もののあはれ (ケン・リュウ短篇傑作集2)

制作 : 伊藤 彰剛  古沢 嘉通 
  • 早川書房 (2017年5月9日発売)
4.00
  • (12)
  • (21)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 160人登録
  • 22レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150121266

作品紹介

第一短篇集『紙の動物園』を二分冊した2冊目。ヒューゴー賞受賞作の表題作など、心揺さぶる全8篇を収録した短篇傑作集第二弾。

もののあはれ (ケン・リュウ短篇傑作集2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ケン・リュウの短篇傑作集は「紙の動物園」と「もののあはれ」の全2巻計15篇を収録。どちらかというとファンタジー寄りな第1巻「紙の動物園」では、ヒューゴー賞/ネビュラ賞/世界幻想文学大賞の3冠(史上初!)に輝く表題作を収録。感傷的過ぎると思われる方もいるかもしれませんが、息子に対する母の愛はどうしても心を強く動かされるもので、何度読んでも泣いてしまう自信があります。
    さて、「紙の動物園」を読んでいて強く感じたのは、作者がアジア人であるということ。つまり、欧米中心の世界におけるアジアの立ち位置や東洋文化といった「アジアらしさ」をうまく物語の中に取り込んだ作品が目立ちます。表題作もそういった作品のひとつですが、個人的に傑作のひとつだと思う「結縄」は、アジアの立ち位置と東洋文化の両面を題材に、欧米人にうまい具合に利用されるアジア人を皮肉に描ききった作品で、「文字占い師」もそういった虐げられるアジア人を強く感じる作品でした。だからでしょうか、「紙の動物園」を読み終えて感じたのは、「おもしろいのだけど、なんだか後ろ向きの作風だなぁ」というもの。しかし、そんな思いも、第2巻「もののあはれ」を読んで考え直すことに。

    「もののあはれ」は、「紙の動物園」とは異なり、SF作品で構成されます。ヒューゴー賞受賞の表題作は、東洋版「たったひとつの冴えたやりかた」といってもいいかと。しかし、そこで描かれるヒーロー像は西洋のそれとは少し異なるもの。西洋と東洋をしっかり対比させて描かれるのです。「たったひとつの冴えたやりかた」の主人公コーティーは、まさに彼女個人がヒーローであるといっても過言ではないでしょう。しかし、本作の主人公である大翔は(作品中でもはっきりと明言されるとおり)ヒーローではありません。西洋と東洋のヒーロー像の違いを作品中ではチェスと碁を用いて表現していますが、「個々の石はヒーローではないけれど、ひとつにつどった石はヒーローにふさわしい」、これが本作で描かれるヒーロー像です。「紙の動物園」では自虐的ですらあったアジアらしさがここにきて素晴らしい魅力として表現されているのでした。
    本書では表題作に加え、不老不死を題材にした姉妹作「円弧」と「波」やテッド・チャンの「地獄とは神の不在なり」から着想を得た「1ビットのエラー」など、SF作品としても読み応えのある作品が続きます。そして、2巻通じて最も好きな作品となった「良い狩りを」をラストに迎える構成で、とにかくこの短篇集「もののあはれ」はとても満足できた1冊でした。
    1冊にまとめた方が良かったのでは…?という愚問はさて置き、ケン・リュウの今後の作品にも期待がもてる全2巻でした。

  • ケンリュウの短編集もう一冊。

    表題作の“もののあわれ”、
    生と死を超越していく“円弧”、“波”
    がツボすぎる。

    SFとしながらも、そこには人の普遍的な哀しさがある。

  • 短編集第二集。悠久の時間を超えた物語がいくつか。ハードSFの中に侘び寂び的なエッセンスがある。翻訳が非常に秀逸。
    熱でダルくて会社休んで昼寝しつつ読了。

  • 面白くて風情があった。SFという枠組みを最大限生かして人間の精神を描いている。
    色々な宇宙人が出てくる話と狐の話がすごくよかった。表題作も良かった。人間がどんどん進化して形を変える話は、形の変え方が2001年宇宙の旅とかぶっていたので、新鮮味が足りない。人間が液体になるとか何かしら新しいのが欲しかった。最後にナマコみたいな生き物に干渉するところは鮮烈で好き。

  • ケン・リュウさんの作品は初めて。(「紙の動物園」は表題作を読んでストップした状態)
    SFは慣れないので読むのに時間がかかった。
    全体を通して、作者が海外の方だということもあり、外国語を訳した言い回しだと感じられる箇所が多々あったけれども、文中で表される「もののあはれ」や生老病死の感覚に、日本独特の機微が込められていて不思議な感覚。

    もののあはれ
    潮汐
    選抜宇宙種族の本づくり習性
    どこかまったく別な場所でトナカイの大群が
    円弧

    1ビットのエラー
    良い狩りを

  • 年末の帰省の電車の中で読み始めたが、この年末年始、あまり本を読む気になれず、仕事も忙しく、年跨ぎも年跨ぎ、今年の一冊目がこの時期になってしまった。
    まあ内容も深くてサクサクと読むという感じでもなかったしなぁ。
    「もののあわれ」年の瀬に良いものを読んだ。日本的な佇まい、日本人が秘かに誇りとするような心の持ちようが、無音の宇宙で発露する。このような作品を、日本人でない人がこうまで見事に描いたことが衝撃。
    「円弧」「波」死ぬことが必然と思っている人生に対し、死なないという選択肢が出てきた時、人はどういう選択をするのだろう…。なかなかに心揺らぐテーマの物語が、宇宙的スケールと時間の流れの中で最先端のテクノロジーと神話的語り口を持って語られる。哲学のように深淵で、作者の意図するところを十分に掴めたとは思えないが。
    「良い狩りを」こちらは民話のようなお話が、これまたテクノロジーが驚きを与える。訳者あとがきに“「転調」の魅力に尽きる”とあるが、正にその通り。

  • 中国系作家のSFが、最近「来てる」感じになりつつあります。本作のケン・リュウも、中国出身米国暮らしのSF作家。日本で紹介されて以来、各所で絶賛され、今や芥川賞作家の又吉直樹氏が帯の推薦文を書くといった話題性もあって、SF者の間では結構なブームになっています。
    鴨もSFマガジンで「良い狩りを」を読んで(「もののあはれ」収録)、面白い作風の作家だなぁと思っておりました。遅ればせながらこうして短編集としてまとめて読んで、なるほどこれは日本人受けするだろうなぁと感じました。端正で抑制が利いた筆致で描き出される、切なくて心に沁み入る人々の心の交流。一応SFとして紹介されてはいますが、ジャンル分けに縛られること無くもっと幅広い意味で「物語」として捉えていい作風だと鴨は思っています。SF摺れしていないフツーの人が軽い気持ちで読んでも、十分読み応えがあります。

    ・・・が、SF摺れしてしまった鴨にとっては、正直なところちょっとした「あざとさ」を感じてしまうところもないわけではなく・・・。
    語弊を恐れずに言わせていただけるなら、「あぁ、ここで感動させようとしているなぁ」とわかってしまう押し出しの強いセンチメンタリズムとでも言いましょうか。好きな人はそこがたまらないんでしょうけれど、鴨には残念ながら鼻に付いてしまって、ちょっと引きながら読了いたしました。
    良くも悪くも、アジア的な作風なのだと思います(個人的な見解ですので、もちろん反論があることは承知しております)。アジア的な作風、嫌いではないんですけど、作者に寄ってイメージが全く異なるのが興味深い。ケン・リュウの作品は、今後どう展開するのか追い続けて行きたいと思います。

  • SF短編集…といえばそうなのだが、どれも奥深い。
    著者自身の「中国人」なのか「アメリカ人」なのか「日本人」なのか、自分のルーツへの根本的な問いかけが、どのストーリーにもあふれている。
    「地球人」なのか「宇宙人」なのか、「肉体のある人間」なのか「肉体のない機械」なのか、そして「寿命のある生き物」なのか「寿命のない存在」なのか。
    カズオ・イシグロ的な感じもするし、手塚治虫の「火の鳥」的な感じもする。

    いや、この感じは、これから先ずっと「ケン・リュウ的な感じ」と言われ続ける世界なんだろうな。

    どれが好きか…と言われると難しいけど、私は「波」かな。

  • オンライン参加:山内さん。

  • もともと単行本版「紙の動物園」と合わせて一冊だったものを2冊に分割した文庫版のうちの「SF編」だが,文庫版「紙の動物園」(ファンタジィ編)の方が自分には合ってたかな.作者が元プログラマーのためか,人間が進化して肉体を捨てた話が多いのだが,それが性に合わなかったのかも.

全22件中 1 - 10件を表示

ケン・リュウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
米澤 穂信
ハーラン・エリス...
米澤 穂信
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

もののあはれ (ケン・リュウ短篇傑作集2)を本棚に登録しているひと

ツイートする