砂漠の狂王―マロリオン物語〈2〉 (ハヤカワ文庫FT)

  • 早川書房
4.05
  • (27)
  • (24)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 175
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (669ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150204099

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 誘拐されたケビン(ガリオンの息子、次期リヴァ王)を取り戻すため、ザンドラマス(闇の子)のあとを追うガリオンら一行は、再び蛇の国ニーサへ足を踏み入れた。
    予言の告げた「男ならぬ男」が仲間に加わり、アローン大陸を更に南下。
    ベルガリアードのころ、特に注意すべき人種だったはずのマーゴ人も、狂人タウル・ウルガスがチョ・ハグに倒されたからか、風向きが変わってまさかの展開。
    ……まぁ、あの人物が登場した段階で、なんとなくの察しはついたけどね。
    タウル・ウルガスの後継者の人柄は好感が持て、旅の仲間とならなかったのがちょっと残念。
    まぁ(キャラクターがかぶるしなぁ、とメタなことを考えつつ)彼がクトル・マーゴスの王という立場もあるし仕方ないか。
    何もかもが終わればきっと、ガリオンの良き友人の一人となるだろう。

    さて、ザンドラマスを追いかけて、南から東へ向かう一行の前に次に立ちはだかるのは、マロリーのカル=ザカーズ。
    一行を捕らえた将軍も「危害を加える気はない。信頼の証に武器の携行も認めよう」と言っている。どうやらザカーズに悪い感情はなさそうだけれど、彼が何を求めてガリオンらを捕らわえたのか?
    度々現れるシラディスら、目隠しをした予言者たちの思惑はどこにあるのか?
    きっと最後は<光>が勝利を納めるだろうと思いつつ、そういう小さな疑問のために次巻に手を伸ばす。

    (しかし一冊一冊が分厚く纏まった時間も取れないし、で悶々しちゃう!!)

  • 外国ではカナリ人気のファンタジーなのに何故か日本ではあまり有名ではないですね。かくいう私も表紙がhaccanさんじゃなかったら読まなかったw怪物出てきたり魔術出てきたりする本格ファンタジーですが、登場人物のキャラが立っててすごく面白い本です。

  • マロリオン2冊目。

全3件中 1 - 3件を表示

デイヴィッド・エディングスの作品

砂漠の狂王―マロリオン物語〈2〉 (ハヤカワ文庫FT)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×