闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))

制作 : Ursula K. Le Guin  小尾 芙佐 
  • 早川書房
3.88
  • (135)
  • (120)
  • (150)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 1208
レビュー : 140
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150102524

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アーシュラ・ル・グイン氏描く、極めてハイブロウなSF小説。

    両性具有となった人類(本質的に大規模な戦いを行わなくなっている)と、彼らと通商を再開しようとする使者との間の軋轢、愛情、友情を描くんだけど、つまりは、文化習慣どころかそれだけ身体感覚の違う相手と果たして理解し合えるのか、心を通わすことができるのか、な辺りを問うものであるらしい。

    「闇の左手」とは「光の右手」に対応する言葉で、影と光、陰と陽、夜と昼、女と男・・・など対立する2つのもののかたわれをあらわす比喩。著者独特の、非常に深い人間観察、社会観察の結晶のような小説である。

    異世界の用語が説明なく出て来るのと(解説が巻末にある)、登場人物に感情移入ができず、読書はかなり難航した。

  • 文章がとにかく硬くて読みづらかったです。
    元々の原作がそうなのか、翻訳の文体がそうなのか判断はつかないですが、読み易さという点でかなり損をしているように思いました。
    ただ、雪原での旅の厳しさと同時にその情景の美しさは素晴らしかったし、ジェンダーの捉え方など細かな内容の点では良かったです。

  • んー。
    たぶんシリーズ全部読むべきだ。そして読み直すべきだ。
    でないとせっかくの世界観の半分も理解しないまま終わる。もったいないことになってしまう。

  • 傑作だという評価をよく聞くけど、自分には合わないかも。

  • 翻訳の問題もあるかもしれないが、主人公の感情の変化についていけなくて、読むスピードが出ず、ストーリーがしっかり頭に入ってこなかった感じ。
    もいっかい読めば少し違うかも。
    2009年12月頃読了

  • 宇宙連合(エクーメン)は、遥か昔に放棄した各植民惑星を訪れ、再び外交関係を築こうと使節を送った。
    その1人として、惑星<冬>を訪れたゲンリー・アイと惑星ゲセンの人々の駆け引きと触れ合いを綴った話。
    前半はゲセンの世界感の把握に時間がかかり、まさに「未知の世界」に取り残されたように感じる。ゲセンの人々から地球人を見たら逆にこのように感じるのかもしれないと想像した。
    後半は前半のもやもやが一気に解消するような展開。
    危機(二人だけで氷原を渡る旅)を共にしたゲンリーとゲセン人のエストラーベンの間に友愛が生まれる過程が、二人の視点でそれぞれ描かれていて、女性作家の細やかさを感じる。
    時折、ゲセンの伝説や第一次調査隊の考察などが織り込まれ、それが物語りに奥行きを与えている。
    だた、最後の展開が重く、いい作品ではあるが、再び読みたいかどうかは微妙だ。

著者プロフィール

アーシュラ・クローバー・ル=グウィン(Ursula K. Le Guin)
1929年10月21日-2018年1月22日
ル=グウィン、ル=グインとも表記される。1929年、アメリカのカリフォルニア州バークレー生まれ。1958年頃から著作活動を始め、1962年短編「四月は巴里」で作家としてデビュー。1969年の長編『闇の左手』でヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞。1974年『所有せざる人々』でもヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞。通算で、ヒューゴー賞は5度、ネビュラ賞は6度受賞している。またローカス賞も19回受賞。ほか、ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、ニューベリー・オナー・ブック賞、全米図書賞児童文学部門、Lewis Carroll Shelf Awardフェニックス賞・オナー賞、世界幻想文学大賞なども受賞。
代表作『ゲド戦記』シリーズは、スタジオジブリによって日本で映画化された。
(2018年5月10日最終更新)

闇の左手 (ハヤカワ文庫 SF (252))のその他の作品

闇の左手 (1977年) (ハヤカワ文庫―SF) 文庫 闇の左手 (1977年) (ハヤカワ文庫―SF) アーシュラ・K・ル・グィン

アーシュラ・K・ル・グィンの作品

ツイートする