「かなしみ」の哲学 日本精神史の源をさぐる (NHKブックス)

著者 :
  • NHK出版
3.48
  • (4)
  • (6)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140911471

作品紹介・あらすじ

わたしたちは古代から今にいたるまで、「かなしみ」を主題にした歌や物語に慣れ親しんできた。本来厭うべきであるはずのこの感情を積極的に享受し表現してきた日本人の態度から、どのような世界観を引き出すことができるのか。かなしむ「われ」(自分)の中に、日本的美意識や倫理感覚が生まれる瞬間を見定め、かぎりある人間とかぎりのない世界との関係の本質に迫る、日本思想研究の精髄を注ぎ込んだ力作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  芸術から大衆娯楽まで、あらゆる日本文化の底流を共通して流れるのは「かなしみ」ではないか。たとえば、童謡・唱歌や軍歌の多くは「独特な『かなしみ』の調子につつまれて歌われている」――と、著者は言う。

     なぜ、無邪気に楽しむ子どもたちの歌が、あるいは、勇敢さを鼓舞すべき軍歌が、こうした「かなしみ」において歌われてきたのかという問題がそこにはある。そこにはさまざまな理由が考えられるが、基本的には「悲の器」としての人間という受けとめ方が底流しているように思う。

     なぜ、日本文化はこんなにも「かなしい」のか? 「否定的な感情であるはずの『かなしみ』に深く親和してきた日本人の心のあり方は、どのような他者や世界の受けとめ方に基づいているのか」? 本書は、そうした問いに答えようとした論考である。

     高橋和巳の小説に用いられて広く知られた『往生要集』の一節「我は悲の器なり」への論及から、本書は始まる。そして、文学・哲学・宗教から歌謡曲まで、ジャンルを自在に横断しつつ、著者は古代から現代までの日本文化を「かなしみ」という串で刺しつらぬいていく。

     記述が抽象的・観念的にすぎて、わかりにくい部分もある。が、「かなしみ」こそが人生をより豊かにする面もあるのだと、肯定的にとらえている点には共感する。

    《現代において見失われつつある、他者への倫理や世界の美しさ、超越的な存在へのつながりといった可能性をもつ「かなしみ」の力を、今あらためて「復権」させるべきだ》

     その他、印象に残った一節と引用句をメモ。

    《悲哀はそれ自らが一半の救いなり。……神はまず悲哀の姿して我らに来たる。……我らは悲哀を有することにおいて、悲哀そのものを通じて、悲哀以上のあるものを獲来たるなり(綱島梁川『病間録』)》

    《哲学の動機は「驚き」ではなくして深い人生の悲哀でなければならない(西田幾多郎)》

    《「断腸」という言葉は、腸がちぎれるほどに「かなしい」ことを表わす言葉であるが、もともとは、子どもを失い「かなしみ」のあまり死んだ母猿のお腹の腸が細かくちぎれていたという故事からきたものである。》

  • 哲学

  • われわれ人間は、蜂や木や星と同じように、確かに「おのずから」の働きの中にあるが、しかし、われわれの場合には、その働きの中に完全に組みこまれ一体化しているわけではない。否応なく「おのずから」に組みこまれながら、しかしなおそこには簡単に解消・全廃することのできない「みずから」の思い、この「私」、この自分という意識がある。そうした『おのずから』と『みずから』の『あわい』にこそ、「かなしみ」というものが呼び起こされている。そして、世界・自然の「うつくしさ」や「おごそかさ」や「しづけさ」を知るためには、われわれ自身が「かなしく」なければならないのである。なるほど。

    [more]<blockquote>P54 「かなしみ」の「カナ」とは、「・・・しかねる」の「カネ」と同じところから出たものであり、何ごとかをなそうとしてなしえない張りつめた切なさ、自分の力の限界、無力性を感じ取りながら、何もできないでいる状態を表す言葉だということである。

    P99 親鸞が繰り返し強調しているのは、われわれ人間には、どんなに「かわいそうだ」と思っても助けることができないことがあるということである。ここには自力への絶望がある。

    P104 「優しい」というのはけっしてわれわれ自身の「みずから」の能力によって「優しい」というのではない。だから「自分は優しいんだと思っている限り、人間は決して優しくありえない」。そうした自己を反省し、自己中心・人間中心主義の言葉や知恵というものの無力さ・無効さを知り得た時、初めて自己の底から「自然に溢れ上がってくる」力が「いのちの優しさ」なのだ。

