雇用再生 持続可能な働き方を考える (NHKブックス)

著者 :
  • NHK出版
3.43
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140912096

作品紹介・あらすじ

少子高齢化、IT化、グローバルな低賃金競争…、急激な環境変化に伴い、いま雇用のあり方が問われている。終身雇用、年功賃金、企業別労働組合を特徴とする日本的雇用制度を、労働経済学の理論と実証にもとづき徹底検証。さまざまな環境要因変動に対応して、雇用はどう変わっていくのか。日本人はこれからどのように働くことで幸せになれるのか。付加価値生産性を高めるための人材育成など、日本が活力を取り戻すために不可欠な雇用のあり方を指し示す。労働経済学の第一人者による雇用再生への道筋。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 筆者が主張するように、日本型雇用制度は高度経済成長下において非常に合理的な制度あった。しかし、高度計成長を支えた「埋められた資本主義」が変容し、グローバル経済下のもとでこうした日本型雇用制度は大きな変化の時代を迎えている。

    と、いったところで筆者は、日本型雇用制度を支えた
    1年功序列型賃金
    2終身雇用
    3企業内組合 についておおむね肯定的に評価している。そのうえで、年功序列型賃金カーブをフラットにしていくのが方法として考えられるという。

    目新しい主張はないが、基本は企業側の視点に立たれ書かれていると思う。

  • アメリカのように雇用を流動化すればいいのに!と思っていた私、その問題点を遅ればせながら理解しました。

  • 雇用を考えることは、雇用者にとって人生を考えることであり、現代社会においては国の将来を考えることである 正規雇用者の数自体は、2000年代に入ってからもそれほど大幅に減っているわけではない 人的資本投資の必要性 労働者の定着率を高める二つの制度①年功賃金②定年退職制度 生活給のあり方が世帯主生活給から夫婦共働きを標準とするものに変わって行く 

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

清家 篤(セイケ アツシ)
慶應義塾大学名誉教授
慶應義塾大学名誉教授、博士(商学)。専攻は労働経済学
1978年、慶應義塾大学経済学部卒業、1980年慶應義塾大学商学部助手、1985年同助教授を経て、1992年より同教授。2007年より商学部長、2009年5月から2017年5月まで慶應義塾長。(この間、社会保障制度改革国民会議会長、日本労務学会会長、ILO仕事の未来世界委員会委員などを歴任。)
主な著作に(『金融ジェロントロジー』(編著)東洋経済新報社(2016年)、)『雇用再生』NHKブックス(2013年)、(『エイジフリー社会を生きる』NTT出版(2006年)、)『高齢者就業の経済学』(共著)日本経済新聞社(2004年、2005年の第48回日経・経済図書文化賞受賞)、(『労働経済』東洋経済新報社(2002年)、)『生涯現役社会の条件』中公新書(1998年)、『高齢化社会の労働市場』東洋経済新報社(1993年、1994年の第17回労働関係図書優秀賞受賞)など。(2016年フランス政府よりレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受賞。)


「2020年 『労働経済』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清家篤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印

雇用再生 持続可能な働き方を考える (NHKブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×