森林飽和 国土の変貌を考える (NHKブックス)

著者 :
  • NHK出版
4.02
  • (17)
  • (22)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 193
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140911938

作品紹介・あらすじ

緑の木々に覆われた山を歩きながら、私たちは、そこが五十年前にはげ山であった姿を想像できるだろうか?山の地肌が消え、土砂崩れが減り、川から砂がなくなる-これら二十世紀におきた変化は、日本史上初のものだった。変化は副作用をもたらす。サルやクマの人里への出没、海岸の道路を崩壊させる"砂浜流失"、そして花粉症。各地で起きる問題の根源に山地の変化があることを見抜き、土砂の流れを分析して私たちの誤った思いこみを次々と覆す。自然環境と災害について発想の転換を迫る提言の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日経ビジネスオンラインで著者のインタビュー記事を読み、日本の森林の現状や機能について、これまで漠然と信じていたこととのあまりの認識ギャップの大きさに愕然とし、改めて本を読んできちんと勉強することにしました。
    かなり固い内容で、正直読むのがやや大変だったのですが、高度成長期以後エネルギー革命や工業化、輸入木材などのために日本の林業が産業として成り立たなくなり、森林が放置されてしまっているという認識はあったのですが、それが「森林飽和」とさえいえる状況となっており、むしろ森を積極的に伐採して利用しないと国土の荒廃につながってしまうのが現実というのは、全く認識していませんでした。
    「山林保全」というのは、森林を手つかずで残すこととは全く逆で、なんとか利用を図らねばならないということなのだということが、よくわかりました。
    TPP参加で、農業の産業高度化についてはよく議論されるようになりましたが、林業の再生というのも、これからの日本社会の持続可能性にとって極めて大きな課題だと言うことが、深く理解できました。
    まだまだあまり話題になっていませんが、重要な問題提起です。

  • 古き良き日本の原風景なんて言葉を聞くと、鬱蒼と生い茂った里山の光景を思い浮かべてしまう。でも日本の里山はつい最近まで千年以上もの間、過度の森林伐採によりハゲ山だらけだったらしい。

    確かに石炭も石油も無い時代にほぼ唯一の燃料として、また建材や農業資材など幅広く木が使われてきたのだ。おそらく日本中のおじいさんが山で柴を刈りまくっていたのだから、よく考えてみれば当たり前なのかもしれない。

    現代では逆に森林が回復した事により、山から流出する土砂が減りすぎてしまい、結果として海岸線が浸食されてしまうという深刻な問題が発生している。
    エネルギー源の変遷、そして安いからと言って木材を輸入材に切り替えたところ、自国の国土を減らしてしまうという皮肉な結果になってしまったようだ。

    環境のことを考える時いつも思うのだが、このまま行くと人間はきっと、地球史上もっともワガママな生物、として汚点を残す事になるハズである。

    人間はもっと謙虚に暮らすべきだよね。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「山から流出する土砂が減りすぎて」
      う~ん、何が良いかは簡単に判断出来ないのが難しい。。。最近は何でも白黒つけちゃうけど、エエカッコし過ぎ...
      「山から流出する土砂が減りすぎて」
      う~ん、何が良いかは簡単に判断出来ないのが難しい。。。最近は何でも白黒つけちゃうけど、エエカッコし過ぎなのかも。。。
      2014/04/03
  •  世の中では、森林は、いろいろな多面的機能があって大事にすべきと言われている。

     基本的にはあたっているが、著者によれば、渇水時に水を保全する機能はないとのこと、渇水時のような水がないときには木も水をすってどんどん蒸発させるから、当然といえば当然か。

     また、大事な視点として、江戸時代から明治まで、日本の山林はほとんどはげ山で砂の流出が多かった。これは多くの災害をもたらしたが、現在は、戦後の植林で山は青々としているが、かえって砂の流出がすくなくなって河川床がさがったり、海岸線が後退しているという。

     そもそも、確かに、江戸時代の浮世絵をみるとバックははげ山ばかりだが、そんなにはげ山になっているとはしらなかった。確かに、燃料が木材しかなかった時代には、製鉄、塩、陶磁器の製造に大変な木材を使った訳で、そのように説明を受けると納得できる。

     また、森林は、この前の紀伊半島であったような、深層崩壊には役立たないというのも、考えればそこまで木の根が届かないから当然だが、なんとなくびっくり。

     世の中の常識に厳しい指摘をしている本。どこまであっているかわからないが、説得力あり。

  • 結局、人間がいる以上、すべてをコントロールしなければいけない。

  • 2012.11記。

    私自身を含む多くの日本人は国土を覆う森林は日々減り続けている、と感じている。が、本書は日本の樹木量が江戸期以降最大水準に達しており、既に「飽和状態」にある、とする。

    著者によれば、林野の復元は明治期以降着実に進み、むしろ間伐の不足による別の荒廃(樹木構成の変動や害虫の増殖)が進行している。同時に治山治水についても相当程度の成果を挙げており、逆に山間部からの土砂の流出が減りすぎて砂浜の減退が著しいことが指摘される。

    一番感動的なのは著者の「先人たちの努力」への敬意であり、それらは江戸期に作り上げられた砂防林の機能に対する高い評価や、それが本来人工的な景観でありながら「白砂青松」として日本人の心の原風景となっていることへの温かいまなざしなどの中に垣間見ることができる。

    著者の主張の核心は際限のない治山治水事業を見直し「土砂の移動を許す」(P.242 )こと、「自然は手つかずが一番良い」という思い込みを捨てて膨大な森林資源を有効活用すべきこと、そして同時に「あるべき景観」との調和を図ること、等にある。

    今の日本に森林という「もっと使ったほうがいい資源」がある、という事実は何だか勇気が湧いてくるではないか。
    「国土」について深く考えさせられる素晴らしい一冊であった。

  • 今、日本の森林は歴史上かつてないほどに豊かになっている、少なくとも量的には。しかし、質的に大きく変貌しており、治水・砂防・治山における従来の国土計画にそぐわなくなっている状況が大規模災害の遠因となっている。

    みえ森林林業アカデミー太田猛彦学長の『森林飽和』を読んだ。日本においては、戦後1960年代前後で大きな転換点を迎えている。エネルギー革命と化学肥料の普及により、これまでエネルギーと肥料供給を担ってきた森林利用が劇的に減り、拡大造林における針葉樹を中心とした植林は、それまではげ山が大半だった山地を変貌させた。

    この森林の量的・質的変容によって何が起こっているのか。1つは河川への土砂流入減少である。戦前までは台風や豪雨によってしばしば土石流が起こり、平野部に堆積した土砂によって河床が高くなっていた。そして当時は水運が大きなウェートを占めており、実は土砂を取り除いて川の深さを維持するような治水が行なわれていた。

    日本各地の山奥に行くと、斜面をコンクリートの法面が覆い、砂防ダムがすべての河川に造られているのも、この戦前の砂防法に由来するものである。結果として河川への土砂流入が減り、海岸が消失するといったバランスの欠如が顕在化している。

    また、森林が山地を覆うことで土石流など表層崩壊のリスクは減少しているが、その代わり深層崩壊という樹木の根こそぎ岩盤から土壌もろとも崩れるような土砂災害の激甚化が目立ってきている。森林には水源涵養機能があるとも言われるが、夏の渇水期に樹木は多量の水を吸い上げるため、緑のダム効果がどこまであるかも疑問である。

    こういった環境条件の変化に対して、森林政策はその効果が現れるまでの期間が長いために、どこまで有効な対策を打てるのかは難しい。そして気候変動というパラメータ変化がさらに加わって、ビッグデータ等を活用してどこまで自然環境を治めることができるのか。そろそろ人間が自然を制御するという考え方自体を改めるタイミングに来ている。

  • 環境
    ノンフィクション
    サイエンス

  • 森林を軸に、日本の国土や環境の歴史を教えてくれる。けれども主張(を支えるロジック)や構成には首をひねらざるをえない箇所が散見され、あまり期待して読むと肩透かしを食らう。

    日本の森林が人間による利用圧を受けて減少しだしたのは飛鳥時代にまで遡る。化石燃料以前は、とにかく利用可能な天然資源(燃料、建材)と言えば、石と土を除けばもっぱら森林資源だった訳だから。はじめは畿内から始まった森林の衰退は、江戸時代初期に人工が増えると、それにともなって一気に加速した。森林衰退のピークは明治中頃と考えられ、本格的な回復が見られるのは戦後しばらく経ってからだった。
    →ダイアモンドの『文明崩壊』では江戸時代の森林資源管理が成功例として挙げられていた。評価は程度問題でもあるだろう。

    里山も「荒れ地」であるのが普通であった。里山と言う人の手が入った緩衝地帯がなくなって人間が奥山のすぐ近くに住むようになったのが野生動物が人間の生活圏で見られるような現象の原因だろうと。

    ハゲ山から川に流れ出した土砂は、平野部に注ぐところでに扇状地をつくったり、川床を押し上げて天井川にしたり、河口閉塞を引き起こして下流部での洪水の原因になったり、砂浜になってから飛砂として海岸地域を悩ました。

    表面侵食・・・土壌が雨で流される、地面が落葉などで覆われていれば防げる。裸だと雨が直接土を叩いて、飛び跳ねた細かい土粒子が土壌の表面をふさいで水が浸透しない雨撃層を作る。山は溝状に侵食されていく。江戸・明治期の写真からはこの溝状侵食がよく確認できる。

    表層崩壊・・・土壌だけが崩れ落ちる。森があって根を張っているとかなりの程度防げる。

    深層崩壊・・・土壌の下の基盤から崩れる。森があっても同じ。ゆっくり生じるタイプが地すべり。

    ・森林の水源涵養能力
    同じ雨は二度と降らないので(?)検証が困難。流量を平準化させる作用はあるが、渇水を緩和するまでの力はないようだ。

    <自然林v.s.人工林>
    先人の知恵に学んで海岸林にはクロマツが適しているだろうと(そもそも砂浜に広葉樹は自然林とも言いがたい気がする)。ただ海岸林の内陸側は広葉樹林化しているところもあるので、以前に比べれば広葉樹を植える余地も広がっている。

    土砂災害を防いだり水源を涵養する機能は差がない。ただし、それは人工林が手入れされていればの話。流木の発生源も両方がなる。

    <河床の低下、海岸侵食・砂浜の後退の原因>
    ダムでの土砂の滞留と、山からの土砂の流出の現象の両方が原因か。著者は後者を推したがるが、前者が主要因のように思える。人間による開発以前は、日本には砂浜はなかったのか?
    なお、河口閉塞、飛砂の減少など良い面もある。


    この方はサイエンティストというよりは、行政官・エンジニアの香りがするな。

  • 多くの人は自然破壊により森林が減っていると思っているのではないだろうか?世界的にはそうなのだが、日本においては全く異なる。江戸時代から戦前まで減り続けた森林は、戦後の植林と林業衰退・森林放置により、300年前の状態まで急回復した。

    1960年代から2000年代の40年の間に
    ・国産材の生産量は1/3に減り、森林蓄積量(体積)は2.3倍に増加
    ・森林蓄積量/木材生産量が36年分から243年分へ急増。

    その結果、土砂崩れは減り、土石流も減り、河床は低下し、海に流れる砂が減り、海岸侵食されるようになった。


    <目次>
    まえがき
    第一章 海辺の林は何を語るか 津波と飛砂
     一 津波被害の実態
     二 津波を「減災」したマツ林
     三 なぜ海岸にはマツがあるのか
    第二章 はげ山だらけの日本 「里山」の原風景
     一 日本の野山はどんな姿をしていたか
     二 石油以前、人は何に頼って生きていたか
     三 里山とは荒れ地である
    第三章 森はどう破壊されたか 収奪の日本史
     一 劣化の始まり
     二 産業による荒廃の加速
     三 山を治めて水を治める
    第四章 なぜ緑が回復したのか 悲願と忘却
     一 荒廃が底を打つ
     二 回復が緒につく
     三 見放される森
    第五章 いま何が起きているのか 森林増加の副作用
     一 土砂災害の変質
     二 山崩れの絶対的減少
     三 深層崩壊
     四 水資源の減少
     五 河床の低下
     六 海岸の変貌
    第六章 国土管理の新パラダイム 迫られる発想の転換
     一 “国土”を考える背景
     二 新しい森をつくる
     三 土砂管理の重要性
     四 海岸林の再生
    参考文献
    あとがき
     
    <データ>
    国産材の生産量
     1967年 5274万?(ピーク)
     2002年 1608万?(ボトム)
     2010年 1824万?
    造林面積
     1954年 43.3万ha.
     2010年  2.4万ha.
    森林面積
     1966年 天然林:1551万ha. 人工林: 793万ha.
     2007年 天然林:1338万ha. 人工林:1035万ha.
    森林蓄積量
     1966年 天然林:1329百万? 人工林: 558百万? 合計:1887百万?
     2007年 天然林:1780百万? 人工林:2650百万? 合計:4430百万? 2.35倍



    2014.06.29 『木材、石炭、シェールガス 文明史が語るエネルギーの未来』で引用されている。
    2014.07.17 読了

  • 荳頑ゥ玖除遨ょュ先嶌蠎励h繧翫?

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京大学大学院教授、日本林学会会長

「2002年 『地球環境時代の水と森』 で使われていた紹介文から引用しています。」

太田猛彦の作品

森林飽和 国土の変貌を考える (NHKブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする