危険なヴィジョン〔完全版〕 3 (ハヤカワ文庫SF)

制作 : ハーラン エリスン  Harlan Ellison  浅倉 久志 
  • 早川書房
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150122430

作品紹介・あらすじ

スタージョン、スラデック、ラファティ、バラード、ゼラズニイ、ディレイニーらによる14篇を収録の巨大"思弁小説"アンソロジー

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1,2よりも面白かった。
    『男がみんな兄弟なら、そのひとりに妹を嫁がせるか?』
    『代用品』
    『行け行け行けと鳥は言った』
    『幸福な種族』
    『政府印刷局より』
    『破壊試験』
    『カーシノーマ・エンジェルス』
    が印象に残った。

  • 全3巻纏めて。
    1巻だけ邦訳が出て、その後、中絶していたアンソロジーがとうとう全3巻で刊行。
    流石に時間が経ち過ぎていることもあり、現代的な意味で『危険なヴィジョン』かどうか……ということについては、異論が出そうではある。実際にどうしても古びた感じがする作品もゼロではなかったのだし。だからといって、じゃあつまらないのか? と言えばそれは別で、特に不満も無く楽しめるアンソロジーだった(解説では2巻が一番出来が良いと言われていたが、私としては3巻を推したい)。

全2件中 1 - 2件を表示

危険なヴィジョン〔完全版〕 3 (ハヤカワ文庫SF)のその他の作品

危険なヴィジョン〔完全版〕 3 (ハヤカワ文庫SF)を本棚に登録しているひと

ツイートする