無限コンチェルト (ハヤカワ文庫FT)

  • 早川書房
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 40
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (570ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150201043

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  詩人を志す16歳の少年マイケルは、
     ふとしたことから異世界に迷い込んでしまいます。
     妖精と人間と、その混血が暮らす世界で
     わけもわからぬままに、三人の老婆から魔法の訓練らしきものを受けながら
     さまざまな恋や戦いを経験し成長していく物語。

    個人的にファミコンの「MOTHER」が好きで、
    「MOTHER百科」という本を買ったらこの作品に言及した一文があったのです。
    いわく、S.キングの「タリスマン」と並んでMOTHERの世界観に通じるものがあると。

    期待して読んだのですが、じつはハマらなくて途中で挫折しました。
    上記の「わけもわからぬままに」という部分がくせもので、
    マイケルがいま何を目的に行動しているのか読み取れず
    とてもイライラしました。
    500ページを超える無駄な(失礼)ボリュームにも閉口。

    ちなみに続編である「蛇の魔術師」という作品もあるそうです。

  • 「女王天使」「火星転移」などで私の心をガッチリ掴んだベアのファンタジーを古書店で拾う。ふとした瞬間の、隣に異世界があるところが、スケールの大きなSFを書くベアからは想像できなくて、最初少しとまどったが、どうしてどうして、幻想的な描写もうまいじゃないか。

  • 読むのが苦痛だった。
    斜め読みしてなんとか読了したけど。しばらく翻訳ものを読みたくないほど疲れたよ…orz。

  • 80年代のモダンファンタジー

全5件中 1 - 5件を表示

グレッグ・ベアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
グレッグ・イーガ...
グレッグ イーガ...
アン・マキャフリ...
グレッグ ベア
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×