功名が辻 (後編) NHK大河ドラマ・ストーリー

  • 日本放送出版協会
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784149233444

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先日読了した前編の続き。最近の大河ドラマストーリーは前編、後編、完結編と三部構成だが、この頃はまた二部構成である。
    大河ドラマには豪華キャストであることが多いが、本作品も例外ではない。しかし、その豪華キャストを一気に登場させて集中させないのは製作者側の意図なのだろう。視聴率、予算などの都合もあるのだろうが、バランスを保つためにも必要なのである。
    例えば、山内一豊の周囲には絶えず五藤吉兵衛(武田鉄矢)と祖父江新右衛門(前田吟)が側近として仕えているが、吉兵衛が戦死後に山内一豊の弟康豊(玉木宏)と吉兵衛の弟吉蔵(小倉久寛)が登場する。史実に詳細が残されていない以上、この二人をいつ登場させるかは製作者の腕一つであるが、私が邪推するに、名優の武田鉄矢が退場した後、それを補完するために二人を投入したと考える。このあたりが非常に功名、いや巧妙である。
    大河ドラマ全作品をDVDで鑑賞し、司馬遼太郎の原作を読了し、最後にドラマストーリー二冊をも読了。これでとりあえず「功名が辻」は一息ついたということである。
    次に観たい大河ドラマは2008年の「篤姫」。これも私は一切観ていないし、私が観ていない大河ドラマで最も新しいものである。私にとってはあまり明るくない幕末であるから、前提知識を得るために、まずはドラマストーリーを一通り読んでからDVDを観ようかな、などと考えている。

  • 高知、宇治、長浜などを舞台とした作品です。

  • 今回は最後まで観る所存。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎は、1923年、大阪市生まれの日本の歴史小説家・エッセイストである。故人。
本名、福田 定一(ふくだ ていいち)。大阪府大阪市生まれ。筆名の由来は「司馬遷に遼(はるか)に及ばざる日本の者(故に太郎)」から来ている。
特に歴史小説の大家として知られ、代表作は「竜馬がゆく」「坂の上の雲」「翔ぶが如く」「燃えよ剣」「新撰組血風録」「菜の花の沖」「花神」「世に棲む日日」「梟の城」「関が原」「功名が辻」「国盗り物語」「街道をゆく」「十一番目の志士」「城をとる話」「風神の門」「二十一世紀に生きる君たちへ」他多数。その多くが大河ドラマ化、テレビドラマ化、映画化、コミック化などの形でマルチメディア展開されている。

司馬遼太郎は産経新聞社記者として在職中の1960年に、『梟の城』で直木賞を受賞。
1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞を受賞したのを始め、数々の賞を受賞。
戦国・幕末・明治を扱った作品が多い。
1996年2月に72歳で逝去。
2001年には、東大阪市の自宅隣に司馬遼太郎記念館が開館。

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする