彷徨える艦隊3 巡航戦艦カレイジャス (ハヤカワ文庫SF)

  • 早川書房
3.73
  • (10)
  • (29)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 187
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150117214

作品紹介・あらすじ

予想外の針路をとることでシンディック軍司令部を翻弄することに成功したアライアンス艦隊。バルター星系では、ギアリーの用兵によりあまりにも自軍の損害が少ないことに混乱した自動兵站システムの誤作動で原料の不足という思わぬ事態に陥るが、補給物資の強奪にも無事成功。次々に転移する星系で敵艦隊を撃破し、まさに順風満帆に思われた。だがその行く手には、艦隊を壊滅の危機に陥れる怖るべき罠が待ち受けていた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 原書名:THE LOSTFLEET COURAGEOUS

    今回は大きな戦闘が行われ息つく展開です。敵の罠である大軍と接触した艦隊。ギアリーは自信を喪失し職務放棄を考え出します。そこに慢性的な兵站問題。ギアリーと艦長同士の衝突。ギアリー周辺に飛び交うありがちな噂。そして異星人の影。艦隊は敵を振り切る活路を見出せるのか?

    著者:ジャック・キャンベル(Campbell, Jack、アメリカ、小説家)
    訳者:月岡小穂(翻訳家)

  • 借りてきて一日で読み終わった。
    続きが気になるが、図書館の予約枠は今空きが一つでまとめて借りられない状態。つうことで、途中からだけどKindle版に手を出すかな。

  • シリーズ第三弾 だんだんと面白くなってきた
    表紙   5点寺田 克也   月岡 小穂訳
    展開   5点2008年著作
    文章   5点
    内容 530点
    合計 545点

  • 物語性の強いスペースオペラ。敵地深くから故郷を目指して生還を図る艦隊のお話。

    表紙イラストのせいで軽薄な雰囲気を醸し出しておりますが、艦隊を率いる提督ギアリー大佐の苦悩が描かれ、リーダーシップものとして読むことができます。

    部下デシャーニと、前任の提督のマネジメントスタイルについて語る場面。

    〈引用〉
    「ブロッホ提督は、つねに宙兵隊の指揮官を画面に呼び出しておられました」デシャーニが小声で言った。「提案や意見を出すのが好きで、質問にすぐ答えられなければ気に入らないたちでした」

    「冗談だろう?」
    デシャーニが首を横に振ると、ギアリーは短く笑った。
    「それに比べれば、わたしは、まだましということか」

    それにしても、任務のあいだじゅう上官に画面で見張られ、戦闘に向けるべき集中力をそがれつづけるなんて、考えただけでぞっとする。
    〈引用ここまで〉

  • 補給問題、やっかいな反対者、プライベートのごたごた……相変わらずトラブル続きだが、敵が慎重な戦い方に方針転換をしてきたのが一番の問題だろう。大打撃を受け、反撃に転じるラストが強い引きになってる。

  • 前半、大佐は、ほらほらいわんこっちゃない的な状況に悩んでいてちょっと情けない。ところが、5分の4を過ぎたあたりで急展開。戦争ものによくある(といってもおとしめているわけではないです)話に「うっ」とうめき、あの人に思いがけない魅力を発見し、そして「謎」の異星人の存在のクローズアップに期待が高まり、前の2巻よりももっと「続く!」という終わり方。
    期待が持てます。
    さて、3巻まで読んで気付いたこと。戦いのシーンの時間感覚が、昔の帆船時代のものに酷似。宇宙空間が広大過ぎて、敵を視認してから接触まで数時間から数日。よくできています。
    あ、それから、冒頭に艦隊の構成、艦名の表あり。すでに艦名が大混乱(ついでに艦長が男だと思っていたら女性だった、あるいはその逆もあって、やや混乱)していたのでまあ、助かりました。「まあ」というのは、とてもおぼえきれないので、きっとこの先も混乱しそうなので。

  • スペースオペラの名を借りたリーダーシップ論(そうなのか?)第3弾。

    的の裏をかきながら逃走を続けるギアリー大佐。通常よりも少なく被害でいることによる、思わぬ障害(なるほど自動補給システムの穴だな)や、複雑な女性との間に挟まれて難問を抱え込んだりと、外だけではなく内側の問題にも対応しなければならない。

    がんばれ中間管理職!

  • 補給、兵站、会議などの地味で重要な部分をずいぶんときちんと描く。社会人経験のある大人ほど面白く感じるのでは。

  • 6巻まで読んでしまいました。読了です。
    6巻はシンディック→異星人と盛りだくさんでちょっと駆け足のような気もしますが、終了します。続編もそろそろ和訳が出るようなので楽しみです。
    今年読んだ中で一番面白かったかな。

  • -

全14件中 1 - 10件を表示

ジャック・キャンベルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小木曽絢子
ジェイムズ・P・...
カリン・ロワチー
有効な右矢印 無効な右矢印

彷徨える艦隊3 巡航戦艦カレイジャス (ハヤカワ文庫SF)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×