正義〈上〉 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

  • 早川書房
3.83
  • (0)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150016685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『高慢と偏見、そして殺人』で久々にP.D.ジェイムズを読んで、普通のダルグリッシュものも読みたくなった。上巻はかなりの部分が、被害者の殺人に至る、いわばゼロ時間への叙述。
    誤植・誤訳が結構目についた。スカリー夫人が新しいめがねをかけ始めたのは「オキーフさんが殺される五週間前」は明らかに五週間後の誤訳。校正しないのだろうか?

  • 初読みの作家。
    前半の濃密な人間関係は緊張感も孕んで読み進みにくい程の重苦しさが漂っていた。ただし人間ドラマとしては読み応えがあり、後半、どのような『正義』を問うのか楽しみ。

  • 冒頭、
    いつもの通り、被害者の周りには憎悪と絶望の嵐が吹き荒れていたが、
    あまりに長く続くので、
    緊張感に耐え切れず、上巻の半分ぐらいで殺人事件が起こったときには、
    思わずほっとしてしまった。

    また新しくなった捜査班のメンバーのせいか、
    恋人が離れて行ってしまったせいか、
    ダルグイッシュ警視正の心から締め出されているせいか、
    ケイトが少し不安定になっているのが気がかり。

    (下巻へ続く)

全3件中 1 - 3件を表示

P.D.ジェイムズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミネット ウォル...
キャロル・オコン...
ネレ・ノイハウス
ミネット・ウォル...
ヘレン・マクロイ
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×