NHKスペシャルドラマ・ガイド 坂の上の雲 第2部 (教養・文化シリーズ)

制作 : NHK「坂の上の雲」プロジェクト  NHK出版 
  • 日本放送出版協会
3.81
  • (7)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 69
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784144071737

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2009年から3年に分けて放映されたドラマ「坂の上の雲」。本書は2010年に放映された第二部のガイドである。表紙の秋山真之役の本木雅弘が超カッコイイ。また、自身の仕事である海軍戦術の研究に熱中し、自ら「一生の大道楽」と公言してはばからない点が素敵である。私も今の仕事を、そう位置づけたいものだ。
    第二部は1902年の日英同盟から1904年の日露戦争開戦までを描く。主人公は秋山好古、秋山真之、正岡子規の3名なのだが、ナンバー4に据えられるのが広瀬武夫。秋山真之の海軍の先輩として、親友として、男くさい絶妙なやり取りがたまらない。6年に亘るロシア駐在武官時代のアリアズナとの恋愛、そして日露戦争における第二回閉塞作戦での殉死…。これらは第二部の一番の見どころと言っても過言ではないだろう。広瀬役の藤本隆弘。見事にハマり役である。藤本はこの名演を認められ、今年の大河ドラマでは清盛の部下を演じている。
    本書を読んでみると、各地色々と旅してみたくなる。松山はもちろん、旅順、サンクトペテルブルクなど…。本ドラマの舞台となった場所を訪ね、小説やドラマの足跡を感じてみたいものだ。
    どうでもいいことだが、現在の悩みどころは、現在HDDにあるこのドラマをDVDに保存するか否か…。レンタルショップで100円前後で借りられるのに、わざわざダビングして保管する手間を考えると…。HDDの容量にあまり余裕がないので早く決意すべきなのだが…。

  • おすすめ度:95点

    第2部も第1部に負けず劣らず素晴らしいドラマであった。
    第1部のテーマは「青春」。そして、第2部のテーマは「友情」であったという。
    日露戦争は「国民の軍隊」が戦った「国民の戦争」であり、ロシアの「皇帝の軍隊」とは根本的に異なる。
    超一流の演出、脚本、美術と名優陣の鬼気迫る熱演によって、明治の熱狂的息吹とその時代を懸命に生きた気骨が胸に迫る。

  • また年末まで続きはお預け。備忘用に購入。

  • 完全にはまり、第二部のガイドも購入。笑
    来年もきっと買います。w

  • 坂の上の雲、第2部、もうすぐもうすぐv
    だけど子規と広瀬が・・・

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎は、1923年、大阪市生まれの日本の歴史小説家・エッセイストである。故人。
本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。
特に歴史小説の大家として知られ、代表作は「竜馬がゆく」「坂の上の雲」「翔ぶが如く」「燃えよ剣」「新撰組血風録」「菜の花の沖」「花神」「世に棲む日日」「梟の城」「関が原」「功名が辻」「国盗り物語」「街道をゆく」「十一番目の志士」「城をとる話」「風神の門」「二十一世紀に生きる君たちへ」他多数。その多くが大河ドラマ化、テレビドラマ化、映画化、コミック化などの形でマルチメディア展開されている。

司馬遼太郎は産経新聞社記者として在職中の1960年に、『梟の城』で直木賞を受賞。
1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞したのを始め、数々の賞を受賞。
戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。
1996年2月に72歳で逝去。
2001年には、東大阪市の自宅隣に司馬遼太郎記念館が開館。

司馬遼太郎の作品

NHKスペシャルドラマ・ガイド 坂の上の雲 第2部 (教養・文化シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする