集中講義! 日本の現代思想 ポストモダンとは何だったのか (NHKブックス)

著者 :
  • NHK出版
3.80
  • (38)
  • (56)
  • (51)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 492
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140910726

作品紹介・あらすじ

1980年代、「ポストモダン」が流行語となり現代思想ブームが起きた。「現代思想」は、この国の戦後思想をどのような形で継承したのか。海外思想をどのように咀嚼して成り立ったのか。なぜ80年代の若者は「現代思想」にハマったのか。丸山眞男や吉本隆明など戦後思想との比較をふまえ、浅田彰や中沢新一らの言説からポストモダンの功罪を論じる。思想界の迷走の原因を80年代に探り、思想本来の批判精神の再生を説く。沈滞した論壇で唯一気を吐く鬼才による、異色の現代思想論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 21世紀も間近になった頃に大学入学、研究を本格的にはじめたのは2000年代後半というな私は、日々「なんでこんなことになっちゃってるの!?」と叫びたくなるような哲学・思想(と社会との関係)に関する問題にぶちあたることが多かった。――たとえば、「どうして浅間山荘に閉じこもった連合赤軍は仲間同士で殺し合ったのか?」とか「なんで『総括』という言葉がリンチを指すようになったのか?」とか、「なんでこんなに現代思想は、ライトなノリで明るくたのしく語らなくちゃいけない感じになっちゃったのか?」とか。
    本書は、そうして日々ぶつかりながらも、その答えを見出す術同市もなく、喉にささった魚の小骨のようになってしまった問題たちを、一気に溶かしてくれた感じがする。
    私と同世代の、研究者の卵たちは、いろいろな現代思想の本を読み、それを吸収して、自分の研究にいかしながらも、それらの思想の位置づけなどを把握するのにものすごく苦労しているんじゃないかと思う。私自身もまさにそんな最中にある。そういう「地図」も持たずひとりさまよい歩き続けてきた私にとってはとてもありがたい本だった。

  • 仲正による「日本の現代思想」。第一次安倍内閣が立った時のもので、あとがきに当時の著者の、本人らしい所感が印象的。

    内容としてはかなり情報量は多いけども、世界の情勢と思想とかかわりながら、日本の情勢、思想がどのように推移してきているかがよくわかる。

    ざっくりとニュアンスででしかとらえきれていないが、戦後マルクス主義が69年の学生運動にて挫折すると、ポストモダンの時代に突入。レヴィ=ストロースの構造主義とそれすらも相対化させたデリダやドゥルーズ、フーコーらによるポスト構造主義の思想ブームが起こる。日本もこれらの影響を受けながら、それがアカデミックな分野というよりもメディアミックスされた論壇においてのパフォーマティブなものとして影響を与え、80年代、浅田彰、柄谷行人、中沢新一らが活躍、90年代に入り宮台真司や東浩紀などが現れ現代にいたる。サマリーにもなってないが、僕の頭の中は今こんな感じ。

    ただ、今の人文系の論調がユルフワさをもって自嘲するような隘路で乾杯してる理由を考えるにおいて、時代整理の道筋が見えたのが幸い。もう一度は読み直さないと整理されないとは思うが、読み直すかな・・


    17.8.14

  • 難しいテーマだが読みやすい。昔の本だが、人文系だから問題ないと思う。

  • 懐かしい。80年代に京都で学生していた。友人の部屋の本棚には、本書で登場するキ思想家、サルトル、レヴィ=ストロース、メルロ=ポンティ、フーコー、吉本隆明、柄谷行人、浅田彰らの著書が並んでいた。こんな本を読むと頭が良くなるかと、かじってみようとしたが、舐めることもかなわず。せいぜい入門書を読んでわかった気になった程度で、思想書そのものは読まずじまいに終わった。
    90年代以降は、本屋でも軽めの棚をみるだけになった。てっきり、自分が知らないだけで「知的営為」は紡がれているのだろうと信じていた。第四章、『「現代思想」の左展開』以降に書かれている思想界の衰退は読んでいて辛いものがあった。二項対立しか成り立たなくなった思想界と、ネットで右と左が罵り合う現状へと続いているのだと知らされた。

  • 明晰でよかった。ポモ思想の内在的な解説ではなくて、歴史的な話をきっちり説明してくれているからありがたい。翻訳、輸入の過程にはタイムラグも当然あるし、全部翻訳されるわけでもないし、受容のプロセスみたいなところはおさえておかないといかんよね。仲正先生の本をちゃんと読むのは初めてだったが、真っ当な解説という印象で、ほかの本とか、界隈での評価とかは詳しくないが、生産性がすごい。修論博論も厚い本にされているが、研究的な話はどうなのだろう。

  • 日本のポストモダンのごちゃごちゃした感じをすっきりと位置づけてくれるのである程度関連や位置関係が見やすくなる日本のポストモダンの総ざらい。柄谷、吉本、中沢、浅田などの有名所の言説と歴史的な背景、課題など含め書いてある。読みやすい。

  • 右派思想にも左派思想にも鋭く切り込み、現代の日本社会の思想の在り方に警告をならす。筆者が描く戦後マルクス主義者たちの系譜はギャグマンガのようである。が、大変ためになる。頭の中におぼろげながら戦後の知識人たちの見取り図が描けるようになった。

  • 知識量理解力がすごいらしい。現代思想の勉強に。ゲンロン0のようなライトな本でなく、本気で学びたい人向け

  • 日本におけるマルクス主義以降の思想・哲学状況を概観するのに最適。やはり、そうだったのだという納得感が読むうちに漲ってくる。その時々の自分の考えが世界の大きな流れの部分であったという感覚、類としての自分を確認出来る分析である。してみると今、足元の混沌状況も世界の知性がそうなっているからなのであろう。自分の思考状況の客観的位置付けを空間的に確認出来る。

  • 各章読み応えあるけど、ラストの物書きとしての姿勢、想いがそのまま吐露する場面で随分と印象が変わった。

全54件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年生まれ。東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了(学術博士)。金沢大学法学類教授。専門は法哲学、政治思想史、ドイツ文学。著書に『集中講義!日本の現代思想』『集中講義!アメリカ現代思想』(NHKブックス)『悪と全体主義』(NHK出版新書)『ヘーゲルを超えるヘーゲル』『今こそアーレントを読みなおす』(講談社現代新書)『マルクス入門講義』(作品社)など多数。

「2020年 『現代哲学の最前線』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仲正昌樹の作品

集中講義! 日本の現代思想 ポストモダンとは何だったのか (NHKブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする