楽園の泉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 早川書房
3.67
  • (8)
  • (7)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 116
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150107314

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 宇宙エレベーターって夢がある以上に、エネルギーだとかのコスト面から実現されるべきなんだな。終盤の技術者かっけー展開よりも宗教との対立にもっと重点を置いて欲しかった。

  • 軌道エレベーター!そしてリング。えっ、宇宙人まで!?

  • ストーリーに山も谷もあり、面白かった。高所恐怖症の人はちょっとお尻がむずむずするかも。

  • 静止衛星を発明したクラーク先生の軌道エレベータ物語。めずらしく、少々感傷的。面白かったよ。

  • 「宇宙エレベータ」静止軌道からワイヤーを下ろして地上と繋いでつくる宇宙行きエレベータ。今現実に実現を本気で検討されているタイムリーな話。
    技術者ってすげぇ!
    理系ってすげぇ!
    という、なんともプロジェクトXなお話。

  • 大規模建築小説 そして紛れもないSF
    愛してやまないクラークが、一旦絶筆をしたときの最後の作品になるはずだった作品。

  • クラークの傑作、ということらしいが、これは傑作ですか?<br>
    宇宙のランデヴーもそうだけど、お上品なクラークは腹八分目主義?<br>
    <br>
    軌道エレベーターの建設中に主人公が事故で死んでしまうと、物語は終り、エピローグでは完成後の遠い未来へ。<br>
    <br>
    なんかこう、建築中の苦労とか、こんな感じで試練を乗り越えましたとか、現場作業員の決死の対応がエレベーター崩壊の危機救った話とか、あるんじゃないの?ないの?<br>
    熱く込み上げるものがないからプロジェクトXでも取上げようがないよね。<br>
    建設決定までの苦労は書かれているから、クラークは上流工程の人なんだろう。基本設計さえバッチリなら後は力仕事でしょ、なのかな?イギリス人だね。<br>
    <br>
    ヒューゴー、ネビュラのダブルクラウンなのか。投票した奴は誰よ?断筆宣言に騙されたのか?みんな。<br>

全8件中 1 - 8件を表示

アーサー・C.クラークの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アイザック・アシ...
グレッグ イーガ...
ジェイムズ・P・...
アーサー・C・ク...
アーサー・C・ク...
有効な右矢印 無効な右矢印

楽園の泉 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×