考える技術としての統計学 生活・ビジネス・投資に生かす (NHKブックス)

著者 :
  • NHK出版
3.40
  • (7)
  • (21)
  • (41)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 284
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140911013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者の考えは面白いんだけど、内容はちょっと初心者向けすぎた。
    何度も読んだりする本ではないように感じたかな。
    統計学の勉強として勉強会の題材にするのなら良いかも。

    統計学は論理的に妥当な志向は何かという命題に一つの回答を提示している
    思い込みから「一歩引いた」論理的な思考ができるようになる
    統計で「当たりをつけた」上で行動方針を練ることこそ効率の良い現実的な対処法
    収集段階での問題に配慮した上で何に使えるかを考えることが大事
    「危険の存在よりも最も危険なのは、安全か危険かがわからないことだ」

  • 中心極限定理

  • 経済政策・マクロ経済学の准教授の方の本。統計詐欺、見せ方・選択・収集。演繹法・帰納法。ふつうじゃない。平均、比較、、推測、回帰分析、時系列。

  • 買いました。

  • 普通のお硬い統計の本と違って、数値の意味を噛み砕いて実用的な統計の使い方を教えてくれる本だと思って読んでみた。
    でも、噛み砕くにしては不十分な説明が多く、かといって教科書的な説明があるわけでもないので、どっちつかずな印象。。
    ある程度の基礎知識は持ったうえで読むにはいいかも。前半は面白かったです。

  • 文系による文系のための統計学本。
    色々と得たものはあったけど、なんか消化不良でした。

    以下、目次。
    第1章 統計的思考とは何か
    第2章 「平均」による情報縮約―戦略的行動を導く
    第3章 「比較」による状況判断―合理的意思決定を目指す
    第4章 部分から全体を解読する―不確実性を飼いならす
    第5章 「回帰分析」による関係把握―論理的に正しく予測する
    第6章 「時系列」による未来予測―定番ツールを読みこなす

  • 偏差値なんて言葉を久しぶりに聞いた。
    収益よりもリスクが重要。

  • 2009/3に図書館で借りる

    一通り読んだ。統計の全体像をつかむにはよい。

    統計用語の多い本は途中で挫折しがちだが、信頼区間や時系列分析まで
    を含んだ内容なのに最後まで読めた。数式がほぼないのであくまでもざっくり。
    ざっくりと「この用語はこういう感じ」を知るにはちょうど良い。
    ここに出た用語をまとめるだけで、分かった気がする。人に説明できる気がする。

    こういった統計っぽいことを教える人にはとても有効と思う。
    参考書籍の紹介が充実している。

  • 著者は意外と若い人

  • 文系の人っぽい統計の本。統計の意義については目からウロコな表現も多い。演繹的な推論は当たり前すぎて面白くないことが多いが、帰納的な推論は確実性がなく、統計の利用が必要になってくる、というのはスンナリ腑に落ちた。アブダクションという、ある現象の背景にある原因や理由を仮定するという形の推論を補強するためにも有用。統計自体については記述統計、回帰分析などのごく初歩的なところのみ。中心極限定理など、説明がわかりやすいのは良い。

著者プロフィール

明治大学准教授

「2019年 『日本史に学ぶマネーの論理』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯田泰之の作品

ツイートする