ファウンデーションへの序曲(上)―銀河帝国興亡史〈6〉 (ハヤカワ文庫SF)

制作 : Isaac Asimov  岡部 宏之 
  • 早川書房
3.72
  • (14)
  • (23)
  • (29)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 245
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150112127

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • はやまさんリコメンド

  • ファウンデーションへの序曲(上)―銀河帝国興亡史〈6〉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 古書購入

  • 銀河帝国興亡史6 それだけで何も言うことはない
    表紙   7点鶴田 一郎
    展開   7点1990年著作
    文章   7点
    内容 730点
    合計 751点

  • ファウンデーションシリーズの時系列的なはじまり。シリーズの発表順に読んでくるとセルダンが想像以上に馬鹿っぽくてかわいくみえる(笑)

  • 『ファウンデーションと地球』に続くストーリーではなく、
    ハリ・セルダンの若きし時代の物語。
    セルダンのイメージがちょっと崩れた。
    まあ若いときなんてこんなものか。

    しかし長い旅路が全て仕組まれたものだった、
    というストーリー構成が基本的に好きではない上に、
    『ファウンデーションと地球』も同じストーリー展開だったので
    ちょっと、という感じ。
    でもダニールが出てきたのが嬉しい。

    疑問。
    ヴェナビリは結局ヒューマノイド・ロボットだったのか?
    ヒューマノイド・ロボットだとしたら
    いつ・どこで、造られたものなのか?
    どこかで回答が得られることがあるんだろうか。

    ま、いろいろ思うので
    甘くなりがちなSFだけれど★2で。

  • 全2巻(上下)。

  • いま読んでいます。

    まさか、ハリ・セルダン自身の物語とは予測していませんでした。
    まだ、2章目なのですがぐいぐい引き込まれているかも。

    アシモフ・・、あと50年くらい書き続けてほしかった。

  •  「心理歴史学」を発表したセルダン。皇帝に謁見するが、実用にはならないと説明するが… 追われ、殺されそうに。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Isaac Asimov (1920―1992 )。アメリカの作家、生化学者。著書に『われはロボット』『ファウンデーション』『黒後家蜘蛛の会』等のSF,ミステリーのほか、『化学の歴史』『宇宙の測り方』等の科学啓蒙書やエッセイが多数ある。

「2014年 『生物学の歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アイザック・アシモフの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アイザック アシ...
アイザック アシ...
アイザック アシ...
アイザック・アシ...
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

ファウンデーションへの序曲(上)―銀河帝国興亡史〈6〉 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に登録しているひと

ツイートする