天界の殺戮〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 早川書房
3.50
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150110819

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『天空の劫火』続編。
    前作とは雰囲気が大きく変わり、スペースオペラ、戦争SF。
    物語のスケールは大きいが、登場人物の内面や人間関係を書き込んでいる点が、良くも悪くも特徴的。
    ブラザー達のキャラクターが好き。
    壮大な物語のわりには、意外とあっさり終わってしまった印象はある。
    前作と今作、どちらも上下巻でボリュームがあり、全体としては十分に楽しめたシリーズでした。

  • 天界の殺戮〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 古書購入

  • 前同
    表紙   7点加藤 直之
    展開   7点1992年著作
    文章   5点
    内容 705点
    合計 724点

  • 「天空の劫火」(上/下)「天界の殺戮」(上/下)2部作(4冊)まとめての感想。

    とにかくいろいろな要素を盛り込んだ、スケールの大きな話だった。
    以下、内容に関するネタバレあり。

    第一作「天空の劫火」では、次々に発生する謎のイベント、(多少くどいけれども)キャラクターの立った登場人物により、海外SFには珍しく、冒頭からストーリーに引き込まれていく。次々と謎が深まっていく中、ある時点で謎が見えてきたとたんに、取り返しのつかない(言葉通り)大惨事が始まる。終盤の、惑星破壊装置による破壊、それに否応なく巻き込まれていく人々の運命、これらを延々と大きなスケールで描いていく様は、読者を救いのない思いへと叩き込む。その中でわずかに残った救いが、続編への希望をつないでいく。
    第二作「展開の殺戮」では、うって変わって、宇宙的には広いスケール、しかし非常に限定された狭い空間(宇宙船内)でのドラマ。前半は、閉鎖空間の中での人間関係を丁寧に描き込み(ここは海外SFの例に漏れず読みづらいのだが)、復讐対象との小競り合いと敗北、異種文明との合流・協力を経て、ストーリーは加速していく。ミステリー仕立ての人間関係、犯人捜しのストーリーの中で、登場人物たちは、答えの見つからないまま、法の執行を行うかどうかの決断を迫られていく。

    ファーストコンタクト、終末もの、宇宙戦争、ミステリー、星間旅行、異種文明との邂逅、高次文明同士の星間戦争、政治、ロボット、軍隊、科学、家族の愛、…。スケールの大きな話、小さな話、とにかくいろんなものを詰め込み、それを破綻なくストーリーとしてまとめ上げた作者の力量には恐れ入るばかり。本当に、「SFらしいSF」を求めている方(ただし、長くても読める方!)にお勧めできる本であった。

全6件中 1 - 6件を表示

グレッグ・ベアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
グレッグ・イーガ...
オースン・スコッ...
グレッグ ベア
グレッグ イーガ...
アイザック アシ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×