地球最後の砦 (ハヤカワ文庫 SF 28)

  • 早川書房
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150100285

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アシモフとは別の方向で読みにくいヴォクト。その中でもなかなか手ごわい作品。そのミニ版みたいな短編も収録。

    いきなり20世紀から未来へ跳躍、そこで行われている星間戦争(栄光人 vs 惑星人)に巻き込まれてしまうノーマとガースン。そこからあっちに行ったりこっちに行ったりのディテイルは理解できるものの、タイムマシンにサブのタイムマシンがいたり、オブザーバーが追いかけてきたと思ったら突然故障したりと、ドタバタの域に達する。

    「砦」は主人公だった、ということなのだろうが、タイムマシン、星間戦争だけでお腹いっぱいなのに、念力的な要素まで取り入れてしまって、何が何やらというのがタイトル作。

    2本目も、失われていた記憶を訪ねているうちに、未来へ飛び込んで、追っていた女性が自分の妻になっているという、まあ説明してもよくわからない作品だが、解説にもある通り「地球最後の砦」をコンパクトにしたような世界観のため、ややわかりやすい。

    ヴォクトは、こと物理学に関連したSF表現には非常に長けているのだが、本書では名訳者である浅倉久志氏も混乱しているような表現がたびたび見られた。

  • 荒削りだけで、内容がよくわからない。
    表紙   4点岩淵 慶造
    展開   4点1942年著作
    文章   4点
    内容 410点
    合計 422点 

全2件中 1 - 2件を表示

A.E.ヴァン・ヴォクトの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×