維新史再考―公議・王政から集権・脱身分化へ (NHKブックス No.1248)

著者 :
  • NHK出版
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140912485

作品紹介・あらすじ

明治維新は武士という支配階級がみずから消滅する大変革だった。徹底した革命が犠牲者も少なく実現されたのはなぜか。この問いに答え、複雑を極める維新史の全体を通観するために、公議・王政・集権・脱身分化の四課題をめぐる提携と対抗として安政五年政変から西南内乱までを史料に即してつぶさに描く。さらに、武力よりも多数派形成の努力が鍵であったことを見出し、今日のリベラル・デモクラシーの起源をも解き明かす。志士や雄藩の活躍物語という伝統的なスタイルを完全に脱し、第一人者が研究の集大成として世に問う、新説・明治維新史。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  近年の明治維新期をテーマとする通史的著作全般への不満として、国際的環境の変動と日本列島内部の政治変動の関係を有機的に捉えることができていない(あるいはそもそもそうした問題を放棄している)点が挙げられるが、本書もまたグローバルな人類史にまで広げた大風呂敷と、伝統的な「尊王攘夷」「公武合体」といった枠組を用いた幕末政局史の見取図がうまくリンクできておらず、結局何が言いたいのか浅学の身にはよくわからなかった。幕末期に危機の中で発見された「公議」と「王政」の確立という課題の解決過程として明治維新を位置付けているが、両者の関係もあいまいで不可解(「公議」と「王政」の相剋・対立面を軽視しているように感じた)。「攘夷」の動向が文久期にフェードアウトしてるが、実際は維新後の「条約改正」(ある意味「公議」や「王政」よりも政権の正当性を担保する問題)と同一線上につながるはずで、その点が全く検討されていないのも疑問だった(安政期に「積極的開国論」と「攘夷論」の互換性に言及しながらその後の展開を不問に付している)。

     ほかにも個別の問題でおかしなところが少なからずあるが、特に2点指摘しておく。1つは明治維新の「政治的死者」の「少なさ」をフランス革命や南北戦争との比較から強調している点。これは「明治維新は無血革命だった」という俗論とつながる問題だが、歴史的条件の相違を無視して数量比較すること自体の非科学性を措いても、200年以上戦乱のなかった(戦死者がほとんど出なかった)ところに、相次ぐ内戦で数千・数万単位で流血の犠牲が生まれたことの衝撃は相当大きかったはずで、「量的」ならぬ「質的」には諸外国の革命や動乱に比べて軽いとは言えない(政治指導者へのテロの件数も多い)。もう1つは1873年の留守政府の参議人事変更を土佐・肥前閥の「クーデター」と指している点。意思決定の所在や行政機構の勢力構図の詳細な分析を欠いて、参議の出身藩の比率の変化をもって権力の移動を決めつけるのは性急すぎる。むしろ「クーデター」というならば、その後の征韓論政変で非征韓派(というより岩倉と大久保)が閣議決定を天皇親裁をもって覆した事態こそ、国家意思決定の手続きを変えた上に、政権の主導権を奪ったという意味で相応しいであろう。

  • 東2法経図・開架 210.61A/Mi58i//K

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

東京大学名誉教授。跡見学園女子大学教授。専門は19世紀日本・東アジア史、比較史。
著書に、『東アジアの公論形成』(東京大学出版会、2004年)、『明治維新を考える』(岩波現代文庫、2012年)、『愛国・革命・民主』(筑摩書房、2013年)などがある。

維新史再考―公議・王政から集権・脱身分化へ (NHKブックス No.1248)のその他の作品

三谷博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする