秋の星々の都 [永遠の戦士フォン・ベック2] (ハヤカワ文庫SF)

制作 : 佐伯経多&新間大悟  小尾 芙佐 
  • 早川書房
3.13
  • (0)
  • (5)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (672ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150116613

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 解説にある通り、前半はファンタジーというよりピカレスクロマン。最初から幻想世界を期待して読み始めると、聖杯探索に乗り出す中盤までが長いです。「永遠の戦士」シリーズの中でも異色作。そして、ルニャール卿はやはり可愛らしい!

  • けっこう分厚い1冊です。
    「永遠の戦士 フォン・ベック」シリーズの2冊目。とかいっても、主人公は、1巻目のフォン・ベックではなくて、マンフレッド・フォン・ベックという、1巻目の主人公の子孫です。

    で、主人公も違うのですが、物語の質も、なんか1巻目と全然違う感じなんですが……。

    1巻目は、いきなりルシフェルが出てきて、かなりストレートなお話でした。でも、この2巻目は、かなりまどろっこしいです。
    偽史をずっとかいているのですが、このあたりは、わたしは知識がないので読み取りきれいないと思います。だから、もしかすると、知識がある人は、ここにファンタジーを感じるのかもしれませんが……わたしにとっては、ずーーっと、ファンタジー的な要素がみえてこないのです。
    もう、この厚い本のまん中ぐらいまで、普通の歴史小説みたいなかんじです。

    だから、クロスターハイムが出てくるあたりまで、なんかお話が動き出す感じがしなくて……。おもしろくないわけではないのですが、まどろっこしくて、なにが言いたいのかわからないという……。

    いやでも、「ストームブリンガー」から後のエルリック・サーガとかも、こんな感じだった気がします。

    象徴を読み解くには、それ相応の知識と知性が必要ですねぇ。わたしには、明らかにそれが足りていない感じです。

    でも、足りてないところを自分勝手に想像して、こねくりまわすのも、楽しいのですが。

    うーん、難しい。

  • つまらなかった。長さにうんざり。後期?のムアコックは全く性に合わず。

全3件中 1 - 3件を表示

マイクル・ムアコックの作品

ツイートする