ロボットと帝国〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 早川書房
4.09
  • (29)
  • (16)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 239
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150112554

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まさかアマディロがここまで陰湿だとは思いもよらなかった。イライジャに負けたのがそんなにも悔しいのかと。
    そしてダニールとジスガルドのラストに打ちのめされた。
    ダニールは人間に限りなく似せて作られたロボットだから人間にしか見えないけれど、ジスガルドは容姿はロボットそのままだから人間味は感じられないはずだった。しかし、ダニールの第零法則を実行するにあたって、ダニールにお別れを言う姿がロボットでありつつも人間に限りなく近かった。
    ここから次作のファウンデーションに繋がるのだろうが、ダニールの重荷が本当に重すぎて気の毒に感じる。しかし、第零法則を自らプログラムした彼ならできるのかもしれない。
    SFの筈が、限りなくヒューマンストーリーでした。

  • 植民者の世界からオーロラに戻ったグレディアと二体のロボットは、ジスカルドの本当の能力に気付いたヴァジリアから、ジスカルドの保有を求められる。ロボット工学第零法則を見出した二体のロボットは、ヴァジリアを退け、地球へ向かう。

    地球では雪辱に燃えるアマディロと、マンダマスが陰謀を実行しようとするその時、第零法則に従う二体の「R」が阻止しようとする。

    しかし、第零法則に従うジスカルドの思惑と、ダニールの考えは最後の最後で相反していた。そして地球の運命は定まり、一体の「R」はその能力を引き継いで機能を停止した。

    いよいよ、「R」と「F」の世界観が混じり合っていく。一日で読み終えてしまった。

  • ロボットと帝国〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 前同
    表紙   6点野中 昇  小尾 芙佐訳
    展開   7点1985年著作
    文章   8点
    内容 800点
    合計 821点

  • すばらしい。

  • 2014 3 4

  • なんだかんだイライジャすごい。タペストリー理論最高です。
    受け入れられる者とそう出来無い者、ラストの章のタイトルも含めなんか感動。

  • ファウンデーションとロボットが合流した。最後の一文の余韻がすばらしかった。

  • オーロラでの陰謀。アマディロの暗躍。地球破壊作戦。ジスガルドを自分のものにしようとするヴァジリアの罠。地球への旅立ち。ジスガルドを狙う陰謀。オーロラの戦艦による追撃。地球での演説。暗殺者の銃弾。侵入した2人の異星人の正体と目的。一人ぼっちになったダニール。

     2010年9月3日読了

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Isaac Asimov (1920―1992 )。アメリカの作家、生化学者。著書に『われはロボット』『ファウンデーション』『黒後家蜘蛛の会』等のSF,ミステリーのほか、『化学の歴史』『宇宙の測り方』等の科学啓蒙書やエッセイが多数ある。

「2014年 『生物学の歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アイザック・アシモフの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アイザック・アシ...
アイザック アシ...
アイザック・アシ...
アイザック・アシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ロボットと帝国〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする
×