銀河の壺なおし〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)

制作 : 土井宏明  大森望 
  • 早川書房 (2017年10月19日発売)
4.00
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150121501

作品紹介

壺なおしを職業とするジョーのもとに、シリウス星系から奇妙な依頼が届いた。ディック的モチーフに溢れた幻の長篇、待望の新訳版

銀河の壺なおし〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 質問や命令に対して「ウィリス○○しろ」
    というルールを頑なに守ろうとしながら
    人間(状況)に合わせて、苛立ちながら妥協したり、
    実は□□になる夢を持っていたり、脇役ながら光る。
    まさにいま「OKグーグル」で反応する世界を予言。
    葛藤があるあたり、当時は違ったかもしれないが
    現在からすると風刺・パロディーの様でクスリとする。

    で、物語自体は、色とりどりだが
    ぶっ飛んだところも少なく、薄味な印象。
    何もすることはなく、体制に生かされているだけの
    どん底の人間が、何かに必要とされ、そのなかで
    他人が敷いたレール:予言に抗い、
    自分を見つめなおした先にある再生が
    結局のところラスト一文の今回の日本語訳に
    落ち着くのだろう、と私は(解説を読んで)思う。

    いや、もしかするとそれすら他言語への翻訳を
    もういちど元の言語に訳したゲームの結果
    でしかないのかもしれない。

  • 楽しい!ある意味ナンセンス。
    Wikipediaを見ようとして通信制限にかかるとか、機械翻訳の再翻訳誤謬ゲームもそうだし、OK, Googleって言わないと反応しないAIみたいなのとかなんで’60年代に思いつくのか。しかもそのチョイスが微妙すぎる。

  • おー、確かにセリフが違うぞ。
    旧訳より読みやすく感じたのは、既にストーリーが頭に入っていたからか、自分が年取ったせいなのか、訳者の優劣かは謎。

全3件中 1 - 3件を表示

銀河の壺なおし〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)のその他の作品

銀河の壺なおし〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF) Kindle版 銀河の壺なおし〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF) フィリップ・K・ディック

フィリップ・K・ディックの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィリップ・K・...
ジェイムズ・P・...
ピエール ルメー...
フィリップ・K・...
フィリップ・K・...
有効な右矢印 無効な右矢印

銀河の壺なおし〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)はこんな本です

ツイートする