重力警報 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-490 宇宙英雄ローダン・シリーズ 490)

制作 : 工藤 稜  嶋田洋一 
  • 早川書房
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150119904

作品紹介・あらすじ

物質の泉を求めて宇宙をさまよう最後の強者ケモアウクは、謎の巨大構造物を発見した!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ローダンシリーズ490
    ケモアウクは結局必要だったのか・・
    表紙   5点工藤 稜   嶋田 洋一訳
    展開   5点1980年著作
    文章   5点
    内容 500点
    合計 515点

  • とうとう、ケモアルクが人工生物であったことがわかり、自己否定と、自己破壊がおきそうなところで、深淵の騎士になりそうだったライレのような、サムカーの助けにより、物質の泉の彼岸にまあ、日本的に言うと成仏したのか、行っておわった。
    後半はローダンが物質の泉の中に向かおうとして、そこでライレが物質の泉の彼岸にローダンとアトランを連れて行くところで終わる。まだまだ先は長い。

全2件中 1 - 2件を表示

ペーター・テリドの作品

重力警報 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-490 宇宙英雄ローダン・シリーズ 490)を本棚に登録しているひと

ツイートする