ファウンデーションと地球〈上〉―銀河帝国興亡史〈5〉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 早川書房
3.70
  • (18)
  • (20)
  • (40)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 306
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150112011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ファウンデーションの未来を決めたトレヴィズは、その判断の根拠を求めて、ペロラットとブリスと共に地球を探すことにする。トレヴィズはガイアであるブリスと意見を戦わせながら、ガイアへの理解を深めていく。

    コンポレロンで三つの座標を知ったトレヴィズは、二万年前のその座標にあった星、オーロラとソラリアに降りる。二万年以上前にベイリが訪ねた二つの星は、今や廃墟となっていた。

    物語の始まりはいつも設定になれるまで時間が掛かるが、その設定に慣れると面白く、驚くほど早く読み進めてしまう。下巻が楽しみである。

  • ファウンデーションと地球〈上〉―銀河帝国興亡史〈5〉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 古書購入

  • なんとも難解な終わり方だ・・・
    表紙   6点生頼 範義
    展開   7点1986年著作
    文章   8点
    内容 690点
    合計 711点

  • アシモフが描く長大な銀河帝国史ファウンデーションシリーズの第5弾。シリーズの続編「ファウンデーションへの序曲」ならびに「ファウンデーションの誕生」はいわば前日譚であり、ファウンデーションを設立したハリ・セルダンに焦点があてられた物語のようです。ということで、本作をもってシリーズは一応の結末をみるのですが、個人的に、この結末は好みではなかったです。一作目や二作目が好きだった自分にとって、「それじゃあファウンデーションのために頑張ってきたサルヴァー・ハーディンやホバー・マロウ、その他の人々は何だったの?」と思わざるを得ません(もちろんファウンデーションの存在があってこそ、本書の結末があることは理解できるのですが…)。
    また、本作の主人公は、前作「ファウンデーションの彼方に」と同じくゴラン・トレヴィズ。彼は、自身が選択した答えの真意を探るため、地球を目指します。本書は上下巻ですが、その殆どがこの地球の探索についやされます。正直、冗長。探索のお仲間はペロラットとプリスのお二人。特にトレヴィズとプリスの仲は最悪で、探索の途中では喧嘩ばかり。似たような喧嘩ばかり読まされる読者の気持ちにもなってみてよと辟易。
    話の展開も結末も、どちらもがっかりで、本作は無かったことにした方が良いのではと思うほど…うーん。

  • (下)がどうなるのか気になる展開。

  • うむ。
    ちょっとトレヴィスの短気さ、
    ブリスの視野の狭さにイラっとすることもあったかな。
    キャラ設定と言えばそれまでなんだけど。

  • 全2巻(上下)。

  • 実は「ガイア」は求める星ではなかった。新たに旅立ち、星星をまたにかける。そして情事も(笑)

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Isaac Asimov (1920―1992 )。アメリカの作家、生化学者。著書に『われはロボット』『ファウンデーション』『黒後家蜘蛛の会』等のSF,ミステリーのほか、『化学の歴史』『宇宙の測り方』等の科学啓蒙書やエッセイが多数ある。

「2014年 『生物学の歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アイザック・アシモフの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アイザック・アシ...
ジェイムズ・P・...
アイザックアシモ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ファウンデーションと地球〈上〉―銀河帝国興亡史〈5〉 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×