《ソル》破壊工作 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-449 宇宙英雄ローダン・シリーズ 449)

制作 : 工藤 稜  赤坂 桃子 
  • 早川書房
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150119027

作品紹介・あらすじ

軽巡から小惑星シャルルマーニュの偵察に向かったソラナーたちがおちいった危機とは?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ローダンシリーズ449
    ハイヌの話
    表紙   5点工藤 稜   赤坂 桃子訳
    展開   5点1978年著作
    文章   5点
    内容 500点
    合計 515点

  • 前半はアンスク人の星にロルビックとタッチャーハイヌの登場でソルナーとの絡みの話であった。 アンスク人はありのような生活様式でパンータウーラのアンスク人とも通じ合えるようでそれが今後のローダンの活躍に関係するかもというところで終わり。 
    後半はソルの中で行った破壊行動が実はソルナーの子供が起こした事件だと言う、本筋とは関係のない話ですね。
    まあ、つなぎとしては問題なしでもあまり面白くはなかった。次は本筋の方に戻ることを期待して。

全2件中 1 - 2件を表示

H・G・エーヴェルスの作品

ツイートする