最後の星戦 老人と宇宙3 (ハヤカワ文庫SF)

  • 早川書房
3.94
  • (20)
  • (50)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 274
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150117160

作品紹介・あらすじ

コロニー防衛軍を退役したジョン・ペリーは、植民惑星のハックルベリーで、ゴースト部隊出身の妻ジェーンと養女ゾーイとともに平穏な日々を送っていた。だが、ある日、思いもよらない要請を受ける。かつての上司リビッキー将軍から新たな植民惑星ロアノークを率いる行政官になってくれと頼まれたのだ。やがて、ジョンは新たな戦いに巻きこまれていくが…『老人と宇宙』のジョンがふたたび大活躍するシリーズ、第三弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コロニー連合(人類)とコンクラーベ(四百を超える多数の種族の連合体)。宇宙を舞台とした二大勢力の植民地争奪抗争に巻き込まれたジョン・ペリーとその妻ジェーン、養女ゾーイ。

    十のコロニーからそれぞれ二百五十名ずつ集めて新しい種コロニーを作るプロジェクト、植民惑星ロアノーク。新しいコロニーを指導する中立な指導者として白羽の矢が立ったジョンとジェーンは、ゾーイとともにロアノークに移住することとなったのだが…。

    突然見舞われた、予想だにしないトラブル。正確な情報を与えられないままに捨てゴマとして危険に身を晒すこととなるロアノークの住人たち。住人たちから充分な信任が得られない中で、危機を乗りきるため奔走するジョンとジェーン。コロニー連合とコンクラーベ、一体どちらが正義なのかもよく分からない中、ロアノーク生き残りのために二人が下した決断は…。

    壮大な物語だった。民主的な手続に拘る二人の政治手法には、民主主義の原点のようなものを感じた。

    第四巻は、第三巻の物語をゾーイの視点で描いたもの、とのことなので、こちらも読んでみたい。

  • 他の惑星を植民地にする人類。宇宙にはたくさんの部族が存在する状況で、あたかも全宇宙を支配するかのように振る舞うコンクラーベ(地球で一般的なコンクラーベとは異なる)。ジョン・ペリー(かつて緑色の肌で戦った老人兵士)とゾーイを含む者たちは、新しいコロニーに入植するが、そこにコンクラーベの魔の手が伸びてくる。さて、この危機をどう乗り越えるか。状況が二転三転するのはエンタメ小説の定石なので、素直にストーリーを堪能しよう。コンクラーベの本当の姿やポリシーに翻弄されながら、先を想像するのが楽しい。さて、本作品は「老人と宇宙」シリーズの完結編となるらしい。とはいえ、続編があるので、引き続き読んでいきたい。

  • 元ヨメと。もう戦争はいいよ!と引退したのに、どえらい渦中に!これでシリーズ終わったかと思わせられた第3作。

  • やっぱジョンが主人公だとおもしろい。
    ユーモアのある人だから。

  • ジョン・ベリー再来。さすが、ヒューゴー賞候補。息もつかせぬ面白さだ。ブレイン・パルが欲しい。

  • 最後までどんな決着がつくのか、予想できなかった。このシリーズ、おもしろい。
    ただ、入植した惑星の先住の知的生物についての伏線が回収されてなかったような…

  • ここまでで「老人と宇宙」シリーズは
    止めておいてよかった気がする。

  • シリーズ2を手にとってパラパラと見たら1とは全然登場人物が違う。毎回違うステージの話なのかと思ったらそうではなく、1と3は同じというので2を飛ばしてこちらを読んだ。結論から言うと2を全然読んでなくても支障はない。2の話が3に出てきているのかどうかはわからないレベル。
    ジョンは家族とともに行政官として植民惑星ロアノークへ向かう。ロアノークへ向けて宇宙船はジャンプを終えたが、到着した惑星はロアノークではなかった。仕組まれた間違いには何が隠されているのか。
    『月は無慈悲な夜の女王』が、アメリカ人にとって独立戦争を想起するものだというが、こちらのこの話もそういう含みがあるんじゃないかと思った。ただ、植民者が全員で武器を取って立ち上がるのではなく、主人公とその周辺の人たちが、であるが。
    最後まで飽きずに読めたが、SFとしては政治的陰謀の謎解きの比重が重すぎるかな。ただ、これで終わりと書いてあるが続きがあるのよね。ははは。とりあえずその前に2を読まねば。
    おまけ。ヒッコリー&ディッコリーの名前にはやや特別なニュアンスがあるようなことが文中に書かれていたが、マザーグースの歌に出てくるねずみの名前で、歌には時は金なりの意味があるとか。いまひとつピンときませんでした。

  • 面白くなってきた、続きがあるのが楽しみになってきた
    表紙   5点前島 重機   内田 昌之訳
    展開   6点2007年著作
    文章   6点
    内容 660点
    合計 676点

  • 放題と表紙が陳腐すぎてリアルな本なら購入しないが、前作までが面白くキンドルで勢いで購入し、一日ですぐ読了した。
    異星人とのコミュニケーションがそんな簡単に行くはずはねえだろ!という突っ込みはともかく、エンタメとしては面白かった。

全23件中 1 - 10件を表示

ジョン・スコルジーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロイス・マクマス...
カリン ロワチー
デイヴィッド ウ...
小木曽絢子
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×