ファウンデーションの勝利(上) 新銀河帝国興亡史3 (ハヤカワ文庫 SF)

  • 早川書房
3.68
  • (5)
  • (3)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150114824

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ファウンデーションの勝利(上) 新銀河帝国興亡史3 (ハヤカワ文庫 SF)

  • どうもね。違和感があります。
    アイザック・アシモフ(およびその時代)のSFの特徴は「未来はきっと良くなる」的な野放しのオプティミズムにあり、それが私の大好きなところなのですが・・・。
    この作品(ブリンの解釈)でセルダンが目指したものは、第一に"安定"で有ったように描かれます。そして放埓的な進化"文芸復興"はそれを阻害する物として、潰されていきます。そこにはそれなりの理由付けがされているのですが、なんだか納得できません。
    又、訳文も好みではありません。"文芸復興"は途中で"ルネッサンス"であると気がつきましたが、どうも無理やりに漢字化しているように思えるのです。
    と言うわけで、かなり苦戦を強いられつつの読了でした。

  • 最後にブリンのファウンデーションが読めるのもいい
    表紙   7点生頼 範義   矢口 悟訳
    展開   7点1999年著作
    文章   7点
    内容 770点
    合計 791点

  • うーん、焚書して(知識を捨てて)、瞑想に生きるか……。
    そして、多分、それが、ゲイアに続いていく。

    でも、アシモフならば、決して知識を抑圧する方向には、動かなかったはずだと思ってしまう。

    でも、そのアシモフだったらという部分を除いてみてみると、3部作中でも、1番おもしろく完結編にふさわしい物語のような気がします。

    だいたい、アシモフ自体が、ゲイアにどうしても思い入れることができなかったような気がします。
    「ファウンデーションと地球」の時点では、たしか、保留になっていたのかな。

  • レビューは下巻。

全7件中 1 - 7件を表示

デイヴィッド・ブリンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
ジェイムズ・P・...
アイザック・アシ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ファウンデーションの勝利(上) 新銀河帝国興亡史3 (ハヤカワ文庫 SF)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×