宇宙の孤児 (ハヤカワ文庫 SF 281)

制作 : 矢野 徹 
  • 早川書房
3.29
  • (8)
  • (15)
  • (41)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 202
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150102814

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  居住可能な星を求めて旅立った巨大宇宙船の中で、何世代も入れ替わっていくうちに技術や知識は失われ、ここが宇宙船だということも忘れ去られた世界。「操縦室」を発見した主人公は世界の秘密に気付き、旅を再開させようとする、というはなし。

     設定がかなりしっかり組まれてる感じなのに、たった250ページに収めてるのがすごい。言葉の端々でちょこちょこ説明させたり、描写を最低限に省略するのが巧すぎる。

     ジョウ=ジムがすごく好きだ。ひとつの胴体に2本の頭がのっていて、常に議論し合っているから誰よりも早く世界の秘密に気付くことが出来たっていうのは、強引だけど説得力ある設定だと思った。歩くMAGIシステムみたいな。

  • 常識、信仰、宗教について考えさせられる!
    エンタメも聞いていて読みやすい!

  • 古書購入

  • 久々に読み返し

  • 1940年頃に書かれた中編が元になっているそうだ。かなり古いSFと言える。
    ケンタウリを目指していた宇宙船の中が舞台。
    反乱や世代交代で知識が失われていき、宇宙船=世界(宇宙船の外側などない)というのが常識の世界では何が起こるのか?
    友情あり裏切りあり。
    面白く読み進めていき、98%は良かったのだが、ラスト2%がダメダメ。
    ご都合主義過ぎて台無しだよ (>_<)

    一旦信じきっている常識から逃れるってのは難しいよねえとか思いながら読んだ。

    SFファンなら★3つ。
    SFはどうもねえという人なら★2つくらいかな。

  • 世代を越えて旅する移民宇宙船が、文明停滞を起こし、閉鎖的な社会を作り上げる……「ありきたり」に思えるのは、この作品の影響力がそれだけ大きかったと言うことか。すいすいと読め、読んでいる時間が短く感じる。

  • ハインラインの中で2番目に好きなお話です。
    翻訳物はときにその文章のしつこさとか、比喩の回りくどさに辟易するものが多いのですが、ハインラインの文章はすごく巧みで、日本人に読みやすいと思います。

    いろんな要素が詰まったこの本は、SF好きには1度は読んで欲しい1冊です。

  • 世代間宇宙船において知識や意識が次世代に伝達されなくなり、船は目的を忘れて進んでいく。世代間宇宙船を舞台にするとこの事が核となって話が進んでいくものなのかな?他にも世代間宇宙船の話を読みたい。

  • 母のボロボロになった本を借りて。
    読むのは2回目だったので、あらすじがわかってるだけに1回目ほどの面白さは感じなかった。
    ミュータントやら宇宙船やら、SF好きにはたまらんテーマが満載。
    とりあえず、主人公の技術力に脱帽。。

  • 何で読もうと思ったか忘れたけど、宇宙船で移動する中で時が流れ宇宙船の目的を忘れてしまったけど、それを思いだそうとする話。
    ハリセルダン的な感じだな。あれもガッツリ読め無かったけど。

全17件中 1 - 10件を表示

ロバートA.ハインラインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
R.A.ハインラ...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙の孤児 (ハヤカワ文庫 SF 281)を本棚に登録しているひと

ツイートする