幻影の都市 (ハヤカワ文庫SF)

制作 : Ursula K. Le Guin  山田 和子 
  • 早川書房
3.81
  • (4)
  • (9)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150108663

作品紹介・あらすじ

長老ソブの館を取り巻く森のはずれに見知らぬ青年が現われた。自分についての記憶をすっかり失くしている。館の住人たちは猫のような不思議な目から黄色を意味するフォークと名づけ5年のあいだ庇護するが、記憶は戻らぬままだった。ゾブは彼の正体に頭を悩ませた。かつて《全世界連盟》を倒した人類の敵シングの手先か、それともシングに記憶を消された館への使者なのか?『ロカノンの世界』『辺境の惑星』につづきSF界の女王が流麗な筆致で描く未来史シリーズ第3弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは栗本薫グインサーガーの原作ではないか・・・
    表紙   6点まつざき あけみ
    展開   7点1967年著作
    文章   6点
    内容 725点
    合計 744点

  • 詳細はもう覚えていないのですが、もう二度と逢えないと解っていて、ほんの一時しか一緒にいられないと解っていて契りを交わしたその証の結婚指輪を失ったその描写に、泣いた記憶があります。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

アーシュラ・クローバー・ル=グウィン(Ursula K. Le Guin)
1929年10月21日-2018年1月22日
ル=グウィン、ル=グインとも表記される。1929年、アメリカのカリフォルニア州バークレー生まれ。1958年頃から著作活動を始め、1962年短編「四月は巴里」で作家としてデビュー。1969年の長編『闇の左手』でヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞。1974年『所有せざる人々』でもヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞。通算で、ヒューゴー賞は5度、ネビュラ賞は6度受賞している。またローカス賞も19回受賞。ほか、ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、ニューベリー・オナー・ブック賞、全米図書賞児童文学部門、Lewis Carroll Shelf Awardフェニックス賞・オナー賞、世界幻想文学大賞なども受賞。
代表作『ゲド戦記』シリーズは、スタジオジブリによって日本で映画化された。
(2018年5月10日最終更新)

アーシュラ・K・ル・グィンの作品

ツイートする