変種第二号 (ハヤカワ文庫 SF テ 1-24)

  • 早川書房
3.91
  • (11)
  • (19)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 231
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (509ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150119508

作品紹介・あらすじ

全面戦争後、荒廃した地球を舞台に描く表題作ほか、戦争テーマSFの傑作全8篇を収録

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • フィリップ・K・ディックの短編集。
    学生時代は夢中になって読んだが、久々に再読。

    本書は新しく編纂した戦争をテーマにした短編集ということで、自分が覚えていたのは表題作の『変種第2号』だけ。
    でもやっぱり面白いな~。
    SFのすべての古典がここにあるっていう感じだよね。

    SF好きにはディックの短編集はたまらないよ。

  • 本を読んだ時の印象はその時の自分の置かれている状況や精神状態で変わるから面白い。
    組織に所属していて人間関係に悩んでいれば、信じられる人は誰なのか?といったことが常に気に掛かっているかと思えば、自然の中で働いていたり遊んだリしているときはその迫力に圧倒されて人間関係の悩みなんかは小さなものに思えてしまう。
    今は自然の中で働いているから、自然の迫力に圧倒されていてフィクションが作りもの染みて見えて魅力半減となるタイミングだ。そんな時にディックを読んでしまったから、かなり偏った感想にもなる。さすがのディックの問題提起も心に響きにくかったけれど、これは本の感想というより自己診断テストの結果だな。これもある意味ディック的か。
    また別の機会に読み返してみよう。

  • 戦争物が多いが、
    オチが面白い作品が多かった。

    表題作品は、
    映画「スクリーマーズ」の原作ということもあり、
    映画と合わせて読んだら、
    さらによかった。

  • 映画「スクリーマーズ」「NEXTーネクストー」の原作短篇を収録した短篇傑作選。「スクリーマーズ」として映画化された表題作<変種第二号>が傑作すぎてこれだけで☆5!ホラーなみの迫る恐怖感と募る緊張感がハンパない。ページをめくる手が止まらなくなった。人類vs機械(AI兵器)という世界観は<ジョンの世界>ともつながっており、こちらはタイムパラドックスについて古典的ではあるがワクワクさせられる展開。AIの恐怖を感じる作品が多い中、「NEXTーネクストー」の原作である<ゴールデン·マン>はミュータントの危険を描き、これもSFらしいテーマ。本書も星新一っぽい短篇がいくつかあり、作品ごとの温度差が大きいが、戦争を扱ったものを集めたとのこと。

  • ジョーンズの世界を読みたくて、藤子っぽかった

  • やっぱりディックいいわー(^_^)

  • 1953年から56年にかけて発表したもの8編と1987年発表の1編の9編を収録。
    本邦初約が1編と新訳2編が含まれます。
    ゴールデン・マンは新訳なのですが、随分と面白い話で、旧訳と読み比べてみたい気もします。

  • PKD短編傑作選の第四弾。
    ほとんどの作品は他の短編集で読んだことがあった。

    表題作の『変種第二号』はなかなか面白かったが、どう考えても怪しいのに主人公がそれを見破れなかったというのが釈然としなかった。
    映画「スクリーマーズ」もこれから観るつもり。

    第五弾は七月に出るらしいので楽しみだ。

  • しまった。昔読んだ短編集に収録されている話がほとんどだった。
    相変わらずさらっと読めておもしろいけど。お金もったいなかった。。

全9件中 1 - 9件を表示

フィリップ・K・ディックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊藤 計劃
フィリップ・K・...
フィリップ・K・...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×