オッド・ジョン (ハヤカワ文庫 SF 221)

制作 : 矢野 徹 
  • 早川書房
3.43
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150102210

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 感動という点では、シリウスのほうが上   
    表紙   5点深沢 幸雄
    展開   6点1934年著作
    文章   5点
    内容 660点
    合計 676点

  • 「飛躍した哲学的思索を小説として書くには、論文的小説にならざるを得ず、論文はまた小説的にならざるを得ない」という、思弁小説。片っ端からハヤカワ青背を読んでいた中学の頃で、でもうっかり引っかかっちゃったのは、おかしなジョン、と呼ばれる新人類の少年の、その思考や数奇な人生ではなくて、一瞬だけでてくる、その幼馴染みの少女、ジュディのほう。カツオドリがカツオドリであるように、まったく完全にジュディ、とジョンに感嘆される彼女の存在で、そのとなりにある、「奇妙にうっとりしてくる悪いスタイル」、のほうには、なかなか目がいかない年頃なのでした。

  • ミュータントテーマSFの古典の最高峰。

全4件中 1 - 4件を表示

オラフ・ステープルドンの作品

ツイートする