祈りの海 (ハヤカワ文庫SF)

制作 : Greg Egan  山岸 真 
  • 早川書房
3.77
  • (81)
  • (74)
  • (127)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 832
レビュー : 64
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150113377

作品紹介・あらすじ

二万年前に惑星コブナントに移住し、聖ベアトリスを信奉する社会を築いた人類の子孫たち。そこで微小生物の研究を始めた敬虔な信者マーティンが知った真実とは?ヒューゴー賞・ローカス賞を受賞した表題作、バックアップ用の宝石を頭のなかに持った人類の姿を描いた「ぼくになることを」ほか、遙かな未来世界や、仮想現実における人間の意志の可能性を描く作品まで、多彩な魅力あふれる11篇を収録した日本版オリジナル短篇集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハードSFの大家グレッグ・イーガンの11の短編を収録した本書は、文中の言葉を借りるならば、「きみがきみであること」「自分が何者であるか」、すなわちアイデンティティを共通したテーマに据えている。

    SFの手法でアイデンティティを語る作品としては、個人的にはロボットを題材にした作品が多い印象を受けるのだけど、本書においてはそれに依存することなく、多彩な視点からアイデンティティを捉えている。

    ヒューゴー賞/ローカス賞を受賞した表題作もさることながら、次の2作品が特に素晴らしかった。

    ・『ぼくになることを』
     衰退する脳を排出し、その代わりに衰えることを知らない"宝石”を移植することが一般化した未来社会。"宝石”を移植しても、その人物の思考は従前までと何も変わらない(移植するまでの間、脳と"宝石”は常にシンクロナイズされているからだ)。だけど、脳のない人間は、果たして"人間"と呼べるのだろうか…
     "宝石”の移植を頑なに拒む主人公の顛末。それが、とにかく割りきれなくて、心に刻まれるほど気色悪い。

    ・『百光年ダイアリー』
     未来には行けないが、知ることはできる社会。主人公をはじめとした一般市民は、"未来の自分が記した日記"により、将来を理解していた。"自分という存在"は、過去と未来の自分によって形作られる。そんな社会を甘受していた主人公だが、ある日、歯車が狂い始め…
     アイデアとなにより展開が秀逸!これは面白かったなぁ。

    全作品を通じて、とにかく後味は良くない。
    心を覆い尽くすのは、不安。だけど一抹の希望が潜んでいることを否定できない。
    そんな不透明な心境に陥るのだけど、でもアイデンティティを認識した時って確かにそんな気持ちかもね。決して爽快な気分じゃないと思うんだ。
    そう考えると、微妙なセンチメントを表現してくるグレッグ・イーガンは、流石と言わざるを得ない。

  • 短編集。完成度の高い、そして衝撃を受ける作品が多かった。自分の持っている思考は本当に自分のものなのか、考えさせられた。個人的に衝撃度の高かった作品は「繭」。好きなセリフがあったのは「ミトコンドリア・イヴ」と「祈りの海」。

  • 『幸せの理由』と比べるとより科学的であるという点でわかりやすい展開にはなっていると思う。基本的にアイディアだけで書いてると思えるものが前半に多い気がしたが、最後の2つ「イェユーカ」「祈りの海」についてはよく練られていると思った。そしてもう一つ「貸金庫」は、意識が特定の体にあるのではなく、ランダムに雇い主を変える。この不可思議な設定は、これまで想像することすらなく、興味深かった。

  • 愛する人の完全なイミテーション人格が「誘拐」されたらあなたは?

  • テクノロジーの発展により、進化した機器や科学的知見をもとにストーリーを記載。作者の構想に現実はまだまだおいついてない。

  • 難解。生物学系の話はある程度素養あるから分かるけど、物理学、数学系の話は理解できなかった。

  • 読んでみたかったグレッグ・イーガンを初めて読んだ。ハードSFの大家の短編集。日本向けに選ばれたらしい。
    かなり難しいSFでよくわからないのが多いが、なぜか癖になりそう。

    以下は読書メモ:

    貸金庫
    宿主を転々と移る人。目がさめると意識が違う人に移っている。その間の記憶を書きとめて貸金庫にしまう。そして、名前が死ぬまで変わらないことを夢見る。

    キューティ
    キューティキット(の安物のコピー商品)で妊娠して、キューティを産む男性。
    ちょっと狂ってて気持ち悪い。

    ぼくになることを
    「宝石」を埋め込んで脳を学習させ、「スイッチ」して永遠の頭脳を得る。自分とは何か。


    ゲイ、レズビアン。その発生を胎児期に防ぐ技術。その製品化が繭。

    百光年ダイアリー
    未来が決定している世界。将来に起こることがあらかじめわかっている。その通りに行動する。未来に従うのも「自由」だ。
    …かなり難しい話。

    誘拐
    妻の身代金要求の映話が突然かかってきた。
    スキャン アイランド コピー

    放浪者の軌道
    アトラクタ(吸引子)
    メルトダウン
    うーん、よくわからない。

    ミトコンドリア・イヴ
    量子古遺伝学 量子の相関性の理論を用いてミトコンドリアの遺伝子の相関性を分析し、真のミトコンドリアイヴを特定する。…よくわからん。

    無限の暗殺者
    平行世界 パラレルワールド
    S
    世界間転移
    〈渦〉カルト

    イェユーカ
    血液センサーと薬物合成ができる指輪

    祈りの海
    位相教 深淵教会
    ベアトリス
    橋のやりとり
    神を信じるとはどういうことか。難しい。

  • 2017/08/07-2017/08/09
    星5

    2017年10月18日にこの感想を書いている。サボっていたので随分遅くなってしまった。帰省する際の暇つぶしに途中の本屋で買ったこの本は、とてもおもしろかったことだけ覚えている。この文庫本は短編・中編集だ。1つとして面白くない話はなかった。多くの話を読み終えた後、僕は不安になった。自分とは何か、自己同一性とはどのようなことか、考えていたのだと思う。良いSFだった。

  • 優れた作品だが読者を選ぶ、私には分かりにくい
    表紙   3点小阪 淳   山岸 真編・訳
    展開   6点2000年著作
    文章   4点
    内容 510点
    合計 523点

  • 『宇宙消失』に比べると格段に読み易いイーガンのSF短編集。
    悲し過ぎる「キューティ」
    LGBT。正常と異常の意味を考えさせられる「繭」
    決められた未来の罠、ミステリとして秀逸な「100光年ダイアリー」
    人類皆兄弟か!?人類史を辿る「ミトコンドリア・イヴ」
    宗教体験の「祈りの海」

    後者2つは解説を書いている瀬名英明のパラサイトイブ、ブレインバレーを彷彿とさせる。

全64件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年、オーストラリア西海岸パース生まれ。SF作家。西オーストラリア大学で数学理学士号を取得。「祈りの海」でヒューゴー賞受賞。著書に、『宇宙消失』『順列都市』『万物理論』『ディアスポラ』他。「現役最高のSF作家」と評価されている。

「2016年 『TAP』 で使われていた紹介文から引用しています。」

祈りの海 (ハヤカワ文庫SF)のその他の作品

祈りの海 Kindle版 祈りの海 グレッグ・イーガン

グレッグ・イーガンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム・ギブ...
グレッグ・イーガ...
グレッグ イーガ...
ジェイムズ・P・...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

祈りの海 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に登録しているひと

ツイートする