    P112 ひとつは、この世界は、神々が定めた世界としてあるから、それをそれとして受け止めて生き、死ねばいいのだということであり、もうひとつは、死ぬことはとてつもなく「かなしい」ことで、「かなしむ」以外にないということである。
    その二つのことが別事とではないということが、この考え方の肝心なところであろう。つまり「かなしむ」以外にないことをきちんと「かなしむ」ことが、結局は、この世の仕組みをそう定めた神々の働きに従うことになる。だから、そこに「安心」というものがあるのだという考え方につながるということである。

    P152 世の中には出会いや別れを含めて、自分の力だけではどうにもならないことがあるが、日本人は、それをそれとして静かに引き受け、「サヨナラ(そうならねばならないならば)」と別れているのだ。【中略】如意の「みずから」と不如意の「おのずから」とは、両方からせめぎあいながら、その「あわい」で人生のさまざまなできごとがおきている。「さようであるならば」の確認とは、その二つながらの確認・総括なのである。

    P183 「かなしみ」に置いて、その「対象化する精いっぱいのナルシシズムが、心の傷口を蜜のように覆いいやしてくれる」こころの痛みを取り除くのではなく、それをそのままに、『美によって価値づけようとする』のである。

    P189 「悪しきセンチメンタリズム」は「他人の目をひそかに意識し、利用する」自己哀惜のナルシシズムとは、自己一人で内閉した傷み込みではなく、他人の目を意識しながら、それに乗じて自己の「かなしみ」をあおり立てること、高ぶらせることだというのである。</blockquote>

  • 第1章 「かなしみ」という問いの原点
    第2章 「かなしみ」の力
    第3章 「かなし」という言葉の歴史
    第4章 他者に向かう「かなしみ」
    第5章 神・仏と「かなしみ」
    第6章 「われ」という「かなしみ」
    第7章 別れの「かなしみ」
    第8章 「かなしみ」の表現
    第9章 有限性/無限性の感情としての「かなしみ」

    著者:竹内整一(1946-、長野県、倫理学)

  • 様々な文学者の作品や言葉を引用してかなしみについて論じている。
    引用文の解説が多くまたその意見を結びつけ合うけれども殆ど否定はしないでいるのでちょっと単調な気がする。

  • 「かなしみ」にはいろんな感情が込められている。

  • 本屋で立ち読み。 もっと読みたい。

    『銀河鉄道の夜』のジョバンニが哀しいのは、彼には絶対的な信仰がないから、らしい。確かにそんな気がする。

  • [ 内容 ]
    わたしたちは古代から今にいたるまで、「かなしみ」を主題にした歌や物語に慣れ親しんできた。
    本来厭うべきであるはずのこの感情を積極的に享受し表現してきた日本人の態度から、どのような世界観を引き出すことができるのか。
    かなしむ「われ」(自分)の中に、日本的美意識や倫理感覚が生まれる瞬間を見定め、かぎりある人間とかぎりのない世界との関係の本質に迫る、日本思想研究の精髄を注ぎ込んだ力作。

    [ 目次 ]
    第1章 「かなしみ」という問いの原点
    第2章 「かなしみ」の力
    第3章 「かなし」という言葉の歴史
    第4章 他者に向かう「かなしみ」
    第5章 神・仏と「かなしみ」
    第6章 「われ」という「かなしみ」
    第7章 別れの「かなしみ」
    第8章 「かなしみ」の表現
    第9章 有限性/無限性の感情としての「かなしみ」

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 中盤の「あきらめ」に関する文学者の想いの羅列がすごい!かなりぐっと来ます。

  • 色々な本の引用を、細切れにして解説している。
    それぞれの文章はいいけれど、感想文?のようになっているのが残念。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1946年長野県生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。東京大学教授などをを経て、現在鎌倉女子大学教授、東京大学名誉教授。専門は倫理学・日本思想史。著書に『自己超越の思想』(ぺりかん社)、『「おのずから」と「みずから」』『やまと言葉で哲学する』『やまと言葉で<日本>を思想する』(以上、春秋社『日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか』(ちくま新書)『「かなしみ」の哲学』(NHKブックス)『花びらは散る 花は散らない』(角川選書)『ありてなければ』(角川ソフィア文庫)などがある。

「2016年 『日本思想の言葉 神、人、命、魂』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹内整一の作品

「かなしみ」の哲学 日本精神史の源をさぐる (NHKブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする