スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302)

制作 : 和田 誠  伊藤典夫 
  • 早川書房
3.92
  • (209)
  • (188)
  • (217)
  • (20)
  • (1)
本棚登録 : 1808
レビュー : 195
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150103026

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第二次世界大戦に従軍し、捕虜して体験したドレスデン爆撃(ヨーロッパ史上最大の虐殺)等の悲惨な戦争経験をモチーフとした、半自伝的SF小説。1969年発表。

    ストーリーは、時間旅行者の主人公ビリー・ピルグリムが、時間をさまよい、戦前、戦中、戦後の様々な場面を順不同に体験していく、というものだが、タイムトラベルというより、狂気の妄想といった感じ。悲惨な出来事等を描写する際に頻発される「そういうものだ。」という覚めたフレーズが印象的。

    さすがに、釜茹でした人間の脂肪で作った蝋燭には身の毛がよだった。

    本書を書かざるを得なかった著者の心情は何となく理解できるが、ストーリーは読んでいて楽しめなかった。

  • 人が死んだ時に使われる「そういうものだ」っていう言い回しが癖になる。


    古い作品で例えが分かりずらかったり、テーマのドレスデンの空爆に関する知識が皆無だったから、読みづらかった…

  • ひょっとして、おれはヴォネガットの小説が合わないのではないか・・・?という溝がある意味決定的になってしまった作品。「スラップスティック」が個人的にはツボで、「タイタンの妖女」で???となってしまったので、起死回生の一冊と思い手に取ったのだが・・・。
    こいつの主人公、いっつも時間旅行してやがんなと思いつつ、軽やかな文体から考えさせられる部分は考えさせられるのだが・・・どうも自分にはナンセンスさが強すぎる印象がある。

  • 主人公ビリー・ピルグリムは、時間と空間を自在に往き来する能力を身に付けた男。自分の人生の時間軸のあらゆる場面に瞬時に転じ、その場面を再体験してゆく。
    さらには、異星人トラルファマドールのUFOに連れさられ、彼らの惑星の動物園で囚われの身になっているという奇抜なプロットが幾度も挿入される。こうした大胆な構成、ストーリ-展開である。

    一方では、第二次大戦の欧州戦線でのエピソードも挿入されるのだが、これらの場面は、恐らく作者の実体験に基づくものだ。隠しきれない現実の匂いがたちあがっているからだ。とりわけ、ビリーが捕虜の身で体験するドレスデン大空襲でのエピソードは、抑制された淡々とした語り口ながら、凄惨な地獄絵が伝わってくる。実体験ゆえのリアルな匂いと手触りが、作品に、奇妙な風合いを与えている。

    「そういうものだ(So It Goes)」という一言が繰り返される。
    人生の皮肉、諦観を思わせる言葉である。
    作品全体をこの諦観が通底していることで、大胆なプロットでありながら、地に足のついた説得力とリアルな手触りを感じさせる。 独特の味わいを醸す小説である。

  • 『ビリー・ピルグリムは時間から解き放たれ、自身の過去や未来に"けいれん的に"時間旅行することができた。ある時は第二次世界大戦でドイツ軍の捕虜になり、ある時は大富豪の娘との幸福な生活を送り、またある時は異星人の動物園に収容され……。著者の戦争体験を交えて描く、半自伝的SF。』

    わかりにくかった。
    そういうものだ、と受け取ります。

  • 原文はおそらく面白いものであるとの想像はつくのだが、訳のこなれてなさがそれを損なっている
    違う訳者で読んでみたい

  • うーん、本の面白さというか、凄みがいまいち分からなかった

    完全に汲み取れてないだけだと思うので、再読が必要
    映画もあるみたいなので見よう

  • 人生を行ったりきたりのある男の話。
    戦争には英雄などいない。
    「そういうものだ。」

スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302)のその他の作品

スローターハウス5 Kindle版 スローターハウス5 カート・ヴォネガット・ジュニア

カート・ヴォネガット・ジュニアの作品

ツイートする