悪と全体主義―ハンナ・アーレントから考える (NHK出版新書 549)

著者 :
  • NHK出版
4.10
  • (12)
  • (20)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 198
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140885499

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第二次世界大戦中にドイツからアメリカへ亡命したドイツ系ユダヤ人哲学者ハンナ・アーレント。彼女が執筆した『全体主義の起原』をはじめとした著書を通して、ナチズムやホロコーストを推し進める背景にあった社会の流れや大衆心理を説いていく。

    『蠅の王』(ウィリアム・ゴールディング)や『一九八四年』(ジョージ・オーウェル)を読んだときに感じた背筋がヒヤリとする感覚は、本書を通してかなり補完されました。

    ヒトラーが大衆心理を熟知し巧みに操り、自身の「法」に従うよう扇動していたのはその通りです。アーレントはさらに歴史的惨事が起こった時代背景として、政治や社会が混沌とし敵味方の見通しがつきにくい、将来が不安定、蔓延した閉塞感などを挙げています。そのような不穏な世の中にいると大衆は求心力のある「分かりやすい」対象・イデオロギーを求めるメンタリズムが働くと説きます。当時ドイツは近隣国から今まで経験のない圧を受け、国はそれに一丸となって対抗する必要がありました。連帯感・仲間意識を維持強化するための安易な近道は「敵」をつくること。つまり当時のドイツ政府は早急に国民の統制を取らねばと考え、その格好の対象となったのが国内の社会コミュニティのなかで異分子でもあったユダヤ人でした。彼らを大衆の憎悪の対象に仕立て上げ“排除”しようとすることで国民の足並みを揃えようとし、未曾有の殺戮へと繋がります。

    分かりやすくレッテルを貼り自分達の存在や立場を正当化する、善良性を証明しようとする行為は大小さまざまな規模で起こっています(子供のケンカから戦争レベルまで)。おそらく自分が自分らしくあるために人間に備えられた安全装置なのだと思います。無くなることはないでしょう。

    至って平凡に生まれ平凡に育ってきたと自覚している自分でさえ、大衆の渦に飲まれたときに冷静でいられるかと問われると自信がありません。
    本書を読む前は「歴史」に触れるつもりで手に取りました。しかし読み進めるほど本書で書かれていることは歴史ではあるけれど過去ではない、そして他人事ではないと痛感します。むしろ国内外問わず社会情勢としては当時の状況下とかなり共通点が多いのでは……と邪推するのは考えすぎでしょうか。

    memo:ハンナ・アーレント『全体主義の起原』『エルサレムのアイヒマン』など

  • 全体主義は突然変異だと思っていたのだが、ヨーロッパの歴史の中で産まれて来たのだとわかりびっくりした。アフリカを植民地支配したことにより優生思想、人種主義。金融業を独占していたユダヤ資本。国を持たない彼ら。歴史的に突き上げて来た差別意識が総合し、排他的というのか、あのナチスの全体主義が発生した。その中心を担った大衆の存在。ユダヤ虐殺の実行者の語った罪の意識の皆無。難しいが学ぶべきものが多い本であった。

  • 読了。
    難解と云われるアーレントの著作を著者視点で解説。アーレントは、ドイツ憲政史上最も民主的とされたヴァイマル憲法下で、ナチスドイツが勃興した歴史的背景を紐解きつつ、アイヒマン裁判を通して「凡庸な悪」の正体を詳らかにする。そこにあるのは、複数性の重要性を軽んじ、無思想性の罪を自覚しない大衆への危惧だ。アメリカ、ヨーロッパ、そして日本に於いても、情勢の不安定化、不確実性の増加に伴い、より単純で、一見力強い主張が支持されつつある。アーレントが主張する「悪」は、善の対極というより、哲学的に思考することをやめた人が陥るものとしてイメージされており、今こそ「思想」、つまり哲学的思考が問われると再説されている。

  • 悪い本ではないと思うが、「結局エリート主義しかないのでは?」という問いには答えられていない。まあ難しすぎる問題ではあるが。ただ、この点を突破できないと今アーレントを読む意義を上手く説明できない気がする。

  • 全体主義についてハンナ・アーレントの著書に解説、考察を加えながら、ドイツやヨーロッパの歴史的、社会的背景の解説とともに論じられています。別の書籍の解説書的位置づけなので、教科書的な面があり、物足りなさを感じた。

  • ハンナ・アーレントの重厚な著作は、存在こそ認知しているものの手に取ったことがない。
    気にはなっている、しかし手に取るには様々な意味で重たい。しかし気にはなっている…
    そんな自分にとっては実にありがたい一冊だった。

    強烈なリーダーシップを発揮する独裁者が全体主義を作るのか?ここでは明確に「ノー」という答えが提示される。
    大衆の動きが作り出すものであり、またそのメカニズムに組み込まれた大衆はそのシステムから求められる行動が、規範が悪であるのかはもはや判定不可能になる。なんとも恐ろしい話であるし、遥か昔に片付いた話というわけではない。全体主義は隣で、自分の中で息づいているのだ。

    立ち止まって物事を捉える、Whyを問いかけ続けることの重要性に気付かされる一冊だ。

  • 結局全体主義の起源とは、国民国家の誕生による「均質に見える国民の出現」と階級社会の崩壊によって「お上から何か良いものが与えられるのを待っている無知蒙昧な大衆の出現」ということか。ここで言う全体主義の『全体』とは国家、あるいは国民の全体ではなく、全国民から異分子を除いた全体という事であって、随分と狭い意味で使われていることに気づかされた。
    最近の日本でもアメリカでも全体主義の兆しが見えるが、国民が"99%"に均質化され、かつ愚民化政策で複雑なことを考えることをやめた大衆が増えた結果と言えようか。

  •  ハンナ・アーレントから全体主義を紐解く。

     アーレントはナチス時代を体験し、アイヒマン裁判を見て、全体主義とは何かを考察した。
     民族国家をつくるという民族主義がやがて全体主義へと移り変わっていく。全体主義は個人の思想、道徳に侵食し暴走してしまう。
     この暴走を防ぐのはある種の分かりにくさしかない。ここに現代の問題をいい方向に導くヒントがあるように感じた。

     非常にタイムリーな一冊。

  • インパク知7・7
    かかった時間120分くらい

    ハンナ・アーレントにはなんとなく興味があって、文庫を買ってはみたけれど完全に積ん読になっていた。その時に新書(しかもNHK新書)なら、それなりにわかりやすく、内容がそれほど薄くなることなく、読めるのではないかと思った。

    ハンナ・アーレントの著作に従って、まさに悪と全体主義について説明してある。
    国民国家がその結束のために異分子を必要としたこと、帝国主義国家が自身の正当化のために人種思想を用いたこと、そして、階級やコミュニティから放り出された大衆が、強固な物語を求めたことなどが、ドイツという国の成立や、ヨーロッパにおけるユダヤ人の理解のされ方などと関連させながら、語られている。

    『エルサレムのアイヒマン』からの、凡庸な(陳腐な)悪の話もそうだが、著者は、わたしたちがわたしたちの傾向を自覚し、複数性の中で討議し続ける重要性を繰り返し主張している。

    わたしたちは、わたしたちがどのような存在であるのかを、追究し続けないとなあ。そして、陥りがちなことを、ちゃんと警戒していなければなあ、と改めて思った。

    ハンナ・アーレントまじ読も。
    星4つなのは、ハンナ・アーレントはもちろんきっとこの上をいくだろうから。

  • 本日第3章「大衆は「世界観」を欲望する」に読み架かりました。
    白眉は大衆を定義した箇所。

     政治的に中立の態度をとり、投票に参加せず政党に加入しない生活で満足している

    投票を棄権する人(大衆)は、平素はとりたてて不満がなく
    「ま、ひどいことにはならないだろう。」
    と楽観し、実際に(多少ズルをする人がいるかも知れないが)気楽に生きていく程度には不自由がないのだろうと思います。
    しかし、彼ら(大衆)が、世の中に不満を持ったとき、全体主義の再来が懸念される
    と言うことなのでしょう。

    日本では選挙のたびに、低い投票率が嘆かれますが、
    無理に投票に行かせると、極端な主張をしている左派か、右派のどちらかに投票することになることが、前回の参議院議員選挙であきらかになったと思います。
    いざ選挙になってから「投票に行け」と言うのはまずいと思いました。

    不満があるときに、誰かの陰謀論にすがりつきたい気持ちは僕にもあるし、それが人気になるのもわかります。
    でも、実際の所、不満を解消するには、自分なりの工夫や、ある程度の努力が必用。
    例えばカネが欲しければ、自分が働くことが、最も確実な方法です。
    それ以外の方法で金を生み出そうと知恵をひねると、いろいろな陰謀とターゲットを決めて搾取することになります。
    むろん、そんなことをしても根本的には解決しません。
    少し考えれば、そう思い至ります。

    そんなことを考えながら、読み進んでいます。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年生まれ。東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了(学術博士)。金沢大学法学類教授。専門は法哲学、政治思想史、ドイツ文学。著書に『集中講義!日本の現代思想』『集中講義!アメリカ現代思想』(NHKブックス)『悪と全体主義』(NHK出版新書)『ヘーゲルを超えるヘーゲル』『今こそアーレントを読みなおす』(講談社現代新書)『マルクス入門講義』(作品社)など多数。

「2020年 『現代哲学の最前線』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仲正昌樹の作品

悪と全体主義―ハンナ・アーレントから考える (NHK出版新書 549)を本棚に登録しているひと

ツイートする