ドゥームズデイ・ブック(上) (ハヤカワ文庫 SF ウ 12-4) (ハヤカワ文庫SF)

制作 : 松尾たいこ  大森 望 
  • 早川書房
3.97
  • (65)
  • (62)
  • (57)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 457
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150114374

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いきなり登場人物が当然のように動き出すので
    シリーズの続編かと思っていたら、これが初めですか。
    14世紀へのタイムトラベル(なにかがおかしい)と
    21世紀のパンデミックの混乱が並行で描かれ、
    どちらも何が起こって、どうなってしまうのか
    気になるのだが、21世紀は周りが自分勝手、非協力的で
    かきまぜられて話が進んでいかないし、
    14世紀は、時代の隔たりがもたらす
    絶望的なほどの違いに、一歩間違えば命を失いかねない
    文字通り孤立無援な中、なんの手がかりもなく
    当然、進展はゆっくりと時間をかけて。
    21世紀は突然の未知の恐怖へ必死にならなければ
    ならないはずなのに、個人の主張で
    なぜかコミカルにうつる(あの母親のせいか?)。
    一方で14世紀は準備万端なはずなのに、
    ずれていることで徐々に深まる孤独と恐怖に
    さす当時の登場人物の光?というコントラストもある。
    上巻では、わからず無駄・冗長な描写と思えるところも
    先に『航路』を読んだから、
    たぶん何かに収束していくのではないかと期待し、
    それ以上に動きだしは遅いけど、
    ドンドン引き込まれていく加速感、上巻は★3つだが、
    下巻で★は増えるのか?

  • 2054年のオックスフォード大学では、開発されたタイムトラベル技術を歴史研究に利用している。女子学生キヴリンは現地調査のため、飢餓と疾病が蔓延する14世紀にタイムトラベルするが、キヴリンを現地に送り届けた技術者が未知の病に倒れ、キヴリンが無事現地に到着したか確認できなくなってしまう。キヴリンの非公式指導教授のダンワージーは、彼女の安否を確認すべく奮闘するが、未知の病が次第にオックスフォードを覆ってしまい… 一方、キヴリンは14世紀に到着するも原因不明の病に倒れてしまう。現地人の看護により一命を取り留めた彼女は、もとの時代に戻るために出現地点を目指すが…

    全2巻。終盤までは、物語は遅々として進みません。張り巡らされた問題は何一つ解決しないまま、ただいたずらに時が過ぎるばかりで、とにかくもどかしい気持ちでいっぱいになります。とはいえ、退屈というわけではありません。なんといっても「ひとの話をきかない登場人物」の多いこと多いこと。読中、何度も殴ってやりたい衝動にかられるぐらいで、こういった憤りやキヴリンと現地人の交流を微笑ましく思いつつ、読み楽しんでいきました。

    終盤以降は、これまでの鬱屈を爆発させるかのような怒涛の展開をみせ、一気にクライマックスまで突き進みます。ただ、この怒涛の展開は決して気分が晴れ晴れするものではないのです。ダンワージー側は悲惨さの割りにお気楽な展開でしたが(メアリが可哀相だ)、キヴリン側は違います。14世紀を襲った黒死病を目の当たりにし、現地人を助けるべくあがき苦しむも訪れるのは歴史の惨劇のみ。読んでいるこちらが悪寒を感じる展開で、彼女がのこした記録(ドゥームズデイ・ブック)の淡々とした描写が悲惨さを助長させました。歴史は変えられないというのが、この世界の鉄則であるだけに、「みんなとっくに死んでるんだ。そう考えても、とても信じられなかった」「どうかロズムンドを死なせないでください。どうかアグネスを感染させないでください」といったキヴリンの言葉が胸を刺します。

    先日読んだ著者の短編集がコミカルな内容だっただけに、落差が激しかった… 過去も未来もパンデミックが発生しており、時代の危険度合いは普遍的であるのかもしれませんが、それでもキヴリン側の描かれ方が悲惨かつ迫真であっただけに、歴史の冷酷さを感じる物語でした。

  • 上巻は読む必要なし。冗長すぎるよ!<br>
    上巻は本当に、21世紀側はウイルスによる隔離騒ぎだけだし、14世紀側はほとんどキヴリン倒れっぱなしだし。<br>
    SFというわりにはネット理論とか全然出てこないので読みやすいといえば読みやすいけれど、このタイムトラベル以外は全然未来っぽくありません。<br>
    携帯電話もなくて、連絡取るのに苦労してるし(テレビ電話になったくらい?)。<br>
    でも下巻からは一気に読めるようになります。<br>
    21世紀側ではキヴリンが手違いで黒死病(ペスト)の時代に送り込まれたことが判明し、14世紀側では実際、黒死病患者がキヴリンの助けられた村に襲い掛かります。<br>
    つか、このへんは読んでいて辛かったです。<br>
    キヴリンが面倒を見ていた幼い少女も、そして田舎神父と領主の姑に馬鹿にされていたけれど最期まで信仰と己の勤めを忘れなかったローシュ神父も皆、恐ろしい病に倒れてしまいます。<br>
    ローシュ神父はキヴリンを神が遣わした聖人だと思っていましたが、彼こそが本当の聖人でした。<br>
    ローシュ神父の魂の安からんことを。

  • オックスフォード大学の歴史学科が舞台の話。
    熱血的歴女のキヴリンは周囲の反対をものともせず、魔女狩りとペストが猛威をふるう中世イギリスに行きたがっていた。
    そして、彼女の指導教官である中性史学科の教授(無知で無能で傲慢)はロクな予備調査もせずにキヴリンを中世へ送り出してしまう。
    キヴリンを送り出した直後、現代に謎の伝染病が広まる。
    そして中世に降り立ったキヴリンも体調を崩して現代に戻るための降下点が分からなくなり…的な。

    はい。
    コニー・ウィリスのタイムトラベルシリーズです。
    今書いたあらすじだけで上巻をまるまる使い切りました。
    下巻になって話は進むのか!?
    乞うご期待。

  • 2018/05/27読了

  • 学術的な目的で過去に時間旅行が可能な世界の話。
    21世紀のオックスフォード大学と、過去にいったギブリン(女学生)との話が並行して進む。
    21世紀の話には、冒頭から登場人物が入り乱れて、彼らの関係や立ち位置などがほとんど頭に入らないまま、がまんして読み進めると、なんとかメインのストーリーが見えてくれる。そうなるとだんだん面白くなる。

    それにしても、個人と連絡を取るのに固定電話に画面がついた装置を利用するという時点で、書かれた時期が相当前なのだろうと思った。確認したところ、1992年に出版ということが判明。1980年代には自動車電話が利用されていたらしいことを考えると、携帯電話などの発想があってもよかったかも。

    技術者バードリの病状は?ギブリンは21世紀に戻れるのか?下巻が楽しみである。

  • ウィリスの感動作 読むべき一冊である
    表紙   6点田口 順子(旧作) 大森 望訳
    展開   7点1972年著作
    文章   7点
    内容 800点
    合計 820点

  • タイムトラベルが可能になって数年の2056年クリスマス。中世史科の学生キブリンが1320年への調査行に挑む。

    到着直後から原因不明の発熱に襲われるキブリンと、突然のインフルエンザ蔓延に半ばパニックになる21世紀が同時に進行するパンデミックタイムトラベルSF。

    一言で言うと冗長。
    古典海外SFにはありがちな描写の多さだなと思っていたけど1992年の作か…。
    物語の進行を妨げるものがないとお話を作ることはできないが、この作品ではそれが話を聞かない人間と、話が通じない人間と、原因不明で故障する翻訳装置、それに(携帯電話登場以降発刊の未来舞台作なのに)有線電話が混み合ってキーパーソンと連絡が付かなかったり、人物がどこにいるかわからなかったり。
    非常にストレスがたまる。

    タイムパラドックスを避けるギミックもいまいち納得いかないなー。
    パンデミック物に特有の緊張感を期待すると失望する。

    中世の生活描写は言葉数が多くても興味深く読める。
    上巻終盤になって話が進んできて、やっと面白くなってきたかも。
    著者の評判が良いのでもう半分付き合ってみよう。

  • SF小説とサスペンス小説と歴史小説とが渾然一体でとても美味しく面白い。時間旅行が衛星の打ち上げ程度のことになれば、過去を観察するために大学の研究機関でこんな風に使われるのかも。送り出した側でのトラブルと送られた先での悲惨な状況とが、キヴリン嬢の記録を挟んで交互に描かれる構成はとても上手い。

  •  すごくじれったいというか、お話が進まなくてもどかしいなーと思うところが多かった。

全51件中 1 - 10件を表示

ドゥームズデイ・ブック(上) (ハヤカワ文庫 SF ウ 12-4) (ハヤカワ文庫SF)のその他の作品

ドゥームズデイ・ブック(上) Kindle版 ドゥームズデイ・ブック(上) コニー・ウィリス

コニー・ウィリスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コニー ウィリス
カズオ イシグロ
コニー ウィリス
ジェイムズ・P・...
有川 浩
米澤 穂信
グレッグ イーガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ドゥームズデイ・ブック(上) (ハヤカワ文庫 SF ウ 12-4) (ハヤカワ文庫SF)に関連する談話室の質問

ドゥームズデイ・ブック(上) (ハヤカワ文庫 SF ウ 12-4) (ハヤカワ文庫SF)を本棚に登録しているひと

ツイートする