功名が辻 (前編) (NHK大河ドラマ・ストーリー)

  • 日本放送出版協会
3.45
  • (0)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784149233437

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現在大ハマリ中。
    信長、秀吉、家康の役選びは
    かなり正しいと思う!

  •  
    ── 司馬 遼太郎&大石 静《巧名が辻 200512‥ 日本放送出版協会》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4149233438
     
    ── 司馬 遼太郎《巧名が辻 196310‥-196501‥ 地方紙連載
    1965‥‥ 文藝春秋新社》《戦国夫婦物語 19660407-0526 NET》
     
    …… 話を要約すると、幼くして両親を失なった新妻に買ってもらった
    200万円の新車で、さっそうと商品説明会に出かけた夫が、臨時昇給
    200万円(年)を得て年商20億の現地法人社長に登りつめるのです。
    http://q.hatena.ne.jp/1152345084#a567129(No.6 20060710 03:18:12)
     
     巧妙が辻 ~ 機会の平等、成果の格差 ~
    http://q.hatena.ne.jp/1485246166#a1261686(No.4 20170126 16:55:12)
     出世・処世・渡世 ~ 類語、関連語、連想される言葉 ~
     
    (20170126)
     

  • 「功名が辻」のDVD全巻を観終え、司馬遼太郎作品の原作も読破したところなので、この書を手に取るのは自然な流れである。ついつい、ドラマと原作を比べ、脚本家の大石静氏の巧妙さに感心してしまう。もし原作通りのストーリーであればこれほどハマらなかっただろう。
    例えば、本作品のキーワードの一つに「禁断の愛」を設定したこと。幼馴染ながら夫ある身の千代に対する六平太、実の兄へ献身的に尽くすお市の方の織田信長への愛、いとこ同士ながら主君の正室になってしまった明智光秀と濃姫、主君の妹(お市の方)に惚れ込んでしまった豊臣秀吉…。最後の一つに関しては別の作品でも描かれているが、他は大石氏の遊び心である。こんなスパイスがあると、ドラマの面白みもより深みを増す。これらを史実に絶妙に絡ませながら展開していく。他の大河ドラマとは異なり(近年でみても、平清盛、坂本龍馬などは複数ヒロイン制)、山内一豊は側室を持たないため、色恋沙汰に乏しい。そのため、周囲のキャラクターに恋愛関係を展開してもらうしかなかったのだろう。後編もさくっと読んでしまおう。

  • 高知、宇治、長浜などを舞台とした作品です。

  • 原作はまだ未読なんですが、ドラマはハマって観てます。

  • <A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2006/01/__cbde.html" target="_blank">2006年1月8日</A><br><A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2006/01/post_726c.html" target="_blank">2006年1月12日</A><br><A HREF="http://tg.cocolog-nifty.com/diary/2006/01/post_ad63.html" target="_blank">2006年1月13日</A>

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎は、1923年、大阪市生まれの日本の歴史小説家・エッセイストである。故人。
本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。
特に歴史小説の大家として知られ、代表作は「竜馬がゆく」「坂の上の雲」「翔ぶが如く」「燃えよ剣」「新撰組血風録」「菜の花の沖」「花神」「世に棲む日日」「梟の城」「関が原」「功名が辻」「国盗り物語」「街道をゆく」「十一番目の志士」「城をとる話」「風神の門」「二十一世紀に生きる君たちへ」他多数。その多くが大河ドラマ化、テレビドラマ化、映画化、コミック化などの形でマルチメディア展開されている。

司馬遼太郎は産経新聞社記者として在職中の1960年に、『梟の城』で直木賞を受賞。
1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞したのを始め、数々の賞を受賞。
戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。
1996年2月に72歳で逝去。
2001年には、東大阪市の自宅隣に司馬遼太郎記念館が開館。

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする