カラスをだます (NHK出版新書 646)

著者 :
  • NHK出版
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140886465

作品紹介・あらすじ

世界唯一! 「カラス誘導」稼業の全貌

著者は「カラスの鳴き声」の研究で博士号を取った研究者であり、長年の研究成果である「鳴き声でカラスを操る技術」を駆使してカラス被害に対し科学的な対策を提案する「株式会社CrowLab」の創業者。本書は、 カラスはなぜ黒い? 襲われないためにはどうすればいい? などの基礎的な問いから、肉はおいしい? どうすれば食べられる?などの興味にも、そして、どうすれば追い払える?という切実な問いにも、自ら確かめた事実だけをもとに答えていく。18年にわたる研究のクロウを読み終える頃には、頭上のカラスの鳴き声が気になりはじめ、必要以上に恐れなくて済むようになるだろう。カラスの非愛好家にこそお勧めの、「カラスとの真剣勝負」半生記!

第一章 カラスを動かす
第二章 カラスになりきる
第三章 カラスとしゃべる
第四章 カラスを食べる
第五章 カラスを減らす

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <目次>
    第1章  カラスを動かす
    第2章  カラスになりきる
    第3章  カラスとしゃべる
    第4章  カラスを食べる
    第5章  カラスを減らす

    <内容>
    カラス研究の第一人者の一人(なんか矛盾する言い方だけど)。書き方が面白く、若干クセもあるが、私は楽しく読めた。学術的というよりは、実用性にシフトした内容。むろん、その実用性の裏にはちゃんとした学術的裏付けがあるから面白い。カラスの声の研究やカラスの性格から誘導する研究など、期待通りであった。カラスを食べる話はちょっと…だったが。ただ「ぼんじり」が美味しい理由は納得した。「脂腺」だったんですね。鳥は脂がないと防水ができず、それは彼らの死活につながる。なので、カラスは「マヨラー」でもある訳なのです。

  • 【目次】(「BOOK」データベースより)
    第1章 カラスを動かす(カラス誘導大作戦/マヨラーぶりを利用する ほか)/第2章 カラスになりきる(カラスが見ている世界/カラスが嗅いでいる匂い ほか)/第3章 カラスとしゃべる(鳴き声研究の苦労/カラスの「声帯」解剖 ほか)/第4章 カラスを食べる(カラス料理を趣味から仕事にする/ヒトにとっての新規タンパク源として ほか)/第5章 カラスを減らす(対策を科学する/これが有効な対策だ ほか)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

カラス対策専門企業、株式会社CrowLab代表。カラス料理研究家。1979年群馬県桐生市生まれ。宇都宮大学農学部、同大大学院農学研究科修士課程修了、東京農工大学大学院連合農学研究科博士課程修了。博士(農学)。博士号取得まで杉田昭栄研究室所属。総合研究大学院大学・学融合推進センター助教を経て現職。著書に『本当に美味しいカラス料理の本』(SPP出版)。宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センター特任助教も務める。

「2021年 『カラスをだます』 で使われていた紹介文から引用しています。」

塚原直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×