火星転移〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 早川書房
3.73
  • (3)
  • (10)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150111885

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「火星」「転移」ってなんのことかと思ったら・・・!

    主人公キャシーアが大学時代から副大統領(最後は大統領)として火星の危機を乗り越えるまでを懐古するかたちで物語られる作品。
    キャシーアが、もともと火星の有力な名門家系の出身で自身も才能があるということはあるが、反国家主権主義者であるリーダーに憧れたり、天才物理学者の卵と恋に落ちたり、政治の世界へ足を踏み込み入れて初めて訪れた地球で失敗したり(正確には巻き込まれただけ)という体験をして、自分で道を選び、迷って、悩みながら成長していく姿が、なんというか女性の生き様としても共感できるし好感も持てる。

  • 古書購入

  • 前同
    表紙   5点小阪 淳
    展開   6点1993年著作
    文章   6点
    内容 725点
    合計 742点

  • 「凍月」より先に書かれているが、「凍月」より後の世界を描いている作品。

    22世紀の火星は、地球から半分独立、半分依存している形で存在している。その火星で、政治家を目指すキャシーアが大学を追い出されかけるところから、火星の運命が回り始める。
    大学内でも、反学長派とみなされた学生たちが一斉に退学させられることになる。それに反対した学生たちの反乱は、あっけなく終結するが…。

    キャシーアの回顧録というかたちをとっている作品だが、なぜ「回顧録」なのかというのが最後にわかり、彼女の人生に圧倒されること間違いなし。
    そして第1部で描かれる、キャシーアとリチャードの淡い恋愛話は、その辺の恋愛小説など風で飛ばされるほどせつなく胸にくる青春ストーリーとなっている。

    上・下巻のうち、上巻はどちらかというとキャシーアの成長物語として楽しめる。下巻になると、怒涛のように変化していくキャシーアの政治家人生と火星の行く末にはらはらする。
    そしてラストシーン、キャシーアが回顧録を閉じるその最後の一行に不覚にも涙する。
    自分の人生だけでなく火星と火星人の人生も決断していくキャシーアの強さ、それを支えたリチャードの優しさが心に染みる。

    新しい技術やアイデアといったSF理論はもとより、物語性も優れた作品。

  • イリヤ!

全6件中 1 - 6件を表示

グレッグ・ベアの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×