パームサンデー ―自伝的コラージュ― (ハヤカワ文庫SF)

  • 早川書房
3.68
  • (4)
  • (7)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 105
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150116972

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 氏の講演やエッセイを収めたものだが、驚くほど身辺のことを率直に語ったりしており、まさに「自伝的コラージュ」。しかし、仕事の種類が雑多でこんなに色んな講演の仕事受けてたのね、と。(その理由も後半で語られるのだけど)。
    前作のエッセー集が氏のユーモアやペーソスを滲ませながらも氏のフィクションより(個人的には)すごく率直に同時代を語られていたと感じて感銘を受けたんだけど、今作はより氏自身のことが語られているような気がして、貴重だな、と思いつつ、前作の方が好みかな。

  • パームサンデー ―自伝的コラージュ― (ハヤカワ文庫SF)

  • 2015/12/4購入

  • ヴォネガットの再装丁・再販シリーズ。
    これでようやくだいたい揃ったかな。

    2009年2月購入。

  • おもしろくなかった。
    小説から入るべきです。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1922-2007年。インディアナ州インディアナポリス生まれ。現代アメリカ文学を代表する作家。代表作に『タイタンの妖女』『母なる夜』『猫のゆりかご』『スローターハウス5』『チャンピオンたちの朝食』他。

「2018年 『人みな眠りて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カート・ヴォネガットの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×