草を結びて環を銜えん (ケン・リュウ短篇傑作集4)

制作 : 伊藤 彰剛  古沢 嘉通  市田 泉 
  • 早川書房
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150122362

作品紹介・あらすじ

揚州虐殺のなかを生きた遊女を描いた表題作、満州で巨大熊を捕獲しようとした探検隊が出会った悪夢「烏蘇里羆(ウスリーひぐま)」など全7篇を収録

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 翻訳によるところがあるのかもしれないが
    物語全体にしっとりした質感・湿感がある気がする。
    それはけっしてジメジメしたものではなく
    現実の世界、原色にベールをかけて、
    おとぎ話的に装飾し、こころを落ち着かせる潤い。

  • 今読むケン・リュウの本は少女時代に読んだスタージョンだったり、光瀬龍だったりを思い起こさせる。
    単純に楽しいってのじゃない、楽しさっ(語彙不足

  • SF作家ケン・リュウが語る、テッド・チャン、テクノロジーを描くこと、異文化をつなぐSFの力|WIRED.jp
    https://wired.jp/2017/05/20/ken-liu/

    早川書房のPR
    ケン・リュウ傑作短篇集4
    揚州虐殺のなかを生きた遊女を描いた表題作、満州で巨大熊を捕獲しようとした探検隊が出会った悪夢「烏蘇里羆(ウスリーひぐま)」など全7篇を収録
    http://www.hayakawa-online.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000014239&search=%A5%B1%A5%F3%A1%A6%A5%EA%A5%E5%A5%A6&sort=

全3件中 1 - 3件を表示

ケン・リュウの作品

ツイートする