「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)

著者 :
  • NHK出版
3.76
  • (46)
  • (113)
  • (65)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 778
レビュー : 91
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140885178

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者は、本書の中で歴史文学は、大きく次の三つに分けられると述べている。すなわち「歴史小説」「時代小説」「史伝文学」に分けられると。

    例えば、司馬遼太郎の小説を読むときに、それがどのジャンルのものなのかなんて意識したことがなかった。恥ずかしながら、「史伝文学」なんて言葉はあまり耳にしたことがなかったので、まぁ「歴史小説」だろ・・・と大雑把に思っていた。

    著者によれば、より史実に近い順に、「史伝文学」「歴史小説」「時代小説」となるそうだ。そして、司馬遼太郎の小説は、前の二つに属すると。

    なるほどなるほど。そのことは、司馬遼太郎の小説から、歴史を学ぶことができることの裏付けとなる。

    しかし、司馬遼の小説から学ぶには、司馬遼太郎の視点を知っておかねばならないと本書で著者は教えてくれる。本書では、その視点をわかりやすく教えてくれており、本書は高品質な司馬遼ガイドブックと言えるかもしれない。

    ともかく、本書を読むと、司馬遼太郎の小説が無性に読みたくなる。確かめたくなる。

    これまで正直、司馬遼太郎の視点の凄さを意識することなく読んでいた。こればどちらかというと、「時代小説」の読み方だろうな。

    せっかく「歴史小説」であり、「史伝文学」なのであれば、ちゃんとその史観を知って読むほうがいいですよね。・・・そういうことを知ることができたことは、本書を読んだ大きな収穫だと思います。

  • 歴史が基本的に好きで、当然司馬遼太郎の本は
    学生のころからいろいろ読んできている私にとっては、
    最近よく露出している著者が書いた司馬遼太郎に関連した
    日本史というテーマは読みたくなるのは当然かもしれません
    でした。
    内容としては、単に史実の内容だけではなく、日本人論。
    未来に対しての提言。など重要な話がたくさんあったと
    思います。今の日本においても本当の意味でのリアリズムが
    機能しているのか?情念的な一過性のポピュリズムが
    蔓延して変な方向に走っていないのか?が本当に
    問われているのではないかと思います。

  • 本書は2016年3月に放送されたNHK「司馬遼太郎スペシャル(100分de名著)」の内容に加筆、再構成したものであるが、イメージはかなり違った作品になっている。
    つまりより歴史家としての司馬遼太郎にスポットを当てている。

    坂本龍馬の「龍馬」と言う名を「竜馬がゆく」と文字を使い分けているように、司馬本人は自分はあくまで小説家であって、歴史家ではないと言っているが、世間は「司馬史観」としてあたかも歴史家として見ているという面白い現象がある。

    ただ歴史学者と言われる大学教授が「司馬遼太郎」を論じることはなかったが、大学生は大学教授の本よりも司馬遼太郎の本を読んでいる。
    そういう私自身を翻ってみても、学校での日本史の授業は眠いばかりで頭に入っておらず、日本史の知識は司馬遼太郎の小説やエッセイ・史論からかなりの部分を学んだという記憶がある。

    その意味で本書は、歴史学者である著者が「司馬遼太郎」を正面から取り上げ、司馬作品から入って、体系的に戦国時代から昭和までの日本史を論ずるという面白い試みである。

    著者は、「司馬遼太郎は、作家であると同時に、歴史について調べ、深く考えるという意味においては歴史家でもありました。しかし他の歴史家と、司馬さんは一線を画しています。司馬さんは、ただの歴史小説家ではありません。『歴史をつくる歴史家』でした。」
    「戦争体験を持つ司馬さんは、『なぜ日本は失敗したのか』『なぜ日本陸軍は異常な組織になってしまったのか』という疑問から、その原因を歴史のなかに探りました。」

    ということで、時代的には「国盗り物語」から昭和に至るまでの司馬作品(小説・エッセイ含む)を通じて、司馬遼太郎が日本の歴史をどのように捉えていたかを探る旅に導いてくれます。

  • 司馬遼太郎の作品を読んだことはないが、どういう風に歴史を解釈して描いているのかよく分かった。

    そして、その国民的歴史小説家を歴史学者・磯田道史が解説しているためより理解が深まった。

    幕末の気運とか、どうやって滅んでいくのかとか、勉強になった。
    歴史から学ぶことは多い。

  • ご存知、「林先生の初耳学」などの名物講師、磯田先生が国民的作家、司馬遼太郎の小説から日本史を学ぼうという面白い試みです。
    まずはユニークなエッセンスをいくつか紹介します。(詳細は本書を読んでください)

    織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の違いを好きな女性像で分類しています、信長は「美しい女」、秀吉は「貴き女」、家康は「産む女」(P38)

    司馬作品の特徴の一つとして、トップの視点ではなく参謀や軍師の視点から小説を書くのは、客観性をとても重視したからに違いない、つまり権力や国家を客観的にみる視点がなく昭和前期の日本が行く末を誤った反省からきている。(P40)

    養老孟司先生は、日本人は戦争で目に見えない思想というものに痛めつけられた、神州不滅(日本は神の国)、七生報国(7回生まれ変わっても国に尽くす)という思想を吹き込まれてひどい目にあったので、戦後は即物的なものを信じる合理主義が高じて物質文明へとひた走った。(P75)

    大村益次郎にみるリーダーシップの要素は、合理性と客観性(無私の精神)。(P78)

    尊王思想が武士ではない平民が「天皇の家来」と名乗ることを可能にし、攘夷を掲げて政治に参加する明治維新の原動力となった。(P106)

    戦国時代以前の子供が「僕は勉強して征夷大将軍になりたい」といえば「僭上の沙汰」でうつけものと卑下されるが、明治になると「僕は、陸軍大将になって国家のためにつくしたい」といえば「偉い」と褒められるという「圧搾空気」感の差。(P127)

    統帥権の独走を許したのは、日清日ロで戦勝国となったのは、憲法や議会ではなく軍が頑張ったから一等国になれた、軍こそが国家の中心だという自信過剰を招き、国民も歓迎したから。(P171)

    日本人の体質をうまくまとめています。
    集団の中にひとつの空気のような流れができると、いかに合理的な個人の理性があっても押し流されてしまう(一億総体質)、日本型の組織は役割分担を任せると強みを発揮する一方で、誰も守備範囲が決まっていない(無責任体質)、想定外の事態に弱い(融通が利かない体質)など、司馬氏は日本人の弱みを作品中に描き出している。(P184)

    とてもわかりやすい内容ですので、一読をお勧めします。

  • 読友さんのオススメ。とても面白かったです。司馬遼太郎の作品はまだあまり読めていないので、読みたい本も増えました。「花神」、先日DJ日本史で大村益次郎の話題が出たのでますます読みたいです。自己の確立と、共感性を磨こうと思いました。ナショナリズムとパトリオティズムの違いについて知ることも出来ました。司馬遼太郎が日本の歴史をどのように捉えていたか、この本を踏まえて、司馬遼太郎の作品を再読するのも面白いだろうなと思います。ずっしりした長編が多いので気合いは要りますが。。

  • 司馬遼太郎さんの著者で日本史の面白さに嵌ってもう三十数年…
    色々な新説が発見されて歴史の見方に変化が起きても
    司馬遼太郎さんが日本人に送り続けてくれたメッセージの重要性も、小説としての面白さも色褪せない!

    今の若い世代に読んでほしいから、まず磯田さんの解説で司馬遼太郎さんを知ってもらえたら司馬遼太郎さんファンとして嬉しい(^^)

  • 何となく知っていて、頭のなかで整理したかったことが、明瞭に分かりやすく書いてあり、とても良かった。何で敗戦へと突き進んでいったのか、何を学ぶべきか良く理解できる。

  • 司馬遼太郎の歴史観がわかりやすく書かれている。ためになる。

  • 簡潔に江戸〜昭和の歴史を敷衍できる。
    あと、司馬さんの本を読んでみようという気になる。

全91件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

磯田道史(いそだ・みちふみ)
1970年、岡山市生まれ。歴史家。国際日本文化研究センター准教授。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。『武士の家計簿』(新潮新書)で新潮ドキュメント賞、『天災から日本史を読みなおす』(中公新書)で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。『近世大名家臣団の社会構造』(文春学藝ライブラリー)、『無私の日本人』(文春文庫)『殿様の通信簿』(新潮文庫)『日本史の内幕』(中公新書)ほか著書多数。該博な知識と親しみやすい語り口で、テレビでも多くの視聴者に歴史の意味と愉しさを伝えている。


「2020年 『歴史とは靴である 17歳の特別教室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

磯田道史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
リンダ グラット...
稲盛和夫
有効な右矢印 無効な右矢印

「司馬遼太郎」で学ぶ日本史 (NHK出版新書 517)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×