「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書 524)

著者 :
  • NHK出版
3.43
  • (6)
  • (16)
  • (23)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 215
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140885246

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マーケティングはキャリア戦略につながるという本。
    筆者自身の他、有名な会社の具体的な例を出して、それがキャリアアップにどう役立つかをわかりやすく記述されています。
    戦わずして勝つためにはということを色々な角度から丁寧に書かれています。
    意識せずにできるようになれば、きっとあなたも理想のステージに昇っている事でしょう。
    キャリアを考えたいすべての人にお薦めできる本です。

  • マーケティングのフレームワークを使って個人のウリを明確にしていく。STPでより小さくコアなターゲットを見つける。現代はニーズが細かくなったから、あなたを必要とする人は必ずいるという。バリュープロポジションで提供できる価値を明確にする。自分の強みを活かして、誰の、どんなニーズに、どのように応えていけるか。他の人にできない強みは何か。仮説検証はらせんの形で回して、失敗から学んでいく。

  • 考え方はわかりますが、そんなに簡単に自分を売ることができるのかどうか・・・。

  • タイトルの通り、しっかりマーケティングの観点から書かれているように感じました。
    それゆえ知らない用語が多い…
    心理学の引用も多数ありおもしろかったです。
    この本にせよ、今読んでいる「モチベーション革命」にせよ、伝えたい芯の部分というのは同じなのかなと思います。

    内容とは直接関係ないですが、「あとがき」だけ「ですます調」で笑ってしまいました。
    なんだか、最後の部分だけ違う人が書いたように感じました。
    謝辞を述べるからなのかな?とか思ったり。
    書き方一つで印象は大きく変わるものだなあと。

  • マーケティングの理論を個人に適用して、キャリア戦略を考えるという本です。丁寧に易しく書かれているので、別にマーケティングの知識は必要ありません。「マークティングの世界にはそういう考え方があるのね」っていう程度に受け取りながら、読み進められます。

    本書が一貫しているのは、他者と競争せず、「戦わずして勝つ」という戦略を目指しているという点です。企業でも同じ戦略を取ると思いますが、これを個人のキャリア戦略に適用して話題を展開しています。

    当然といえば当然ですが、読者がただちに実行できて、うまくいくというような、画期的な方法を示すものではありません。戦略の立て方の参考にできますが、具体的なことを考えるのはあくまでも「あなた」。自分をしっかり見つめ直して、考えぬく必要はあるでしょう。そういう意味では、即効性がある本では無いと思います。

    日々、きちんと仕事はできているけれど、何だか停滞を感じているような人や、フリーランスでの仕事を考えている人などにお勧め。参考になると思います。

  • 自身のキャリアをマーケティングの知見を活かして考えてみようという主旨の本です。本書で強調しているのは「戦わずして勝つことが大事」ということです。みんながやっていることに倣って勝負するのではなく自分にしかできないニッチな領域で独占状況を作るのがいいと書かれています。まぁ、そうなんですが、それがすぐにできれば苦労はないというのもあるなあ。

  • マーケティング戦略の考え方や理論を、キャリアやセルフブランディングの場面に応用したもの。

    誰かと競争して勝つというものではなく、戦わずして勝つために誰も競争相手のいない分野で第一人者になることや、チャレンジにつきもののリスクを低く抑える方法論などにも触れられていて、実践できそうと思えるような一冊でした。

  • 企業のマーケティング指南書でベストセラーを記録した著者が満を期して上梓された「自分」マーケティングの書。ご自身のIBM時代の経験を導入に、「戦わずして勝つ」、すなわち、バリュープロポジションを作りいかに育てていくかを具体的かつ実践的に、丁重かつ分かり易く説明してます。
    若い人のキャリアデザインにはもちろんですが、100年ライフと言われる今、中高年の人生を考えるにもとても勉強になる好著です。

  • 戦わずして勝つ。強み。複数。地下水脈をあてるカン。
    ①自分の強み②誰の③どんな悩みに④いかに応えるか

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

マーケティング戦略アドバイザー。1984年に慶應義塾大学工学部を卒業後、日本IBMに入社。マーケティングマネージャーとして事業戦略策定と実施を担当、さらに人材育成責任者として人材育成戦略策定と実施を担当し、同社ソフトウェア事業の成長を支える。2013年に日本IBMを退社して独立。マーケティング思考を日本に根付かせることを目的に、ウォンツアンドバリュー株式会社を設立して代表取締役に就任。専門用語を使わずにわかりやすい言葉でマーケティングの本質を伝えることをモットーとし、製造業・サービス業・流通業・金融業・公共団体など、幅広い企業や団体を対象に、年間数十件の講演やワークショップ研修を実施。著書に『100円のコーラを1000円で売る方法』(KADOKAWA )などがある。

「2018年 『マンガ これ、いったいどうやったら売れるんですか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書 524)のその他の作品

永井孝尚の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

「あなた」という商品を高く売る方法―キャリア戦略をマーケティングから考える (NHK出版新書 524)を本棚に登録しているひと

ツイートする