作った短歌作品を、いつも自分の〈その時〉と比較しながら読むことができる。歌はそのような〈自己の体験〉との参照という作業のなかで読まれるものです。だから身を入れて読むことができる。他人事ではないのです。」(p. 253 おわりに)

    NHKテレビテキスト『NHK短歌』(平成25年4月号〜平成27年3月号)の掲載記事に、大幅な加筆修正を行ったもの。短歌鑑賞入門。

    森岡貞香さん、清原日出夫さん、加藤治郎さんあたりをもっと知りたいなと思いました。

    いろんなひとの作品をいっぱいよめてべんきょうになりました。
    小並感。。

  • 同じ文章での自己表現でも、作家と違って、完全なフィクションってないわけで。だからときどきビビッとくる歌に出会えるんだよね。

  • ある事象へのまなざしや感じ方をわずか三十一文字に凝縮した美しさを満喫しました。吉川宏志作「花水木の道があれより長くても短くても愛を告げられなかった」大島史洋作「産み終えて仁王のごとき妻の顔うちのめされて吾はありたり」黒木三千代作「老いほけなば色情狂になりてやらむもはや素直に生きてやらむ」河野君江作「物を忘れ添いくる心のさみしさは私がだんだん遠くなること」が特に魅かれました。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

昭和22年滋賀県生まれ。京都大学理学部物理学科卒業。京都大学教授。在学中に高安国世に出会い、「塔」入会、現在代表。若山牧水賞、読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞、迢空賞などを受賞。朝日新聞歌壇選者。

「2017年 『歌集 午後の庭』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永田和宏の作品

ツイートする