怖いクラシック (NHK出版新書)

著者 :
  • NHK出版
3.33
  • (1)
  • (9)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 80
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140884812

作品紹介・あらすじ

クラシック音楽は、いつからか「癒しの音楽」と喧伝されるようになったが、その王道は「怖い音楽」に他ならない。父、死、神、孤独、戦争、国家権力-。名だたる大音楽家たちは、いかにこれらの「恐怖」と格闘し、稀代の名曲を作り上げてきたのか。モーツァルトからショスタコーヴィチまで、「恐怖」をキーワードに辿る西洋音楽の二〇〇余年。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初読時に書き洩らし。けして不満があったわけではなく、それどころか当時も今も面白かった。
    ただの楽曲解説の羅列に終わらず、当該曲を書いた「人」に着目し、さらにそれらを通して読めば、「時代」「歴史」をも浮かび上がってくるユニークな構成がいい。なのに「あとがき」を読むと、著者の当初の意図はまさにその「ありふれてつまらない楽曲解説集」だったとあって苦笑させられる。つくづく、コンセプトを変えてくれてよかった。

    著者は歌舞伎、クラシック音楽、ミステリを主なフィールドとするが、最初のもの以外は私の興味とかぶっている。なのでさまざまなテーマの著書を複数冊読んできたが、その結果この人は、私には珍しい「作家買い」のリストに入っている。書く内容のみならず、文章も秀逸な人だと思う。

    2018/11/1再読

  • クラシック音楽に詳しい著者によって、恐怖をキーワードに西洋音楽の作曲者と名曲誕生の背景を解説している。ベートーベンとショパンの章は面白かった。

  • 様々な音楽家の生涯や曲にまつわるエピソードを知れてよかった。

  • 本書は「怖い」名曲を取り上げると同時に、各作曲家の交流関係や社会背景を年代を追って俯瞰できる、初心者でも一気に興味深く読める西洋音楽史だった。「ボレロ」やショスタコーヴィチの下りなど、なるほど怖いと感じたのは特に20世紀以降の部分だった。「幻想曲とは形式的に自由な曲という意味で、書かれる内容が幻想的という意味ではない」ことを今まで知らなかった。。

  • 「怖い」クラシック曲を集めたものではなく、様々な”怖い”をキーワードに通覧する西欧音楽史、といったところ。

    詳しくはこちらに。
    http://rene-tennis.blog.so-net.ne.jp/2016-06-13

  • 請求記号:762.8/Nak
    資料ID:50082318
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1960年生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。「カメラジャーナル」「クラシックジャーナル」を創刊し、同誌のほか、ドイツ、アメリカ等の出版社と提携して音楽家や文学者の評伝や写真集などを編集・出版。クラシック音楽、歌舞伎、映画、漫画などの分野で執筆活動を行っている。

「2019年 『阪神タイガース1985-2003』 で使われていた紹介文から引用しています。」

怖いクラシック (NHK出版新書)のその他の作品

中川右介の作品

怖いクラシック (NHK出版新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする